にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3種目→撃沈

この土曜日は丸一日な~んにも予定がないので、
3種目やろうかと前から考えていた。

朝7時過ぎに家を出て、バイクで淀川沿いを走り大阪城公園へ。
100731tri01.jpg

大阪城公園でランニングの2時間走に参加するので、
あまり脚を使い切ってしまわないように気をつけて・・・
・・・というところがすでに消極的。

大阪城公園での2時間走。これが思った以上にキツかった。
キロ5分半から入ったものの、10kも走らないうちにキロ6分が
キープできなくなり、15kを過ぎた頃からはキロ7分を超えだした。

100731tri02.jpg

途中からは水飲み場で頭から水をかけながらヨレヨレと走り続け、
結局2時間で走れたのは18.8k。
数日前の帰宅ラン22kよりもはるかにこたえた。
終わってからは完全に「エネルギーゼロ」って感じで、
じっと立っていても、しゃがんでも、歩いても、
何をしてもしんどかった。
なんであんなにしんどかったんだろう。

知り合いのランナーに「走り終わったあと、ヤバかったですよね」
と言われたくらい、人から見ても様子がおかしかったかもしれない。

感心したのは、自分たちが走り始める前から、走り終わった後も、
休みなくセミが鳴いていたこと。
セミはお腹をふるわせて鳴くわけだから、ずっとアブソニックを腰に
巻いているようなものだと思うんだけど、疲れないんだろうか・・・。


セミのことはいいとして、とにかく、もう、アカン。
ビール飲んで昼寝したい・・・・。

でもバイクで来てしまったからバイクで帰らないと・・・・。


何かエネルギーを補給しないといけないし、
とりあえず森ノ宮の「ランチョン」でトランジション。

100731tri03.jpg

100731tri04.jpg

コーヒーなんぞ飲みながら他のランナーと会話をしつつ、
かなりゆっくり、まったり・・・のロング・トランジション。
・・・・2時間くらいいたかもしれない。
だって走り終わって、30分たっても1時間たっても、
ずっとハーハー言ってたし、動く気がしなかった。


でも、しばらくして復活~~~~したかどうかは怪しいけど、
いつまでもその店で過ごすわけにもいかないので
バイクにまたがって、来た道を帰った。

100731tri05.jpg

言うまでもなく、脚が重くてしんどい。
バイクは家と大阪城公園の往復で45k。

家に着いてシャワーを浴びて着替えたあと、次はスイムだ。
ホンマに3種目やるんや!・・と自分に驚いたりして。

100731tri06.jpg

なんとなく予想はしていたが、案の定、ぜんぜん満足に泳げなくて、
30分もしないうちに脚が攣った。
一カ所攣ると連鎖的にほかの筋肉も痙攣し、土ふまず、足の指、
ふくらはぎ、内股、ハムストリングス・・・と、もう下半身の筋肉が
めちゃくちゃな状態になっている。
モグラたたき状態で痛みが襲ってくる中、
攣ったところを伸ばしながらダマしダマし泳ぐしかない。

トライアスロンの競技で、スイムが最初なのが納得できる。
もし最後がスイムだったら、何人もの人が溺れるだろう。

脚が攣ったような状態でダラダラ泳いで何の意味があるんだろうと
思いつつも、なんだかんだで合計2,100m。


その後、疲労を抜いてもらおうと接骨院でマッサージを受けたら、
マッサージをしている途中でまた脚が攣りだして、もう大変。
「かなり張ってますねー」と言いながら先生は
首や腰に指をグイグイ入れてくるし、下半身は筋肉がキューと縮んで
痛いし、俺はいったい何のためにここにいるんだろう・・・。


ま、内容は散々だったけど、とにかく今日の練習は終わったわけだから
それなりに頑張った自分に、好物をプレゼントしちゃおう。

100731tri08.jpg


おはぎ屋さんに飾ってあった、アンコでできたアンパンマン。
ていうか、これじゃオハギマンか。
100731tri07.jpg


7月の練習量

スイム:13.6k(←これでも今年最長)
バイク:382k
ラン:160k(←これでも今年最長)
スポンサーサイト

雨の降る日はジムがすいてる

今日はほぼ1日中雨が降っていたけど、新しい仕事は来なかった。
仕事は来なかったけど、取引先の人とランチをご一緒させてもらった。

御堂筋にあるお豆の専門店「ナッツダム」。
お豆と野菜が中心のヘルシー・ランチ。
100729beans01.jpg


と、栗と白玉の冷しぜんざい。やっぱりデザートは省けない。
100729beans02.jpg

たくさんの人がお昼ご飯を食べに来ていたが、
自分以外は、店員も客もすべて女性だった。


夜は8時半頃に仕事を終えて、プールで1時間スイム。
雨の降る日はスポーツクラブがすいているの法則。
最初から最後まで1つのコースをひとりで独占できた。
誰の邪魔にもならないので、今日は連続で1,000m泳いでみる。
連続で1,000m泳ぐのなんて、今年初めてじゃないかな。2回目かな・・。
水の中ってまったく景色に変化がないので、長い距離を泳ぐと
退屈で退屈で、気持ちが持たない。

