にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎっくり腰 2週間

腰を痛めて2週間。
最近は飲み薬も湿布もサポーターもやめた。
今は整形外科で電気を当てているだけ。

きのうは初めてスイム1,000m。今日は初めてジョグ8k。
まだ椅子から立ち上がる時や靴を履く時に痛みがあるけど、
少しずつ慣らしていこう。

160323run.jpg
スポンサーサイト

ぎっくり腰3日目

初日は出勤するのにも時間がかかったし、事務所で仕事をしている時は
電話が鳴っても手を伸ばすことができないし、弁当を食べている時に箸を落としても拾うのにひと苦労。しかもそんな日に限って2回も落としてしまった。
椅子から立ち上がるのも大変。トイレが階下なので用を足しに行くもの大変。

午後から整形外科に行ったら問診、触診のあとレントゲンを撮られ、椎間板ヘルニアでも座骨神経痛でもなく、(おおもとの原因は骨で)筋肉がこわばっているという。
とりあえず電気を当ててもらって湿布と飲み薬(痛み止めと、筋肉をゆるめる薬らしい)をもらった。

2日目の土曜日は朝から富田林までクルマで往復する用事があった。
まずクルマに乗り込むのに時間がかかる。運転の始めのうちはいいけど、1時間もすると腰がかなり痛くなる。そして降りるのにまた時間がかかる。何をするにも腰に激痛が走る。ただ最近のクルマはクルーズコントロールが付いているので高速道路上だけは足をアクセルとブレーキに踏み替えなくてもよく、めちゃくちゃ助かった。一般道ではブレーキを踏むのもハンドルを回すのも辛い。よく事故を起こさないなと不思議なくらい。あと、サイドブレーキが引けない。こんな時すら腰に力が入るのだと新たな発見をしたような・・。

午後からは湿布を貼って薬を飲んで、ずーっと布団の中で過ごす。そうしている時が一番ラク。

3日目の日曜日(今日)、自動車保険と点検の件で朝からディーラーへ行かないといけなかったのでまた運転。
きのうよりは乗り降りの時間が短縮されていた。
それでもディーラーで椅子に座って説明を聞いていると痛くなってきて、担当者が席を離れた時は立って過ごした。
そんな状態なのに、今流行りのクリーンディーゼルのクルマ2台を試乗。ぎっくり腰やのに何やっとんねん。
ディーラーの数名のスタッフが見守る中、おじいさんのようにゆっくり、そして辛そうにクルマに乗り込む姿は、できれば見せたくなかった。

午後からは腰にサポーターを巻いて安静に。
前日より進化を感じたのは、前の日は運転席で後ろを振り返られなくて、車庫入れをするのに何度もやり直さなければならなかったのに、今日は普通に体をねじってバックができた。
それと、水槽の水換えと水草のトリミングもできた。

160313a.jpg
160313b.jpg


あと、初日は歩くのさえ辛かったけど、今は階段をトントンと降りることができる。
前の日は無理だったけど、今日はギターも弾けた。

ちょっとずつだけど日に日によくなっているぞ。
でも大事をとって明日は泳ぐのをやめておこう。(当たり前や!)

この腰の痛みはナニ?

ゆうべから腰が痛い。

寝返りが打てない。

前屈ができない。

後ろを振り向けない。

靴下やパンツを履こうとして片足を上げることができない。

かなりゆっくりでないと歩けない。

道を歩いていると急に痛みが走って壁によりかかる。

手すりがないと怖くて駅の階段を降りられない。

電車の座席から立ち上がるのに時間がかかる。


これって軽いギックリ腰?
きのうは普通にランニングも腹筋も腕立ても懸垂もできたのに。
知らない間に腰に疲労が溜まってたのかな。


学生時代の同級生と前から約束をしていたので仕事の後は天満へ。
今夜の酒には麻酔の役割もお願いした。

160311_uchiyama.jpg

震災の日なので福島県のお酒ばかりを飲みました。

[不整脈その後]

