にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋力落ちてるよ・・・

神戸マラソン後、初めて早起きをして朝ランをした。
眠たかったけど、自分のカラダが
(走っとけ。走っとかなエライことになるぞ。悪いことは言わんから
今日は走っとけ)としつこく言ってるような気がしたので、
目をこすりながらパジャマをランニングウエアに着替えて走りに出た。

朝の空気は冷たかったけど、
いやー、よう走った。自分で言うのもなんだけど、よく頑張った。
5キロで嫌になったけど、我慢して最後までよく走った。エライぞー。

・・・と、たかが10キロのジョグでそう思ってしまうくらい、しんどかった。

仕事をしていると、打ち合わせや撮影の立ち会いで出かけたりしない限りは
ずーっと椅子に座ってマウスとキーボードで作業をしているから、
気をつけないと目に見えて体力が落ちてしまう。
自分のカラダから発せられた今朝の赤信号は正しかったようで、
もしかしたら今は、地球に帰ってきたばかりの宇宙飛行士並みに
筋力が低下しているかもしれない。

数年先に寝たきりにならないように気をつけないと、マジで。
と自分の将来を心配しながら、継続することの難しさを考える今日このごろ。


そんな、すっかりランナーらしくなくなってしまった自分に、
「名古屋ウイメンズマラソン」の日に開催される「名古屋シティハーフ」の
当選通知が来てしまった。どーしよー。
まあでも、来年の3月まではまだ時間があるからいいか。
(それがアカンねや!それが!)




話題は変わって、
前から悩んでいたカーテンは、ようやく柄が決まった。
でも色はまだ決まらない。
こちらは正月までにはなんとかしたいな。

111129cartain.jpg

スポンサーサイト

ドイツのクリスマス

神戸マラソン以降、起きている時間はずっと走っている。

と言いたいところだが、現実はその反対でまったく走っていない。
というかあまりにも忙しく、祝日も土日もなく起きている時間はずっと
仕事していると言っても言い過ぎじゃないくらい。

で、今日も日曜出勤だったけど、月曜日の朝に出す仕事はできあがったので
少し早めに終わって新梅田シティのドイツのクリスマスへ。

去年はクリスマス付近に行って大混雑だったので、
今年は早めに一度行っておこうと決めていた。
この時期に行ったのはやはり正解だったみたいで、
ほんの1時間ほどだったけどゆっくりと歩いたり写真を撮ったり、
ビールやワインを飲んだり、ソーセージやジャーマンポテトを食べたり、
つかの間の息抜き。

111127xmas01.jpg

111127xmas02.jpg

111127xmas03.jpg

111127xmas04.jpg

第一回神戸マラソン

111120kobe01.jpg

神戸マラソン行ってきました。
朝から快晴に恵まれ、フラワーロードには続々と人が。

111120kobe02.jpg


こちらは2度目のフルマラソンでサブスリーを目指す元同僚。

<111120kobe03.jpg


こっちはオカマバーで働いている友達・・・・ではありません。
普段は真面目なラン友です。

111120kobe04.jpg


神戸市と仙台市の中学校が吹奏楽を演奏する中、開会のセレモニーは
進み、午前9時、記念すべき第一回の大会が、
そして自分にとっては2年ぶりのフルマラソンがスタート。

フラワーロードから元町を抜け、長田を抜け、
ペースを抑えるでもなく、飛ばすでもなく、ゆったりと気持ちよく走る。
沿道の応援がものすごく多い。これほどたくさんハイタッチをしながら
走ったレースはなかったというほど、子供たちとハイタッチをした。
気温も、暑くもなく寒くもなく、なかなか気持ちがいい。

須磨を過ぎると海が見え始めた。道路の右側には大勢の人垣、
左側の海にはたくさんの漁船が大漁旗と万国旗を掲げてランナーを
見守っている。ちょっと感動。

強い向かい風の中、明石を目指す。
この分だと帰りは追い風か?