頭の中で歌でも歌いながら泳ぐと気持ちもまぎれるんだろうけど、
気持ちがまぎれ過ぎて何メートル泳いだか分からなくなってしまう。
ひとりでスイムの練習をするのは、ほんと難しい。

雨はラッキーアイテムなのか

梅雨が明けてからまったく雨が降らない。
あちこちで夕立はあったみたいだけど、我が家の周辺にも
事務所の周辺にも1滴も降ってはいない。

雨が降らないと何が困るかというと、
まず、毎朝家の草花に水をたっぷりとやらなければならない。
朝の貴重な時間を水やりに割くのは気持ちが焦るけど、
土がカラカラに乾いてるもんだから、
放ったらかしのままで出勤するわけにはいなない。

「私らには水をくれないくせに、自分は3食きっちり食べるのね」と
草花から非難されてもいやだし。


それともうひとつ。
雨が降るたびに仕事が入ってくるジンクスがある我が社としては、
これは死活問題だ。
実際、梅雨の間はいくつも仕事の依頼が来たのに、
梅雨が明けてからは1本も新しい仕事が来ない。
今は、抱えている仕事を毎日こなしているだけ。
天気に左右される業種じゃないのに、これだけはホントに不思議。


しかしそんな我が社に、今日の午後、梅雨明け初の仕事が入ってきた。
よかった~。
これは単に仕事が入ったというだけではなく、
ジンクスが崩れたという意味でも大きな出来事だ。
雨がラッキーアイテムだというのは、自分の思い込みだったんだ。

今日は朝からチャリで通勤して、夜はプールで泳ぐつもりだったけど、
新しい仕事のおかげで残業になり、スイムは中止。
でも練習ができなくても、仕事で忙しい方がずっとうれしい。

今日の仕事を終えて事務所を出ると、
ビルの外はいつのまにか雨が降り出していた。

いくら水分を摂っても足りない

しかし暑い。
今日一日で何リットルの水分補給をしたかわからない。
水、お茶、サイダー、ビール、ウイスキー、スイカ・・・。

100724suika.jpg

そういえばラジオで天気予報のお姉さんが
「熱中症を防ぐために、今日はしっかりと水分補給をしてください。
ビールは水分補給になりません!」
と言っていた。

理屈はわかる。でも、ビールで喉の渇きは潤うんだけどな~・・・。


あまりの暑さにきのうは走るのがいやになったので、
今日はスイムにした。
夕方から時間があいたので、プールで2,500m。
800m1本と200mプル。あとは100mとか50m単位で
プルやキックやコンビネーション。

8月22日の「トライアスロン中島大会(愛媛)」に
さんざん迷ったあげくに申し込まなかったくせに、
やっぱり7月8月に大会がないのは寂しい気がして、
同じ日の「トライアスロンさぎしま大会(広島)」に
締め切り日ギリギリに申し込んだら当たってしまった。

だから練習しなくちゃいけない。あと1カ月ないし。

なのに、プールで泳ぐのは今月2回目。
今日はもう24日だぞ。そんな練習量で大丈夫なのか・・?
ランも今の時点でまだ90kだし。

スイム、バイク、ラン。
楽しみながら力がついたら、それが一番理想だと思う。
どれも、頑張らなければ楽しいスポーツだし、
頑張ると楽しくない時もあるし。

あしたも猛暑みたいだけど、
あしたはバイク練習してみよかな。

この暑さで走るのは危険な気がしてきた

久しぶりに朝ランをしたら、
なんですかコレ? めちゃくちゃアツイやないの!
10k走っただけなのに死ぬかと思った。

家に戻ったら庭がカラカラに干からびそうな状態だったので、
上半身ハダカになって、自分の体にも水をかけながら、草木にも給水。
家の中に入ってシャワーを浴びても汗は引かず、
パンツいっちょうでパンを食べていても胸や背中を汗が伝う。
新聞を読もうとしたら腕についた汗で新聞が濡れる。
出勤しようとしてTシャツを着ても、すぐに汗が染み込む。
普通に外を歩いているだけでアゴから汗が落ちる。

