にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

[初めてのソロキャンプ]

この週末、ヨメはいろいろ用事があったみたいだけど、自分は何も予定が入っていなかったので能勢でソロキャンプをしてきた。
ひとりでキャンプをするのは実はこれが初めて。

161211camp01.jpg

設営が終わったら小雨が降ったりやんだりし始めて、降った雨がその場で凍っていくのを見てビビったけど、

161211camp02.jpg

実際はそれほど寒くなかった。寒さ対策を十分にしてたというのもあるが。

夜の食材は、
肉、肉。

161211camp03.jpg


次はトウモロコシ、トウモロコシ。

161211camp04.jpg


このへんはホットワインで。

161211camp06.jpg


そのあとはトマトのチーズのせ。
ホクホクでジューシーで、これが一番ウマかったかも。

161211camp07.jpg


最後はタコのアヒージョとマッシュルームのアヒージョ。

161211camp08.jpg


ホットワインのボトルが空いたので、ここからは普通のワインで。

161211camp09.jpg


長い夜をひとりで過ごすからといって、静かに自分の人生を振り返ったりすることもなく、人間として生まれて死んでいく意味を考えるような哲学者になることもなく、自分は家族を大切にしているだろうかと客観的に顧みるわけでもなく、しばらく疎遠になっている友は今ごろどうしているだろうかと懐かしむわけでもなく、ただ火を見つめたり星空を見上げたりしながらワインをすすり、時々QBBチーズをかじるだけ。

だけど、何の意味も実りもないようなそんな時間がとても心地いい。

161211camp10.jpg

テントに入ってからも十分な防寒をして寝たら、ぜんぜん寒くなかった。
ただ、テント内に置いていたペットボトルの水を夜中に飲んだらすごく冷たかったので、やっぱり気温は低かったみたい。


朝はベーコンエッグ。それからゆうべのアヒージョのオイルを温めなおしてバケットのソースに。あとは温かいポタージュスープ。

161211camp11.jpg


ひとりのキャンプもまた楽しい。
それ以上に、冬のキャンプにちょっとハマっちゃうかも。

ココロとカラダにいいキャンプ

年末に向けてまだまだメチャンコ忙しいけど、
ええい!束の間ののほほんタイムだ!と割り切って予定通り荷物を積み込んでキャンプ場に向かった。
今回も去年と同じ時期、同じキャンプ場。メンバーもまったく同じ。いや、去年はお腹の中にいた2人の子が今年は外に出てきている。

パソコンにばかり向き合っていると目から血が出そうになるので、そういう意味では山を眺めたり、青空を見上げたり、星座を観察したりしているうちに目の疲れが消えたように感じた。
あっという間の二日間だったけど、みんながそれぞれの日常を忘れてのんびり過ごしていた。
いいメンバーと、樹に囲まれた空間と、おいしい食材と、おいしいお酒・・・この心地よさを定期的に味わうことで、カラダの中のいろんなものがリセットされる気がする。。

161204shima01.jpg

161204shima02.jpg

161204shima10.jpg

161204shima03.jpg

161204shima11.jpg

161204shima04.jpg

161204shima05.jpg

161204shima06.jpg

161204shima07.jpg

161204shima08.jpg

161204shima09.jpg

2015 TEAM Air Camp

週末はTEAM Airキャンプ。
場所はスノーピーク箕面キャンプフィールド。

近いし、設備よさそうだし、中学時代の同級生が働いているし、
機会があれば行ってみたかった。

受付に行くと、そこにはスノーピークのキャンピング・グッズが一堂に。

150905camp09.jpg

ここはスノーピークの全アイテムを見ることができて、買うこともできる。

テントサイトも144平方メートルと、たっぷり広い。

150905camp15.jpg
150905camp01.jpg

トイレも炊事場も清潔。風呂にも入れる。
時期的なこともあるかもしれないけど、蚊や蛾などの虫もいない。
しかも千里中央からクルマで15分。
気軽に来られるキャンプ場として、これからも利用したいかも。
今回も、まったり心地よい2日間でした。