沿道にはランナー仲間や元同僚などが適当な間隔で現れ、声を掛けてくれる。
明石海峡大橋の折り返し地点では仲のいいカメラマンがカメラを構えて
待っていてくれた。


ハーフ通過は1時間48分くらい。
ここまでは5分10秒以内のペースで走れている。
そして思った通り、折り返してからは追い風だった。
おっしゃ、まだ余裕があるし、後半は力の限り走るぞ。

しかし25kくらいから足が疲れ始め、みるみるペースが落ちる。

沿道からはたくさんの知り合いが声をかけてくれるが、
「もう動かへーん」と泣き言を言いながら走る。
こりゃ残りの距離を走るのはキツいぞ。

声を掛けられて横を見ると、T崎さんが歩道を並走してくれていた。
本日3度目の遭遇。すご・・走りながらいろんな人を応援してるんだ。
ただ・・頼むから引っ張らんといて~~~~。
でもT崎さんは
「まだ行ける、まだ行ける。しんぼう、しんぼう」と言いながら
励ましてくれる。

そうや、しんぼうや。
店長が言ってたしんぼうって何やったっけ。
えっと、辛さを抱く「辛抱」と
信じる望みの「信望」と
そうや、心の棒の「心棒」か。
心の棒をたたくのは今とちゃうんか。

しかし力の限りは30kでやってきた。
体に力がなくなったら、気持ちで走るしかない。
この時点で目標を、「歩かずに完走」に戻した。
そして、ここから自分史上最悪のマラソンが始まった。

給水所で屈伸をし、足が止まりそうになりながら神戸大橋の坂を上る。
歩きたいけど、一度歩いたら次のレースでも間違いなく
歩いてしまうだろうから、ぜったいに歩きたくない。
沿道から、
「自分に負けたらあかんでー」と声がかかる。

36k過ぎ、ついに足が攣って、橋の途中で立ち止まってストレッチ。
ごまかしながら走りだすと、200mも行かないうちに別の筋肉が攣る。

橋の上、37k地点の救護所に寄り、足を伸ばす。
太ももの内側、外側、向こう脛、ふくらはぎ、足の指、足の裏、
あっちもこっちも連鎖的に攣りだした。イタタタタタ。
お姉さんが氷で冷やしながら足をすりすりマッサージしてくれる。
今度は腹筋が攣った。痛い~~~。こんなの生まれて初めて。
腹筋を伸ばすと、今度は背中の筋肉が攣った。イタイ~~。
このまま走り出せなかったら、リタイア???
気持ちが不安感に包まれ始めた。

しばらく休んだあとに走り始めたが、やっぱり何ほども走らないままに
あちこちが痙攣する。体の筋肉全体が壊れちゃったのか?

くっそー。絶対に歩かないぞ、と、そこだけはゆずれない気持ちで
走ってはいるが、歩いている人が横を抜かして行く。

ポートアイランドへ入る下り坂でヨメが抜いていった。
ひと言声をかけられ、心配そうな顔でこっちを見ながらも、
自分のゴールを目指して走っていった。

橋を下ったところでまた救護所へ。
男の先生がふくらはぎをマッサージしてくれる。
お姉さんがゼッケン番号を控え、名前を確認し、年齢を控える。
何を記録しているんだろう。

気持ちの中では「くっそー」と思いながらも、
残り5キロが走れるのかどうか、自分にもわからない。

コースへ戻ってもまともに走れない。
コースアウトしてストレッチをしていると、見ず知らずの女の子が
エアーサロンパスを吹き付けてくれた。

まあしかし、こんなに苦しいマラソンは初めて。
35~40kのたった5キロに1時間ほどかかっている。

最後の2kの、沿道の応援の多いこと。
ホノルルマラソンにも負けていないかもしれない。

エネルギーカラカラ、筋肉ボロボロの状態で、
4時間半ほどでかろうじてゴール。
はぁ苦しかった。とにかく完走だけはしたぞ。
こんなにしんどいゴールは初体験。

しかたないわな、レース直近の3カ月の走行距離が
合計で220キロしかないんだから。

マラソンをナメたらあか~~~~~ん!