不整脈を指摘されてからもう6年くらい経つだろうか。
それ以来、年に1回の24時間ホルター心電図検査を受けていて、今日はその結果を聞きに行ってきた。

先生:「相変わらずトライアスロン続けてますか」

いつも先生から「まだ続けるんですか?もうやめたら?よくないよ、長時間心臓に負担かけるのは」と言われてきたので、少しでも心配をかけないようにしようと思って
「最近はそんなに激しくやってないです。去年も短いのに2本出ただけですし」と、フルマラソンやウルトラマラソン、オープンウォーターなどは伏せて言ったところ、

先生:「ま、今回も(不整脈が)たくさん出てますけど、たちの悪い不整脈は出てないので安心してください。問題ないでしょう」


え?
大丈夫なんですか?「安心してください」なんて言われたのは初めて。それとも、あきらめて見放されたんだろうか。

「やっぱりたくさん出てますか?」と聞いたところ

先生:「去年は6千発、今年は7千発ですね」

不整脈って1発・2発と数えるのか。
しかし、24時間で7千回ということは、
え〜っと、1時間に約290回
1分間に約5回。

それって、「安心」していいんだろうか。確かに、胸が痛くなるとか、目の前が暗くなるとか、激しい動悸があるとか、そんな自覚症状は何もないし、たまにこうして検査を受けておけばそんなに心配しなくてもいいんだろう・・・か。

いずれにせよ、あしたは奈良でハーフマラソン。

不整脈

ここ数年、健康診断で不整脈を指摘された後に必ず受ける
「24時間ホルター心電図検査」。

きのう、その結果を聞きに行ってきた。
検査結果を先生から説明してもらうのも、今年で4回目くらい。


不整脈、治ってるかなー、せめて数だけでも減ってるかなーと
期待して行ったら、ぜんぜん変わっていなかった。

それどころか、
A4の紙何枚にも及ぶ24時間分の波形を見て先生が言うには、
去年までは心室性の期外収縮だったけど、
今回は心房性の期外収縮も加わっているらしい。


先生「相変わらず多いねー」

私「そうなんですか・・・」

先生「自覚症状はないんやね」

私「ぜんぜんないんです」

先生「この前も走ったん?」 ←神戸マラソンのこと

私「抽選で外れたんで走れなかったんです」

先生「そんなにようけ申し込むのん」

私「すごいブームで。もうコンサート・チケット並みなんですよ」

先生「なんでみんな、そんなマラソンが好きなんかなぁ」

わたし「ねえ」

先生「心房性の不整脈はね、注意せんとね、血栓ができてそれが脳に飛んだら脳梗塞になるからね。長嶋さんや小渕さんはそれで倒れたんやから」

私「・・・・」

先生「これからも続けんのん?」

私「・・・・マラソンですか?」

先生「もうやめたらどう?心臓にきついよぉ、マラソンは」

私「最近はマラソンはあんまりやってなくて、トライアスロンしてるんです」

先生「いっしょや!」

私「・・・・」

先生「もっと軽い運動に変えたらどう?ま、今どうのということはないですけど」

 
  
要するに、心拍を上げるような激しい運動をしなければ、日常の生活に関しては気にしなくて大丈夫らしい。

ということで、「まあ、トライアスロンに人生を捧げているわけじゃなし」とか思いながら、ちょっと弱気になってしまった私です。

膝痛いので整形外科へ

毎年この時期になるとミカンの実がなる。
種類はわからない。この季節だから八朔かな。
実がなるといっても今年は4つだったので、豊作とは言えないけど。

130205orange01.jpg

でも味はなかなかいけていて、砂糖をまぶして食べるのが好きなのは
やっぱり甘党だからか?

