にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプの岡部選手

10日ぶりに大阪城公園で10kほどのランニング。
キロ6分くらいから始まるゆる~いビルドアップ。
これがなかなかいい。
急にギアが変わるかわるわけでなく、徐々に徐々に、気がつけば
4分半くらいまで上がっているので、ある程度までは脱落せずにつける。
でも今の自分にはそのくらいが精一杯なので、
そのあとは足を一生懸命前後に動かし、息をハアハア言わせながらも
スピードが落ちていく。

朝が早いからとか、仕事が忙しいからとか、
イイワケばかり用意するのはイイワケないので、
時間を見つけてちゃんと走らないと。

家に帰って「探偵!ナイトスクープ」を見た後は、
チャンネルをBSに切り替えてスポーツ観戦。
BSでは連日、ノルディックスキーの世界大会を中継している。

2日前は夏見選手(←トリノオリンピックで活躍した時から名前を覚えた)の
ペアが女子の団体スプリントで史上最高位の4位になったし、
きのうは男子複合の団体で金メダル。

頑張ってるな~、日本の選手。

そして今日はジャンプのラージヒル。
この種目には大好きな岡部選手が出ている。

長野オリンピックで男子の団体がジャンプで金メダルを獲ったとき、
最後に飛んだ船木選手とバッケンレコードを出した原田選手が大きく
取り上げられたけど、実は船木選手は4人の中で一番飛んでいない。
原田選手は137メートルの大ジャンプで騒がれたけど、
実は岡部選手もその時に137メートルを飛んでいる。
斎藤選手も130メートルを飛んでいて、
結局130メートル以上飛べなかったのは船木選手だけだった。
そして、1本目と2本目の合計でいうと、
4人の中で岡部選手と斎藤選手の飛距離が抜きん出ていた。
要するに金メダルへの貢献度では、この2人がダントツに高かった。
それなのに新聞の見出しは「船木」「原田」だったこともあって、
(もちろんその2人も好きだけど)それ以来、岡部選手と斎藤選手の
大ファンになった。

そしてその岡部選手が、長野オリンピックから10年たった今でも
日本のトップ選手として世界で活躍している。

頑張ってほしいなー。

090227jump02.jpg

090227jump01.jpg

090227jumpOkabe.jpg
スポンサーサイト

昔なつかしいお菓子

スキーの帰りに寄ったサービスエリアで懐かしいものを発見。

かきもち。

090223kakimoti01.jpg

どんな味かは忘れたけど、おばあちゃんが火鉢で焼いていたような
記憶がある。

固さといい、薄さといい、まるで下敷きを割ったような、という表現が
ぴったりくるんだけど、これを焼いたら柔らかくなるんだったっけ。

さっそく火鉢に網を乗せて、「黒ごま入り」と「エビ入り」を焼いてみた。

090223kakimoti02.jpg

最初は固いままだったけど、こまめに裏返しながらじっくり根気よく
焼いていると・・・・・・
お、だんだん膨らんできておいしそうになってきた。

090223kakimoti03.jpg

いい感じに焼けた頃に手に取って、アチッ、アチッと言いながら割って
食べてみると・・・・・う~ん、おいちい。
これは味付きのおかきだ。

お餅や干し芋だけじゃなく、炭火っていろんなものが焼けるんだ。
初めて食べた息子も「また食べたいな」と言った。
今の中学生なら、こんな食べ物は知らないだろうな。

自分は昭和30年代生まれで、こういう古いものがフェードアウトしながら、
高度経済成長がフェードインしてくる時代に大きくなったので、
サービスエリアで見つけた時に思わず懐かしくなって
買ってしまったんだと思う。

火鉢のような、古い時代のよさを思い出させてくれるものを使ってしまうと、
もう戻れないような気がする。
火鉢がなぜいいのかというと、火のあるところには自然と人が集まって、
自然と会話が生まれたりするからなんだと思う。
それもビジネスや経済の会話ではなく、
まったりとした、他愛もない会話だったり。

今日、仕事の帰りにヨドバシに寄って
たまたまゲーム機のコーナーを見たら、何人もの大人がPSPを手に持って、
黙って自分のPSPを操作していた。

「あの人ら、PSP持って、ここで何してんねん」と息子に聞いて驚いた。
どこからともなく人が集まってきて、無線でゲームをしているらしい。
でも、そのゲームに参加している人が、どの服を着たどの人かは分からない。