111120kobe05.jpg
↑神戸マラソンのホームページから


自分の走りは不甲斐なかったけど、神戸マラソンはいい大会だった。
沿道の応援はものすごく多いし、給水所やトイレも多い。
高校生のボランティアも大声で支えてくれるし、大会の運営も
不手際ひとつなかった。
十分な計画と準備の上に開催された大会だという印象を受けた。
間違いなく言えることは、沿道の応援がなかったら、
ぜっっっっっっっっったいに完走できていなかったということ。
後半は人の気持ちに支えられて体が前に進んだ。

今回は完全に跳ね返されたけど、やっぱり来年もエントリーしよう。

ボジョレークルーズ

111117wine.jpg

神戸港をクルージングしながらボジョレーを味わいましょうという
イベントがあり、仕事の関係もあって参加してきた。

ボジョレー with おいしい料理、海からの夜景、ソムリエの興味深い話、
心地いい生演奏・・・・
フルマラソンの3日前に、こんなことしていていいのか?
それでなくても、またまた3日間走ってないのに。
(左足のカカトが痛いので、たぶんあしたも走らない)

クルーズ船がポートアイランドの近くを通る時にはるか上を見上げると、
夜の神戸大橋を走っているランナー数人のシルエットが・・・・。
一緒に船に乗っていたのっさんと二人、ワイン片手に
「神戸マラソンの試走してる・・・・」

そうやって本ちゃんのコース上でぎりぎりまで努力している者もいれば、
その下では酒を飲みながら船で通り過ぎている者がいる。
おまえも努力せえよ!って神様にしかられそう。
んなこと言われたって、ボジョレーだって年に一度しかないし。
・・・と、アルコールはまわってるのに自己肯定感だけは働く。

なんじゃこら大福

社員Kが宮崎へ里帰りしたお土産に
「なんじゃこら大福」というのを買ってきてくれた。
今まで自分は知らなかったけど、宮崎の名物らしい。

111116daifuku01.jpg

大きさは普通の大福餅と同じくらい。
ただし平べったくなくて、少し背が高い。
ナイフで半分に切ってみると
   ・
   ・
   ・
なんじゃこらー!!



111116daifuku02.jpg


粒あんの中にイチゴと栗が入ってる。
口に入れてモグモグしていると、クリームチーズの味もする。
ほんと、食べながら「なんじゃこらー!」って感じ。

そしてこれがなかなか美味しい。やるなー、宮崎。

スイーツエイド

信頼できる情報筋からの情報で
神戸マラソンのスイーツエイドの内容がわかった。

情報屋さんの了解を得たので書き出すと、

◆アンテノール(マドレーヌ)
◆ユーハイム(クッキー)
◆アンリ・シャルパンティエ(フィナンシェ)
◆ゴンチャロフ、風月堂、モロゾフ(チョコレート)
◆明治製菓(たけのこの里)
◆白鷺陣屋(ようかん)
◆杵屋(ようかん)

これが
21.6km地点
27.4km地点
32.6km地点
37.3km地点
に分けて出されるらしい。

速く走るランナーの中にお菓子好きがたくさんいませんように。

スピード違反

日曜日、義父の1周忌の法事を終えて家に帰る途中、
中央環状をクルマで走っていたら
ウウウウウウウウウ~~~~
というサイレンの音。

ルームミラーを見ると白バイが映っていた。
あちゃ~。
この道は白バイが張ってるのを知ってたはずなのに。
なんでこの日に限ってこんなに道がすいてたんだろう。
いや、誰のせいでもない、と反省。
白バイ警官が、
「これからは交通ルールを守って、クルマでスピードを出さずに
ランでスピードを出してくださいね」と言ったとか言わなかったとか。

金ないのに罰金払わないといけないし、
ヨメは30分くらい口きいてくれへんし、
今朝ランニングしたら2日前の30キロ走の疲労が抜けてなくて
ぜんぜん走られへんし。
まあでも、このタイミングでバイオリズムが下がってるのは
ある意味いいサイクルかも。