130205orange02.jpg


そんな季節の風物詩的な話よりも、膝がまだ痛い。
整骨院で見てもらったり、太ももや膝下の筋肉を毎日ほぐしたりもしたけど
1カ月経っても痛みが引かないのでとうとう整形外科を受診した。

たぶん、いや絶対、秋以降はトレーニングを休んでいたのに、年末年始に
ちょっと負荷をかけてしまったのが原因だ。

右の膝はもともと半月板が欠けているので、常に完全じゃない状態で、
いくら走っても痛まない時期もあったし、距離を踏むと痛む時もあった。
でも今回は歩きよりも強い衝撃で地面に足をつくだけで痛い。
半月板が割れているのはこの先生にレントゲンを撮ってもらって
診断されたので、そのへんは先生も承知のうえで診察してくれた。

今回もレントゲンを撮って、その画像を見たり膝を触ったりした後に先生が
言ったのは、「軟骨の変形が始まっていて、水も少し溜まってますね」。

あちゃー、だから正座するのも痛かったのか。

しばらくは負荷のかかる運動をしないように言われた。
とりあえず電気を当て、ロキソニンの湿布と炎症を抑える飲み薬と
痛み止めの飲み薬を出してくれた。
今は痛みがほとんど消えてるけど、たぶん薬が効いてるだけだろう。
その証拠に、正座をしようとするとやっぱり痛いし。

時間が経てばある程度はよくなる気がするので、
今はおとなし〜くしながら祈るしかない。
神様、もう悪いことはしませんから、
3月の名古屋と4月の古宇利島に間に合わせてください。

やっぱり不整脈

今日は年に一度の人間ドック。
ゆうべから飲み食いできず、どれほど退屈だったことか。

その日に結果が出る項目だけで言うと、
尿検査OK、聴力・眼圧OK、肺活量OK、レントゲンOK、血圧OK、
日常生活ではどんどん見えなくなっている視力も検査上は1.5と1.2。
去年までエコーの検査で写っていた腎臓の石も今回は無かった。ヤッター。

すごーい。全身健康体じゃん。と思いきや、
2年前から指摘されていた不整脈は今回も頻繁に起きていた。
しかも5回に1回の割合で不整脈が出ていると・・・。

ということは1分間に約10回、1時間に600回、一晩で6,000回。
2年前に診断されたのと同じくらいの回数だ。
これは異常に多い数字らしい。
なのにどうしてマラソンやトライアスロンができるんだろう。
不思議な体だ。
あ、心臓が規則正しく動いていないから
規則正しい生活が苦手なのかな。って冗談言ってる場合じゃない?

背中と腰をほぐすために

マッサージを受けに行くといつも「ふくらはぎ、カチコチですね」とか
「背中と腰が固いですねー」などと言われる。

ふくらはぎは自分でも揉みほぐすことができるけど、背中は無理。
背中を伸ばすストレッチをするのが精一杯で、それ以上は何もできない。

でもカチコチになっている時は自分でもわかる。
わかったからと言って、何十万円もするマッサージチェアを
買えるわけもなし。
もちろん、毎日マッサージに通うのもナンセンスだし、
毎日マッサージチェア売場に通うのもモラル上どうかと。

しかし、デスクワークの時間が長いからか、姿勢が悪いのか、
背骨が曲がっているのか、それとも背筋が弱いのか、はたまた
腎臓に石が溜まっているのか(コワ~)、理由はわからないけど、
なにせ背中と腰にいつもハリがある。

それをある程度でも解決するために欲しかったものがあるのだが、
きょうび売ってないわなーと思っていたら、
ちゃんと売っていた。ネットでも。


110808kaiyuki.jpg

ジャカジャン!中山式快癒器。

子供の頃、父や母の枕元にはコレが置いてあった。

大人はこんなに固くてグリグリしたものを体の下に敷いて
気持ちがいいのか?と不思議で仕方がなかった。
試しに自分の首や腰に当てて寝転んでみたりもしたけど、
痛くて眠れるものじゃなかった。

それが今や、
これを腰に当てて寝転んだら、どんだけ気持ちいいか。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。