子供の頃、夏ってこんなに暑かったっけ?
今年の夏は、まるでストーブの前にいるかのように暑い。
これはきっと、地球が自分を守るために人類を滅亡させようと
してるんだと思えてならない。


珍しいことに夜も走りに行った。
というか、今月も練習が少ないので、
せめて月間100kは超えようと無意識にあせってるのかも。

前の日付が6月24日だったので、大阪城公園での練習会に参加するのは
ちょうど1カ月ぶり。1カ月前もそんなことを言ってたような・・・。
夜はいくらか涼しいかと思ったら、
夜も走ったらアツイやないの!どうなってるんだ。

この季節は走ったら危険かも・・・。
日が暮れてからも、十分に熱中症になる可能性はあると感じた。
ランナーのみなさん、気をつけましょう。

あまりの暑さにまっすぐ家には帰れなかった。
冷えたビールでも飲まないと、火照った体が治まらない。

100723beer.jpg

皆生合宿3日目

2泊3日の皆生合宿もいよいよ最終日。
最後は中国地方の最高峰、大山に登ろうということになった。

ログハウスから登山口まではクルマで行くことになったが、
距離が10kほどらしいので、じゃあバイク組はバイクで行こうということに。

結果的にはこれが甘かった。
登山口までは11kあったが、間違いなく9k以上は登り。
しかもアップダウンではなく、アップしかない。
下りもなければ平坦なところもなく、登りだけが続く。
つまり脚を休めるところがない。もし止まったら、もう動き出せない。

道は曲がりくねっていなくて、よくこんな直線の道を作ったな・・と
感心するくらい直線なため、ずーーーーっと向こうまで
登りが続いているのが見える。
「うそやろ・・・」って思いながらペダルを踏んでいるうちに、
だんだん気持ちが負けそうになる。

100719bike01.jpg

100719bike02.jpg
↑途中からはサポートカーが付き添ってくれた。

100719bike03.jpg
↑最後の方はもう、まっすぐに上がるのが辛くなり、蛇行の繰り返し。
   ・
   ・
   ・
やっとの思いで登山口までやってきた。
もう脚は使い果たして残ってないよ~。
しかしここがゴールではない。ここがスタートなのだ。

目指すは、はるか向こうに見える標高1,710mの頂上。
100719daisen01.jpg


登山口は標高600m台なので、ここから1,000m以上歩いて上がる。
100719daisen02.jpg


ブナの原生林を抜けながら、ずっと階段が続く。
100719daisen03.jpg


お年寄りからカップルや小学生まで、たくさんの人が登山をしに来ていた。
この大山の登山道、ものすごく景色が美しい。
特に7合目以降は、振り向けば常に下界が見渡せる。
こんな登山道は初めてだ。

100719daisen12.jpg
<
100719daisen04.jpg

100719daisen05.jpg


標高が高いので、突然に雲がカーテンのように景色を隠すこともある。
100719daisen06.jpg

100719daisen13.jpg


やったー。頂上に着いたぞー!
100719daisen07.jpg

100719daisen08.jpg

100719daisen09.jpg

100719daisen10.jpg

100719daisen11.jpg


頂上はさすがに寒かったため、少し休憩してすぐに下山。
帰りは下りだったので登山客は多かったけど行きよりは早く戻れた。
もちろん、ログハウスまでのバイクは巨大な滑り台を滑っているかのよう。
「こわーっ!」と思いながらブレーキを握って下れば下るほど、
よくこの距離を上ってきたなと自分で感心してしまう。


ログハウスに戻り、自分の荷物を片付け、こうして皆生合宿は終わった。

【3日間のエネルギー消費】
スイム:1,700m
バイク:33k
ラン:8k
登山:1,000m
草刈り:2時間
応援:約3時間

「どこが合宿やねん!」というツッコミご容赦。

ログハウスを提供してくれた人、そうじをしてくれた人、
洗濯をしてくれた人、買い出しをしてくれた人、
あと、たくさんの酒とたくさんの楽しい会話にも感謝。

皆生合宿1日目2日目

3連休の初日、朝からクルマ3台で鳥取県に向かった。
目的は、翌日の皆生トライアスロンの観戦を兼ねて、2泊3日で
合宿をすること。
あれだけ降り続いた梅雨も明けたし、高速道路は1,000円だし、
めでたく仕事も片付いて3連休が取れたし、しっかり運動するぞー。