まったりキャンプの始まりでーす

150905camp10.jpg


初日の昼は具だくさんそうめん

150905camp12.jpg


すぐそばの川は水が冷たくて、手と足をつけるとすごく気持ちいい

150905camp14.jpg


キャンプ初日、Ryuさん、うらちゃん、ヨメはランニングに

150905camp02.jpg


自分とちゃあみはお絵かきの道具を持ってスケッチ

150905camp03.jpg


風呂に入り、とりあえずビールで乾杯して

150905camp04.jpg


ワインを飲み出した頃にはみんな饒舌になり

150905camp06.jpg


うらちゃんのコイバナを聞けたり、Ryuさんが恋愛遍歴を語りだしたり

150905camp07.jpg


翌朝、大量のホットドッグを製造するちゃあみ

150905camp05.jpg


その間、川にペットボトルで仕掛けを作って小魚やカニをつかまえるうらちゃん

150905camp08.jpg


虫を捕まえる親子

150905camp13.jpg


最後は具だくさん(牛肉・鶏のササミ・ウインナー・えび・なす・キャベツ・玉ねぎ・しめじ・舞茸・かぼちゃ・りんご・トマト・枝豆)カレー

150905camp11.jpg

緑の中のキャンプ

金曜日の仕事が片付いた。
家に帰ってヨメに「キャンプや、キャンプや」と
半ばはしゃぎながら荷物を積み込んだ。
今回はかなり道具を減らしたけど、
それでもクルマの中は後席も倒して荷物がぎっしり。

150530camp01.jpg

土曜日の早朝、今はバラバラに住んでいるメンバーが、
群馬、長野、愛知、大阪を出発して岐阜県に向かう。
別々のルートを走っていても、それぞれのクルマが
うれしそうな顔で目的地に向かっているのが想像つく。

今回過ごしたのは、平湯キャンプ場。
温泉があって、すぐ隣にはスキー場があって、
キャンプ場全体が背の高い樹木に覆われていて、しかもフリーサイト。

150530camp02.jpg

150530camp03.jpg

150530camp14.jpg

150530camp21.jpg

150530camp22.jpg



食事は、昼食は○○家、夕食は○○家、朝食は・・・というふうに、
それぞれが責任を分担。

昼前にみんなが揃ってしばらくすると、まだ昼ご飯も食べてないのに、
のっさんが「肉焼こか?」と言う。

みんなが(何を言い出すねん)っていう顔で「早いって。肉は夜やし」と言う。


お昼は、トマトソースのショートパスタが出来上がったところで、シャンパンで乾杯。
サッカーの試合でコーナーキックになった時、ゴール前の選手に合わせずに意表を突いて短く蹴り出したら「ショート・コーナーで来たか!」って思ったりするけど、まさにそれと同じで、「おおっ!、ショート・パスタで来たか!」って感じ。

150530camp04.jpg

150530camp24.jpg

150530camp05.jpg

具だくさんで、ソースも手作りで、これに粉チーズやタバスコをかけて食べる。
あまりにも美味しいのでシャンパンの次に出てきたワインもクイクイ進み、「ワイン足らんようになるんちゃうか・・」という危機感が漂うほど。

パスタを食べ終わって間もないのに、
のっさんが「肉焼こか?肉焼こか?」とうるさい。
「なんでやねん!昼メシ食べたばっかりやんか!」とみんなから言われる。
どうやらのっさんは早く自分の役割を終わらせて、気楽に飲みたいようだ。

おやつに出てきたのは柔らかしっとりのブランデー・ケーキ。

150530camp07.jpg

ヨメ達が「レシピ教えて~」とお願いしたくらいおいしかった。
後で知ったことだけど、いい味にするために3日間寝かせるらしい。
なるほど、手間がかかってるんだ。ヒ○タくんが、もう無くなってるのに
「今食べたい・・・」とワガママを言ってたのもナットク。