自己紹介もなく、どこの誰かもわからず、お互いに顔を見ることもなく、
数メートルの距離を置いてPSPの中でみんながゲームに参加している。

「気持ち悪い世界やな~」と言うと、息子は
「日本橋(大阪のアキバみたいな街)に行ったら、
PSP持った人ばっかり集まるマクドがあるんやで」と教えてくれた。
そのマクドは行列ができていて、店内にいる人は自分のテーブルに
飲み物とハンバーガーを置いて、同じく店内にいる他の人とPSPの
通信機能を使ってゲームをしているらしい。しかもそのゲームに
参加している人がどのテーブルに座っているどの人かは分からない。

考えられない気色悪い世界だ。

みんな、火鉢のまわりに集まって、お餅でも焼きながら普通に会話しようよ。

やっと行けた

090222ski.jpg

キャッホー!! スキーだー!

今シーズンの初滑りだー。

でも、この暖かさで雪はベトベトだー。

その上、午後からはこんな、まるで生クリームを重ねたような
変な雲が空をおおって、雨が降ってきたぞ。

090222kumo.jpg

体が濡れてきて、寒くなってきて、面白くなくなってきたので早めに
引き上げてハチ北温泉へGO。


滑った本数は少なかったけど、やっぱりスキーは楽しい。
何本か滑ってしまうと、もっと行きたくなってきた・・・・。

これは春の陽ざし

久しぶりにいいお天気や~。

陽が差してさえいれば、今までより薄着で外へ出ても
背中がポカポカする。

♪ほんわか ふんわか そろそろり
 はるはきています
 あそこにも ほら ここにも ほら
 たんぽぽ さいてます

春が近づくと毎年、NHKの「お母さんといっしょ」で
おさむお兄さんとゆう子おねえさんが歌っていた
「はるのかぜ」が頭の中に流れてくる。

子供がちっちゃい頃に一緒にテレビを観ていたからかな・・・。

春が近づいてきたということは、雑草の生育も勢いがついてくるということ。
今日は朝から息子と庭へ出てチマチマと雑草抜きをした。
ヨメが大阪城公園へロング走をしに行ってるあいだ、
2人で約2時間、地面の奥深くまで伸びた雑草の根をさぐって抜くという
地味~な作業を繰り返した。

090221niwa.jpg

小春日和の庭で、たわいもない話をしながら草を抜いていると
あっという間に時間がたってしまう。
グサッ、ゴリゴリ、シュルシュル、ブチッ、先が二股になった鉄の爪を地面に
刺して雑草を抜いていると、いろんな音がする。

雑草というのは、地面から上はヒョロヒョロっとしていたり、
暖かくなるとすごく小さな可愛らしい花を咲かせたりするけど、
地面の下にはゴボウのようなしっかりした根が張っていたりする。
カワイイ顔をして「私、とってもひ弱なんですぅ・・」と言いながら
足腰がめっちゃ強い女性ランナーみたいなもんかな。

そして、見かけとは裏腹な強靭なこの草たちは、
抜いても抜いてもあちこちから生えてきてどんどん伸びる。
自分の髪の毛にも、これくらいの根性がほしいものだ。

冬の間は枯れ枝になっていた梅の木を見ると
知らない間に花が咲いていた。

090221ume.jpg

もう、春やね~。

最近、お!って思ったこと

最近、お!って思ったこと。

【その1】
自転車の安全ポスター(クリックで拡大)

090220indy.jpg

道に携帯電話が落ちていたので近所の派出所に届けたら、
派出所の中にこんなポスターが貼ってあった。

インディ・ジョーンズの映画の告知かと思っていたら、
自転車のマナーに関する啓蒙ポスターだった。

    違法と秘宝は大違い!

    違法運転には“インディ”のムチが飛ぶ!!