行きのクルマは自分ひとりなので、ひとりカラオケボックス状態で
大声で何曲も歌いながら中国道~米子道を4~5時間運転すると、
目的地に着いた。

そこは別荘地に建つログハウス。
ここを拠点にした大人8人と子供3人、犬2匹の合宿は、

草刈りから始まった。

100717house03.jpg

100717house04.jpg
<
100717house05.jpg

みんなで2時間ほど汗だくになって働いたことで
↓こんな状態だったところが
100717house01.jpg

↓こんなにスッキリ。
100717house02.jpg

いてもたってもいられなくなったメンバーは、
それからビールがぶ飲み。→夜中まで。
こうして「トライアスロン合宿」という名の飲み会旅行は始まった。


翌朝は、4時半に起きて走る人あり、7時頃に起きてきて走る人あり。
自分は7時に起きてまったりジョグ8k。

100718run01.jpg

100718run02.jpg

朝ご飯前の軽~い運動という程度のジョグなので、
なにほどもトレーニングにはなっていないけど、
知らない土地で山や海を眺めながら走るのはとっても気持ちいい。

朝ご飯を食べたあとはバイクで出かけて皆生トライアスロンの観戦。

100718triathlon.jpg

ちょうど2kの坂道を上って来る途中のポイントで選手を応援した。
皆生はロングだから、スイムは3km。ランは42.195km。
そして間のバイクパートは145km。

選手が苦しそうな顔で上ってくる。
トライアスロンの大会に出場せずに、応援だけをしたのは初めてだけど、
(何度か大会に出たことがある自分が言うと変だけど)
トライアスリートって・・・・・カッコイイと思った。
この炎天下で、こんな過酷な競技をしていると思うだけで
尊敬する気持ちが湧いてきて、ひとりひとりを大声で応援してしまう。
すごいな~、トライアスロンする人って。(まるで人ごと)

しばらくすると反対車線をトップの選手がものすごいスピードで
下って行った。
いつまでたっても2位の選手が来ない。完全な独走だ。
あとから調べると秦選手だった。
かなりしばらくして2位の選手が走り抜けていった。
スッゲー!下り坂でダンシングしてる・・・。
レールの上を新幹線が走るような感じで、
あっというまに遠ざかっていった。
それからしばらくして3位は藤原選手。
この時点ではかなりの差があったけど、ここから逆転優勝したと
あとから知った。すごすぎ。

とまあ、ずっと応援していたので、
この日にバイクで走ったのはほんの11kほど。

いったんログハウスに戻って昼ご飯を食べ、
午後からは皆生の海水浴場でスイム。
海水浴場に着くとトライアスロンの選手がランパートに入っていて、
多くの人がヨレヨレになりながら走り続けていた。
夏にフルマラソンをするだけで死にそうなのに、
どんな精神力をしているんだ、この人たちは・・・。


海水浴場での練習は、沖のテトラポッドまでのスイム。
たぶん距離は片道で70mくらい。黄色のブイに沿ってここを往復した。

100718swim01.jpg

まわりの海水浴客からすれば変人に見えたかもしれないけど、
練習だから仕方がない。
ここをRyuさんと黙々と十往復以上した。
なんか、だんだん合宿っぽくなってきたぞ。

↓練習を終えたあとの二人。
100718swim02.jpg

↓ついでにビキニのギャルもナンパ。
100718swim03.jpg

こうして2日目の予定も終わり、そのあとは前日に続き、
夜中までアルコール&トークの宴が続いたのであった。

梅酒ブーム

土曜日、久しぶりに草刈りをした。
この季節の庭仕事は暑くてたまらない。
思わず缶ビールを飲みながら作業をしてしまった。

そのあとは、これまた久しぶりにバイクの洗車。
今回はヨメのも洗った。

100710bike.jpg

これでまた缶ビールが1本。
はぁ・・・夏はビールの消費が増えるのもわかるな~。

夕方に文鳥と一緒にワールドカップのダイジェストを見ていたら、

100710bird.jpg

友達のムーちゃんが家にやってきた。

山城大橋の近くのおいしいうどん屋さん(以前、Frank*さんに
サイクリングで連れて行ってもらった店)を教えてあげたら、
奥さんと娘さんを連れて行ってきたらしい。
「おいしかったわー」と言っていた。
あのうどん屋はおいしい。ほんとにおいしい。
「やまびこ」だったっけ。久しぶりにまた行きたいな。