のっさんはギターを弾いていたかと思うと、突然ソワソワして
「そろそろ肉焼こか?」と言い出す。

「せやから、肉は夜やっちゅうてるやろ!」とみんなが一喝。


みんな、周りの山とか走れるかなと思ってランニングの用意も持って来ていた(自分も含めて何人かは来週レースだし)けど、もういいか〜って感じで、結局なにもせずにまったりとした時間を過ごした。

夕方はキャンプ場の隣にある温泉へ。
露天風呂には7つの湯船があって、スタッフに聞くと女性の露天風呂にはもっと湯船があるらしい。風呂に期待はしていなかったものだから、あまりの気持ちよさにヤロー達は「これエエわ~」「最高やわ~」の連発。でもホントに気持ちいい。

(HPから拝借)
150530camp12.jpg

風呂を上がってから休憩室でヨメ達を待っている間、
どうもいびきをかいて寝ていたらしい。(昼間っから飲み過ぎやねん・・・)


そして夜はいよいよ盛大バーベキューだ。
朝に仕入れたばかりの野菜や魚介などが次々と出てくる。

その場で作るカツオのたたき。
150530camp13.jpg

ホヤ、鳥のハツ、ズリが出た後はシシ肉。
150530camp10.jpg

続いて丸まると太ったうなぎが出たかと思うと、今度は左からアユ、エビ、八角(こんな魚、初めて見た)、舞茸。
150530camp11.jpg



そして夜が来たということは、いよいよのっさん調達の牛肉が登場~!!

150530camp25.jpg

2キロの塊に塩コショウを振り掛けながらゆっくり回し、
表面が焼けたところで、のっさんがみんなのために薄くそいで配ってくれる。
なんだかイベント会場のトルコ人みたいじゃないか。

150530camp08.jpg

150530camp09.jpg

約5時間くらい続いたBBQも、途中おいしい日本酒が出てきた頃からは
ウトウトしていたので会話の中身はよく覚えていない。
   ・
   ・
   z z z

150530camp20.jpg
   ・
   ・
   ・
   ・
夜中から雨がしっかり降り出し、朝の6時頃にはまだ上がっていなかった。

朝食はうちの担当。
名付けて「テロリストのパラソル」風ホットドッグ。
「テロリストのパラソル」は江戸川乱歩賞と直木賞をW受賞した小説で、その中で主人公のアル中バーテンダーが客の前で作るホットドッグが美味しそうだったので、前からやってみたかった。

150530camp15.jpg

150530camp16.jpg

150530camp26.jpg


朝食が終わった後はしばらくまったりと過ごし、
おもむろに各自が荷物を片づけ始めて帰る用意。

そして〆の昼食はダッチオーブンで炊いたご飯に

150530camp17.jpg

具だくさんカレー。

150530camp18.jpg


肉、イカ、野菜に加えて、のっさんが前の夜に焼いた肉も入って、どんなけ具ぅ多いねん・・・。
あまりの絶品さに、みんなおわかりしまくりの巻。


楽しい2日間がこれで全て終了。
みんなで道具を片付けて、3時に現地で解散。
またそれぞれの家に戻っていった。

150530camp19.jpg

今回のキャンプは、前回よりも道具が充実していて(自分もいろいろ買い足したし)、至れり尽くせりだった。
とくに汎用性が高くて値打ちがあったのは、ダッチオーブンと、囲炉裏型のテーブル。
たぶん次回は、さらにスグレモノのギアが増えているんだろう。
キャンプ道具って、ちょっと足りないくらいが楽しいんだけど、つい色々欲しくなってしまう。
みんな、次のことを考えてニヤニヤしながら今日から仕事をしているに違いない。
道具を揃えたり準備をしたりするのもキャンプの楽しみだしね。

| ホーム |


 BLOG TOP