ポスターの下には大阪府交通対策協議会と書いてあるけど、
「秘宝」とか「ムチ」とか、公共の団体とは思えないアブノーマルなコピー。

違法と秘宝が大違いだからと言って、いったいそれがなんだと言うんだ。
違法運転をしたからと言ってハリソン・フォードがムチでしばきに来ないと
いうことは子供にもバレてるだろう。

これで本当に自転車のマナーが向上するのか??? 疑問や~。


【その2】
パンダのでんぐり返り

090220panda.jpg

これは大阪府下のとある場所にある歩道の柵。
正面から見ると、柵の隙間の方が広いので何のことかわからないんだけど、
斜めから見ると、なんとパンダがでんぐり返りしているアニメーションに
なっている。

でんぐり返りというよりも、体をやや斜めにして入っていくところなんぞ
柔道の受け身っぽい回転だけど、それにしてもめっちゃカワイイ。
誰がこんなカワイイ絵を考えたんだろうと感心してしまった。


【その3】
関西弁のチラシ

090220leaf.jpg

ある日、事務所の郵便受けにこんなチラシが入っていた。

    『ヒマや・・・。』
    なんとかせなアカン・・・。

A6サイズくらいの小さなスミ1色刷りのチラシだったけど、
これだけ短い言葉でストレートに世相を反映しているチラシがあっただろうか、
と笑ってしまった。

今の世の中、これほど見た人が共感できる言葉もないかもしれない。
結局これは何の広告だったかと言うと、
販促チラシを安く作りますよという印刷会社の広告だった。
逆に言えばこの印刷会社も、ひょっとしたら
なんとかせなアカンくらいヒマなのかもしれない。


という、世の中いろんな人が、いろんなことを考えて、
いろんな表現をしてるんだな、と感心したというお話でした。

ゴルフ場沿いに夜ラン

今日は家に帰ってから晩ご飯の前にランニング。
オレンジの街灯が並ぶゴルフ場沿いのコースを走る。

090217road.jpg

カラダはけっして重たくは感じないけど、
5kmほど走っただけで足がダルくなってきて息も上がってくる。
でも、冷たい空気の中を走るのは気持ちがいい。
なんと言っても、速く走るわけでなく、遅く走るわけでなく、
テキトーなスピードで走るのが一番気持ちいい。
今日は、走ることは楽しいことだと思えるランニングだった。

家に帰って風呂に入って、ビールを飲みながら晩ご飯。
そう、お酒というのはその日にしなければいけないことを全部してから
飲むものであって、記者会見の前に飲むものではない。

晩ご飯のあとには、こんなデザートもいただいた。
今日はモモのケーキ。

090217cake.jpg

最近メタボ気味なのに、こんなにケーキばかり食べていていいのか!

いいのだ。
今日は10km走ったし。

それに、麻生首相も「まずはケーキだ」と言ってる。
あ、それは「景気」か。

冬の空気が好きです

春のようなポカポカ日和が続いていたのに、
いきなり、さぶ~~。冬が一気に逆もどりした。

家から駅に向かって歩き始めたら、ほっぺたが冷たい。
でも、空気がキーンと冷えていて、
やっぱり冬はいいなーと思ったりもする。

地下鉄から出て事務所に向かって歩いていると、
シャッフル機能をオンにしているiPodから
ハワイアンバージョンのクリスマスソングが流れてきた。

偶然とはいえ、この冷たい空気は
♪walking in a winter wonderland~にぴったりな気がする。

お昼はポタージュのカップスープで胃袋を温めてからお弁当。

090217soop.jpg

こんな日はスキー場に雪が降ってるだろうか。
ああ、スキーして温泉に入りたい・・・・。

ガリガリ君の妹

クルマを運転していたところ、目の上に鉄アレイが乗ってるんじゃないかと
思うほどまぶたが重たくなってきて、事故を起こしかねないくらい
眠たくてたまらなくなったのでコンビニの駐車場で仮眠をさせてもらった。
タダで駐車場を使わせてもらうのも悪いのでアイスでも買っとこうかと、
店内に入り、アイスを購入。あと、ついでにトイレも借りた。

コンビニのアイスは相変わらず値段が分かりにくいけど、
今日はアイスを持ったままレジの方を向いて
「これいくらですかぁ??」と聞くようなことはせず、
素直にガリガリ君を買った。

いや、よく見ると「ガリガリ君」じゃなくて「ガリ子ちゃん」だよ。
ガリガリ君に仲間が増えていたとは知らなかった。

090215gariko.jpg

ガリ子ちゃんの存在を知らなかったもんだから、
ガリ子ちゃんって誰だ? ガリガリ君の恋人か? いや、顔が似てるから妹か?
調べてみると妹だった。・・・妹がいたのか
確かに、しもぶくれで歯並びがきれいなところはお兄さんにソックリ。
この兄妹が並んで歩いたら、ほっぺたがぶつかって邪魔だろうな・・・・。

ガリガリ君は、ひとつの味に対してパッケージのイラストが
2~3種類あることはあまり知られていないけど、
この「ガリ子ちゃんやわらかブルーベリーヨーグルト味」も
冷蔵ケースの中を探すと3種類のイラストがあった。
値段の安いのが特長なのに、こんなところにコストをかけるのは
赤城乳業のこだわりか?