2.5時間走

気がついたら3日間走っていなかった。
やる気がないわけではないんだけど、
夜が遅いとか朝が起きられないとか言い訳しながらサボッてしまうと
すぐに日が過ぎていく。

今日は大阪城公園で2.5時間走という練習会があったので
ヨメと行ってきた。
1周600mの周回を2時間半ひたすら回る。

自分の状態は自分が一番よく知っているし、まともに走れるのはせいぜい
1時間半くらいかと覚悟して走り出したら、意外に走れた。
ラスト15分ほどはキツかったけど、2時間半かけて30キロを、
最初から最後まで5分のイーブンペースで走れた。
自分のことなのに、これには自分で自分にびっくり。

30キロ走るなんて2年ぶり?
オール木陰の走りやすい条件だったとはいえ、2時間半の中で驚くほど
粘れたおかげで、気持ちの中に少し安堵感が・・・。(ほっ・・)
神戸マラソンの目標は「歩かずに完走」ではなく
「3時間45分くらい」に変更してもいいのかな。
今の練習量では甘いか・・・いや、あくまで目標だし。


さすがに30キロ走ったあとは脚が痛くてまともに歩くのも辛かったけど、
予約していたiPhoneがようやく入荷したみたいなので、
受け取りにヨドバシへ。
契約の手続きをしている数十分間、ガクガクの足でカウンターの前に
立ってるのがどれほど辛かったか・・。

111112iphone.jpg

家に持って帰ってさっそく前のiPhoneからデータや設定を移行して、
今度は夕方からヨメと一緒に友達の家へ。

高校時代のクラブの同期が集まって鍋宴会だった。

111112nabe.jpg

111112sweets.jpg

3カ月ぶりの奴もいれば、卒業以来会ってなかった奴もいる。
男女8人と、ゲストのような形でヨメが加わり、鍋やらスイーツやら、
奈良に住んでいる奴からは柿の葉すしが、三重に住んでいる奴からは
赤福もちが・・・たぶん食べ過ぎ。でもいいのだ、朝走ったし。

河川敷は真っ暗

またまた1日休足して(休足が必要なほど走ってないというウワサも
あるけど)、今日は仕事を少し早めに切り上げて(と言っても最近は
すんなり終われないので22時を回ってたけど)、帰宅ラン22k。

たぶん1年数カ月ぶりの帰宅ラン。
フルマラソンの直前になると、いつも焦ったようにこんな練習を
してしまう。

中之島から大川を上り、淀川の河川敷に出た時は、
「久しぶりやなー」と声に出して言ってしまった。
しかし、夜の河川敷は暗い。
腰の位置で赤いライトを点滅させながら真っ暗な淀川の河川敷を
7kほど走り、あとは中央環状沿いを走って2時間かけての帰宅。

もちろん最後はバテバテで脚も痛くなったけど、
覚悟していたほどひどくはなかった。
涼しかったからか、給水もほとんど摂らず、自分でも意外なほど
ダメージは大きくなかったような気がする。

ま、問題はここからゴールまでの距離なんやけどね。

風呂から上がったら晩ご飯は秋刀魚だった。
残業→ロング走→風呂→ビールに秋刀魚・・・・・たまらん。

まずヨメのiPhone

1日休足して、今日は朝ラン。
2日前のロング走が効いているのか、家の周りの10kのコースを
今年2番目の速さで走れた。
神戸マラソンがハーフだったら完走は間違いないのにな。
今回はほんと、フルマラソンの距離が遠くに感じる。

午後からは予約していたヨメのiPhoneを取りに行き、
そのまま事務所に行って仕事。
(自分のiPhoneはまだ入荷待ち)

適当に残業したあと、家に帰ってからは
ヨメのiPhoneのデータ転送作業や設定作業など。
ええなー、先に使えて・・・。
俺のはいつ届くんやろ。

111105iPhone.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。