ムーちゃんは前からうちの事務所に来るたびに、
「青谷の梅酒がおいしいらしい。今度買ってくるわ」と言っていたが、
その青谷というのはうどん屋のすぐ近くらしく、
ついに現地で「青谷の梅酒」を手に入れたらしい。
そしてわざわざそれを、茨木まで持ってきてくれたのだ。

100710prum.jpg

今、その梅酒をロックで飲みながらブログを書いている。
ムーちゃんが目をつけていただけあって、この梅酒、
味が濃厚で、なかなか旨い。最近は梅酒がブームだけど、
居酒屋でもこんな濃い味の梅酒は飲んだことがない。

この調子だとすぐになくなりそう。
ま、いいや。なくなったらネットで買おう。

と思ってネットで調べてみたら、
こ、この梅酒・・・めっちゃ高いやん・・・・どーしよー。
ムーちゃんに昼メシご馳走するくらいじゃ済まないよ、こりゃ。

男のスイーツ談義

甘党の男性を自分は何人も知っている。自分もそのひとりだし。

世間一般の認識から言うと、女の人のほうが甘いものが好きで、
それがダイエットの邪魔になっていたりして、
そんな女性を見て男はあきれている・・・みたいな。

よくヨメに「こんな甘いもん好きな男の人いてない」と言われて、
「なんでやねん。○○さんも好きやん」と言い返すと
「あの人は別格や」と言い返されるほど、
甘党の男は珍しいというイメージもある。

でも甘党の男性は、思っている以上に多いような気がする。


ゆうべ、忙しかった1週間も終わったことだしと思って行きつけのバーへ
行ったら、カウンターの隣に自分よりもかなり年配のご夫婦が座っていて、
奥さんは普通なんだけどご主人がめちゃくちゃ甘党だった。

ヒロタのシュークリームや北極のアイスキャンデーの話から始まって、
堂島ロールも小山ロールもおいしいけど、やっぱり一番は
五感の純米ルーロだという意見が一致してからは話が弾んで、
「俵屋吉富の雲竜はやっぱりうまい」とか、それを知らない奥さんに
「あれは和菓子のロールケーキや」と説明したり、
「たねやのトコロ天はおいしい」とか「いや、もなかも好きや」とか
叶匠壽庵はチャレンジ精神が裏目に出る事もあるけど、
仙太郎の和菓子は普通においしい、など、話は終わらない。

「宝塚ホテルのドーナツがけっこううまい」とか
「伊賀上野の商店街にある水ようかんがおいしい」という情報もいただき、

最後に、マスターに水割りを注文すると、
それを聞いていた甘党のご主人が間髪入れずに
「水割りにはアイスクリーム!」と言う。

ちなみに、「水割りにアイスクリーム」といっても、
クリームソーダのように水割りにアイスクリームを浮かべるのではなく、
アイスクリームを食べながら水割りを飲むという意味である。
(わかっとる!っちゅうねん)

この人の言うことなら間違いないだろうと思ってそれも注文してみた。

このバーのメニューにはアイスクリームもあるのだ。

100709ice.jpg

今までに金つばを食べながらビールを飲んだことはあるけど、
水割りにアイスクリームは考えもしなかった。
・・・なるほど、違和感なくおいしいぞ、これは合うかも。

雨を味方に

不思議なことに、この10日間ほどずっと遅くまで残業が続いていて、
雨が降ると忙しくなるジンクスは崩れず、
梅雨入りしてから、あいかわらず仕事の方は好調をキープ。

「雨、雨、権藤、雨、権藤」とか「雨の中嶋」とか
人間が雨を味方につけることって実際にあるのかもしれない。

しかし残業が続くと夜は練習ができないので、
「朝に走る意識でおらんと、えらい事になるぞ、おまえ」と
自分で自分を脅してみたら、脅しには弱い性格なのか
月曜日、朝ラン10キロ、火曜日、朝ラン10キロ、
水曜日、チャリ通勤22キロと
普段よりも早起きしてトレーニングができている。

きっと、せっぱ詰まらないとできない子なんだ。


今朝、自転車で事務所へ向かう途中で中之島を渡ったら
2週間以上も先の天神祭のために、船渡御の準備が始まっていた。

100707river.jpg

梅雨が明けたら天神祭りか。
天神祭は晴れてもいいので、そのあとでまた
梅雨になってくれたらうれしかったりなんかして・・・。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。