にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

家族の祈り

とどけ

とどけ

とどけ

とどけ

とどけ

この1カ月半、家族はずっとそう祈りながら接してきた。

たぶん、きっと、とどいたと思う。


ただ、義父は息を引きとった。


自分の死を覚悟する時間も与えられず、
親しい人にお礼を言うことも叶わず、
家族に別れを告げることも許されず、
人生とはこんなにも無意識のうちに終わるものなのか。

神農さん

勤労感謝の日の今日は、勤労できることに感謝しながら出勤。
ちょうどきのう今日と、事務所のすぐ近くで神農(しんのう)さんの
お祭りがあったので昼に行ってきた。


神農さんは、正しくは少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)と言い、
医薬の神様を祀っている。
つまり病気を治してもらう祈願をするためにたくさんの人が訪れる。
この神社は、医薬品メーカーの本社が集中している大阪の薬の町、
道修町(どしょうまち)にあることから、笹飾りには医薬品の
パッケージがたくさんぶら下がっている。

101123shinno02.jpg

あんころ餅や鯛焼きを買って食べながらたくさんの屋台を抜け、
神社でお参りをしようと思ったら、ぜんぜん違う方向に人が並んでいて、
何の行列かとおまわりさんに尋ねたら神社に入る人の行列だと言う。
信じられない・・・どう見てもその列は町内を一周していた。
しかも先頭近くに並んでいる人たちもぜんぜん動いていない。
そりゃそうだろう。ものすごく小さな神社に人が押し寄せて、
それぞれがお賽銭を入れて鈴を鳴らして祈ったり、絵馬に願いを書いて
くくりつけたりしているわけだから、回転の悪さときたらこの上ないだろう。

たぶん3時間並んでも神社には入れないと想像できたので、
外から手を合わせて、今の自分にとって一番かなえて欲しい願い事を
お祈りしておいた。

101123shinno01.jpg

しかしそれほどたくさんの人が行列を作るということは、
大切な人を病気から救いたいと、神仏にすがる気持ちで願っている人が
ものすごくたくさんいるということか。

神戸ハーフ

目覚ましが鳴って目を覚ましても、今日が何の日だかわからなかった。
しばらくして、「そうや!今日は神戸女子ハーフや」と気づいて起きた。
起きてみると、きのうの事務所の引っ越しで足とお尻が筋肉痛になってる。
なんとなく酒も残ってるような気がするし。

8時過ぎにスタート会場に着いてバタバタと準備。
9時33分スタート。
この大会はいつも沿道の応援が多いので気持ちよく走る事ができる。

走った距離はウソをつかないらしいけど、
走らなかった距離もウソをつかない。
体が重く、足が軽快に前に出るわけでもなく、
4分40秒を一度も切る事なくレースは進む。
ゴールまで5キロくらいの地点で、沿道にいる知り合いから声がかかる。

「走って~~」

あの・・・走ってます。

「走って~~」

すみません、これでも走ってるんですけど・・・。

「もっと走って~~」

ごめんなさーい。無理です。かんべんしてください。


結局1時間39分39秒でゴール。
次にハーフを走る機会があったら、もっとしっかり練習しよう。

ゴール後は急いで会場を後にしたので、
写真を撮ることすら忘れていた。

とりあえず表彰式の会場でのサンバと
101021kobe01.jpg

快晴の神戸の街
101021kobe02.jpg

ボジョレー解禁

目前に迫った事務所の引っ越しの準備をしないといけないんだけど、
病院にいるヨメからのメールを読んでいると、
気になって義父の側にいたくなったので、午後から神戸に向かった。
元々、夜に神戸で用事があったし。

義父は気管切開の処置をし、口から入っていた酸素の管が、
今は直接のどから入っている。
酸素濃度、脈拍、血圧などは、数日前と比べて数値が悪い。
それでも、離れたところで気をもんでるよりは、
ベッドの横で手を握ったり顔を見たりしている方が気持ちも落ち着く。

そういえば11月の初めに3日連続でランニングをした頃は
義父の調子も上向きだった。
そしてこの前の土曜日に30キロ走をした日を境にまた調子が上向いた。
そう考えると走ることがいいような気がして、今朝は10km走ってみた。
そんなゲン担ぎでよくなるのなら頑張って走るんだけど。



夜の用事は何かというと、
解禁日に合わせて船上でボジョレーを飲みましょうという
クルーズのイベントに参加。
ま、これもあくまで、し・・仕事の一環として。


ボジョレーはボトルと樽の両方が用意されていた。
でも仕事の意味もあるから羽目を外さないように控えめに控えめにと
意識しつつ、5~6杯はいただいたかもしれない。

101118wine02.jpg

料理もすごく美味しかったけど、
他のお客さんと同じように食べていてはいけないだろう、仕事の一環だし。
と、多少遠慮しつつも堪能してしまっている自分がいた。
こんなに豪華でおいしい料理が用意されるとは想像していなかったし。