味はと言うと、う~ん、なんかよくわからない。
ブルーベリー味のクリームを、ヨーグルト味の氷で包んでいる。
でもその氷が0.5mmくらいしか厚さがないので、
噛んだ感触もあんまり「ガリガリ」していなかった。

息子らの春

今日は朝から長男の卒業式。
今までは公立の小学校や公立の中学校の卒業式だったけど、
さすがに私立高校は建物が立派だった。
校舎は10階建てだし、卒業式の会場はデカイし、
大企業へ社会見学に来てるのかと錯覚しそうになった。
親はちっちゃい事務所でセコセコと働いていたのに、
こいつはこんな立派な施設へ3年間も通ってたのか。

090214kinki.jpg

午後からは、2校目の私立高校を専願で受験した次男の
合格が発表された。
次男は「不合格やったら炭酸飲料をやめる」という、どうでもいい公約を
していたが、結果は合格。
春からは京都の美術系の高校へ通う。
結果的には、公立も含めて最近は本人が一番気持ちが惹かれていた
学校に決まった。
頑張ってきたことが結果につながって、親としてはホッと一息。
いや、本人はもっと。

「オレ、寛平ちゃんより応援してくれてる人、多いんとちゃうやろか」と本人が
言うくらいたくさんの人に応援してもらっていたので、
その人たちにいい報告ができることになって、次男も安堵の顔。

冬の間に家でカニすきをしようと言っていたのに、知らない間になんとなく
暖かくなってきて、ヤバイぞ、春が来ちゃうじゃん、と思っていたけど、
今日はお祝いも兼ねてカニすきをしましょうということになって実現。

090214kani.jpg

このごろ、お祝いのたびにケーキがテーブルに乗る我が家は、
今日も例にもれずホールのケーキが登場で胃袋の中も幸せ。

090214cake.jpg

自分のためにケーキは買ってきてくれるわ、お祝いメールはいっぱい届くわ、
ゆうべまで暗い顔をして不安がっていた小心者の次男が
今日は「しあわせや~、しあわせや~」としか言わない。
あとは長男の朗報が届いたら、完全な春がくる。
(ただいま6学部の試験が終わって0勝1敗)

1カ月以上走っていなかった

いや~、気がつけば1カ月以上走っていない日が続いていた。
こんなに間が空くのって、走り始めてからのこの3年間で初めて。

この間に、アメリカは大統領が交代し、
寛平ちゃんの乗ったヨットは日付変更線を越えていた。
しかし自分は、こと運動に関しては進化も進歩もしていない。
いや、むしろ退化しとるやないか。

ところが献血の結果が届いたのを見ると赤血球とヘモグロビンの値が
正常値に戻っていたりしたので ??? って感じ。
運動しない方が血液の成分はバランスがよくなるのか?

ま、それはそれとして、体力的にも体型的にもいいかげんヤバイだろう
ってことで、ゆっくりとランニングを再開しつつある。
水曜日に5k、木曜日に5k、そして今日金曜日に9k。
RWSの練習会に参加するのは実に36日ぶり。

スタート前、例によってボトルポーチのバックルが止まらない。
今日はTシャツの上からだとどうしても止まらなかったので、
Tシャツをめくってジカに腹に巻いた。
よく見るとボトルポーチのベルトの上にお腹の贅肉が乗っている。
なんじゃこりゃ、まわしを締めた相撲取りか。

キロ6分半くらいから始まって、キロ5分くらいになると、
みんなは普通に走っているのに自分だけ息が上がって、
ひとり精一杯走っていた。
4分半近くになってくると、もう限界に近い走り。
途中からスーッとみんなの背中が遠ざかっていくのと同時に
こっちの意識も遠ざかっていきそうだった。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。