101118wine01.jpg

一通り写真を押さえてからは仕事の意識ゼロ。
ワインや料理、生演奏、神戸の夜景などを楽しんで、すっかりいい気分。

ただ、ポートアイランドの近くを通る時にデッキから夜の病院が見えると、
ちゃんと呼吸してるかなとか、そういうことが心配に思えたりした。



101118wine03.jpg

101118wine05.jpg

101118wine04.jpg

101118wine06.jpg

お世話になったみなさま、ありがとうございました。
ご満足いただける仕事ができるように頑張ります、
とワインのまわったアタマで誓った夜であった。

引っ越しの準備

101016box.jpg

事務所の引っ越しの準備、着々と進行中。
幸い、月・火と仕事がヒマなもんで、昼間から物を捨てたり段ボールに
詰めたりすることができる。
お菓子や飲料の段ボールが多いのは、事務所の近くにある駄菓子屋さんで
段ボールをもらってくるから。

しかし、必要な物とそうでない物を選別していると、
いかに不要な物に囲まれて仕事をしていたかということがよくわかる。
そういう意味では、引っ越しというのは物を整理するのに
いい機会かもしれない。

移転先はエレベータなしの3階。
当日はここを机6つ、椅子12脚、本棚6竿、パソコン6台、
その他レーザープリンタやソファやキャビネットや冷蔵庫、
それからたくさんの段ボールを持って、ひたすら往復しないといけない。
引っ越しをするという行為が、
足腰を鍛えてもらういい機会にもなりそう。
翌日がレースだから、前日に鍛えても遅いんだけど・・。

走っていないカラダに荒療法

朝から義父の病院へ行こうと思っていたけど、
朝7時半からペース走するんですけど、いかがですかぁ~、
という誘いをもらったので、まずそっちに行くことにした。

6時45分ごろに家を出て緑地公園に向かって走り出すと
これが意外に遠く、1時間ほどかかってしまった。
家に帰ってから距離を測ったら9kmもあった。ひえ~、もう十分じゃん。

緑地公園に着くと練習はもう始まっていて、途中から参加。

100014run.jpg

キロ5分50くらいのペースで合計30km。
自分は途中から合流したので23km。
でも家からのランを足したら32kmも走ってしまった。

伊良湖以来10キロ以上のランニングはしたことがなかったので、
つまり2カ月ちょっとぶりのロング走。
しかもこの2カ月で走った回数なんて、たったの7回だし。

そんな人間が30キロ以上走ったもんだから、
もう脚のあちこちがジンジン痛かったりして、夜になっても満足に
歩けない状態。荒治療かもしれないけど、ほんと、いい練習に誘って
もらった。これで来週の神戸ハーフはなんとか完走できるかも。


義父はきのうも今日も人工呼吸器を付けたまま薬で眠らされていたが、
酸素濃度や血圧、尿の量など、
いろんな数値がわずかずつよくなってきている。
そういう小さな変化が、我々家族にとって喜びになる。
高齢でありながら、ほんとによく肉体が頑張っている。
きっとよくなる。眠っている顔を見ていると
そんなふうに信じることができる。

試乗しまくりの人

休日や、仕事が込んでいない日の朝や夜は病院に行くようにしているが、
それでも十分には面会に行けていない。
そう思うと、1週間に6日は神戸に通っているヨメには感心する。

義父の容態は、わずかに、ほんのわずかによくなっている。
点滴が7種類くらい体に入り、人工呼吸器も着いている状態には
変わりないが、呼吸状態や血圧、心拍の数値がほんの少し
回復してきている。

声をかけるとうっすら目をあけるし、手を握ると強く握り返してくる。
時間はかなりかかると思うが、きっとよくなると信じている。
よくなってもらわないと嫌だし。



朝から病院へ様子を見に行き、午後からは
年に一度の自転車の祭典、サイクルモードへ。

101013mode01.jpg

101013mode03.jpg



約一名、ニューモデルを買う気満々の人。

101013mode02.jpg

その人はいろいろと試乗した結果、
このバイクとこのバイクの乗り味がよかったらしい。

101013mode04.jpg

101013mode05.jpg


あとは、当然の流れのように飲み会になり、
自転車談義に花が咲きまくり。

101113mode.jpg

さて、来年の春にはどんな自転車に乗っているのやら。

本日のランチ

101110curry.jpg

このブログは食べものブログではないけれど、
今日もおいしいものをいただいたので書かずにはいられなくなって。

朝からクライアントと打ち合わせ、というよりも
ロング世間話トークをしているうちに
ランチタイムに突入してしまったので、何か食べませんかと言われて
注文した「焼きチーズカレー」。

この「焼き」という言葉はチーズにかかっているのではなく、
チーズカレーという言葉全体にかかっている。
ドライカレーの上に牛肉たっぷりのカレールーがかかり、
その上にチーズとアーモンドのスライス。
それが石焼ビビンバのように、焼けた石の器に入って出てくる。
ここから先はうまく表現する言葉が出てこないけど、
焦げたドライカレーとビーフカレーとチーズが混ざり合って、
なんとも言えずウマイ。
「また食べに来たくなる味ですね」と言ってしまったほど。

以上、報告おわり。


ビビンバで思いだしたけど、焼肉屋や韓国料理の店によって、
「ビビンバ(bibinba)」と書いてあったり
「ピビンバ(pibinba)」と書いてあったり
「ビビンパ(bibinpa)」と書いてあったりするけど、
どれが本当なんだろう。・・・って前からずっと疑問に思っている。

1階はイタリアン

2週間先に事務所の引っ越しをする。
今の事務所から300mほど南西に。

その引っ越し先のビルの1階に、つい最近イタリアンの店が
オープンしたので下見がてら知り合いとランチを食べに行ってみた。

元々は本町にあった店で、ここが2店舗目らしい。
店内はどのテーブルにも白いクロスがかけられ、
ちょっとかしこまった雰囲気で、席にいるのは女性客ばかり。
ランチメニューは、1,000円、1,800円、2,800円の3種類。
どれにするかさんざん迷ったあげく、
もとい、少しも迷う事なく1,000円のパスタランチを注文。


最初に前菜が2品。

101108italian01.jpg

右は柿の上に生ハムが乗ったもの、
左は魚を揚げたものと野菜が何かで和えてある。

次に「本日はライ麦のパンでございます」と言って
自家製のパンが運ばれてきた。

メインのパスタは、エビとなんちゃらのなんちゃらパスタ。

101108italian02.jpg


そして最後はなんちゃらというデザート。

101108italian03.jpg


ボリュームはないので満腹感はないけど、
この内容で1,000円は、高いとは思わない。
・・・が、デイリーに利用できる値段でもない。
やっぱり、、、女性向きかな。
オッサンはやっぱり、ボリュームのある中華か、おかわり自由の定食屋か。

引っ越して店長と仲よくなったら、いいことあるかな・・ないやろな・・。

前向きなお父さんたち

今日は文化の日で仕事は休み。
朝から義父の病院へ見舞いに。
狭心症で入院した義父は、
3週間に3度、全身麻酔をして手術を受けた。

手術によって体が受けるダメージは相当なものだと思うが、
78歳という年齢でそれに耐えたというのは、
かつて高校球児として体を鍛えたことがここに来て生きているのか。

今は手術直後なのでICUに入っており、
面会は1日に4回、各1時間に制限されている。
ICUにはたくさんの患者がベッドに寝ていて、たくさんの看護師さんが
忙しそうに働いている。義父の調子は比較的よさそうで、
話もスムーズで言葉もよく聞き取れる。
とにかくこのお父さんは気持ちが前向きで、
今はまだベッドに寝たきりで、口から物を食べることも
できない状態なのに1週間後くらいに退院するつもりでいるし、
リハビリもそろそろ始めようと自分の中で予定している。
お義父さん、それはまだ無理でしょ、とツッコミたいところだけど、
気弱になっている人を見ているよりはずっと安心できる。



たまたま友達のお父さんが北野で陶芸の個展をされていて、
その案内をもらっていたので、面会時間のアキを利用して
そっちにも足を運んでみた。

祝日だし天気もいいし、神戸の北野坂はたくさんの人が歩いていた。

小さなギャラリーだったが、花器や香炉、器などの作品が展示してあり、
たくさんのお客さんで賑わっていた。

実は9年前に自分が独立して事務所を持つ時、
このお父さんがコーヒーカップを2つ焼いて、お祝いにくださった。
でもご本人にお会いするのは今日が初めて。

忙しそうにされていたが、接客の合間を見て挨拶をさせてもらった。
名前を名乗ってから「実は○○さんに親しくしてもらってまして・・」と
自己紹介をすると、「あぁ~、娘から聞いてます」と、
とても喜んでくださり、仕事の話などで花が咲いた。

そして帰り際に、青い色のコーヒーカップをひとつくださった。
(本当は値段を付けて販売している作品なのに)

101103cup.jpg

はぁ・・行ってよかった。9年前のお礼も言えたし。


病院へ戻ると、こちらの父はテレビで六大学野球の早慶戦を見ていた。
お、早稲田は祐ちゃんが投げてる。テレビでピッチングを見るのは
甲子園での決勝戦以来だ。
すごい!7回までノーヒットピッチングなのか。
と感心して見ていると8回につかまり、慶応が5点を奪った。
今日は早慶戦といい日本シリーズ第4戦といい、
野球はいつどうなるかわからない。
てか、見舞いに来たのか野球観戦に来たのかわからないだろ、これじゃ。

ということで今日は、二人のお父さんの頑張っている姿に
見えないエネルギーをもらえたような気がした一日だった。
自分も前向きに頑張らなきゃ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE