にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

美しいフォームを身につけよう

天気もいいし、スキーに行きたかったなー、とうらめしく空を見上げながら、
久しぶりに大きな予定がない週末。

こんな日はやりたくてできていなかった事を片っ端からやる。
水槽の水を換えたり、ギターの練習をしたり、
映画を借りてきて観たり・・・。
借りたのは「ヒューゴの不思議な発明」。
人は皆、意味を持って生きていて、役割を持って生きていて、
そしてみんな、いつか報われる時が来る、というメッセージが
込められていたのかな・・・・という気が。

あとは、美観を損ねる落ち葉を掃いたり、憎っくき雑草を抜いたり、

130224holiday01.jpg

自転車のタイヤを交換したり、

130224holiday02.jpg

机の上を片づけたり、

130224holiday03.jpg
130224holiday04.jpg

ゆっくりとジョギングをしたり。

日曜日の夕方、ランニングから戻ってきたヨメと交代で万博外周道路へ
出かけた。
どうせ故障がきちんと治るまでスピードは出せないんだから、
この期間を利用してきれいなフォームを身につけようと、
いつも走っている時に意識していたことを思い出しながらゆっくりジョグった。

練習で大切なのは量よりも質、質よりも意識だと思っているし、
何事も形から入るタイプ(服装という意味ではなく)なので。

130224holiday05.jpg

肩は動いているか、骨盤はスイングしているか、足は真下に下ろしているか、
着地と腕の振りは同調しているか、上半身で下半身を吊り上げているか、
背骨はひとつひとつ真上に積み上がっているか、
あとは、八尾さんのビデオで言っていた2軸走法ってこんな感じかな、とか、
そんなことを断片的に(全部一緒に考えるのは無理!)考えながら走ったら
21キロも踏んでしまった。

きっと負荷をかけずにゆっくりだったから走れたんだろう。
もちろん膝は少し痛い。でもアイシングをしたり、今日の晩は
コンプレッションウエアを履いて寝たり、そんなふうにケアしておけば
大丈夫な感じ。

スロージョグから

膝を完全に曲げることはまだできないけど、日常の痛みは消えたので
きのうの朝、ゆっくりと走ってみた。

久しぶりに早起きをしてランニングの格好に着替えて外に出ると、
前日からの雨がまだ続いていた。小雨だったので気にせずそのまま出ていった。
走るのは、ほぼ1カ月半ぶり。

家を出る時に横を見ると、あれ? 知らないうちにこんなに水仙が・・。

130220suisen.jpg

そっか、もう2月なんだし、水仙も咲いて当たり前か。
この水仙、実は岩とコンクリートの間から生えている。
この奥にそんなに栄養があるとも思えないし、どうしてこんなに
たくさん花を咲かせるのか、毎年ミステリー。

1キロほど走ると膝が痛くなったけど、1.5キロくらいのところで
麻痺してきて、大事には至らない感じ。5キロくらいなら問題なく走れそう。
たった5キロといえど、ゆっくり走ると時間がかかるもので、
途中からは雨が雪に変わった。

スロージョグの結果、これなら続けられるかもと思ったので、
今日も7キロ走った。
今日は4キロ地点のあたりから膝に小さな痛みが出始めたけど、
最後まで走ることはできたし、このペースなら続けても大丈夫そう。
ほんと、スキーならどんな斜面を滑っても膝が痛くならないのが
不思議で仕方がない。

今日は整形外科で膝のまわりの筋肉をつける運動を教えてもらったので、
それも合わせて続けていけば、かなりよくなるような気はする。

ただ、すごく臆病になりながら走っている自分が
なんとなく滑稽に見えておかしい。
でもこの臆病さが大切なんだろうな、きっと。
故障の回復は短気を起こしたらだめだと思うので。

Y'sスキー合宿

先週の野沢温泉に続いて、今週はウイングヒルズ白鳥リゾート。
元々はワイズロードのスキー合宿という名目で計画を立てたツアーで、
メンバーは、自転車仲間のkimさんとそのご家族、
同じく自転車仲間のミズノちゃん、
おなじみアイーダさんとその娘さん、アイーダさんの会社の人。

130216wing01.jpg

泊まりはこのメンバーで、日帰り組も含めたら15人以上の大所帯になった。

12月に来た時の大雪とは違って、道路の雪はきれいに除雪されているし、
何よりも天気がいい。
気温が低いので雪質はバツグンだし、でもお日さんが出ているので寒くはなく、
しかもゴンドラやリフトの列も短い。
これ以上何を望むことがあるだろうというくらいの好条件。

130216wing03.jpg

去年の夏の淡路島合宿に続いて、なっちゃんは今回もみんなのアイドル。
今年からスキーを始めた3歳児の上達スピードはすさまじく、
2日目には安定感バツグンの滑りで、急な斜面も怖がらずに下って行ってた。
それも我々のように暴走することなく、ちゃんとスピードをコントロールして。

130216wing04.jpg

でもなっちゃんに負けてはいられない。
今回は1級の資格を持っている男の子が来ていたので、
ワンポイントレッスンをしてもらったところ、
先週の野沢でのスクールに続いて、また新しい滑りが身に付いたような気がする。
ま、それだけ自分にはできていないことが多いということなんだろう。

ウイングヒルズで滑る時は必ず石徹白(いとしろ)地区の民宿に泊まるんだけど、
ここの料理がまた旨い。
今回はすき焼きだった。まさか飛騨牛じゃないとは思うけど・・。

130216wing02.jpg

1日中スキーを楽しんだもんだから、みんなビールをどんどん追加して
ゴクゴク飲み、部屋に戻ってからもワインの瓶が次々と空いていき、
もう早々にこんな「ハッピーだぜ〜」状態。

130216wing07.jpg

風呂に入って、美味しいものを食べて、酒を飲んで、わいわいしゃべって、
やっぱり泊まりはいいなー。


夜中はマイナス15度くらいまで下がったらしく、またまたコタツに足を
突っ込んで寝て、朝起きてスキー場へ行くと、またまたいいお天気。

130216wing06.jpg

冬のスキーって、もっと雪の日が多かったり、吹雪いたりするもんだけど、
今年はつくづく天気に恵まれている。

2日目のアイーダさんは、レンタルだけどカービングスキーデビュー。

130216wing05.jpg

何をやらしても上手な人だとは思っていたけど、
初めて履く板でいきなりカッチョよく滑っていたのには驚き。
どうもカービングスキーが面白かったらしく、すぐに「板買う!」と宣言。
男前やなぁ。

130216wing08.jpg

ということで、またひとりスキー熱を呼び起こしてしまった。
今年ほどスキー仲間が増えた年はないかもしれない。
ということで、ウインタースポーツのシーズンはまだまだ続くのであった。

野沢温泉2回目

3連休は今シーズン2回目の野沢温泉。
メンバーはヨメとやなぴーの3人。

行きのクルマの中で「スキースクールに入らへんか?」と聞くと
二人ともまったくそんなことは考えていなかったようで
「考えとくわ」と、そっけない感じ。
スキー場に着く直前になってもう一度聞くと、
「じゃ、入ろかぁ・・?」みたいな、あまり積極的ではない返事。

今年の野沢は今まで天候に恵まれていて、
今回も初日は晴天。

130209nozawa02.jpg

そんな中、3人で久しぶりにスキースクールに入った。

130209nozawa03.jpg

スクールに入るのは2年、いや3年ぶりか。ヨメはもう少し長い間入っていない。
やなぴーは去年以来。

最初は消極的だった2人も、講習が終わってからは
「入ってよかった」「入ってよかった」の連発。
ご飯を食べている時もスキーの技術的な話題になったりして、
すっかり向上心に火がついてしまったみたい。
よかったねー。いい講習が受けられて。
もちろん、自分にとってもすごくよかった。
自分でもうすうす気づいてはいたけど、できていなかった体の動きを
きちんと教えてもらえて、今はまだぎこちないけど、たくさん練習して
しっかり身につけたい気持ち満々。

ただ、今回はめちゃめちゃ仕事が忙しい状態なのに3連休をスキーに
当ててしまったので、あまりのヤバさに仕事を持参してきた。

昼、仕事のことは忘れてスキーをし、夜、スキーのことは忘れて仕事をする。

130209nozawa01.jpg

スキー場に仕事を持って行ってもたぶんしないやろなぁ・・と予想していたけど、
これが意外とはかどった。危機感がそうさせたのか、晩ご飯を食べた後や、
朝、女性達が化粧をしている時間、けっこう集中して作業ができた。


野沢は2日目も快晴。

130210nozawa01.jpg

130210nozawa02.jpg

こういう天気の下で滑ると、スキー場にいるシアワセをつくづく感じる。
2週間我慢していたスイーツもここでは復活。さらにシアワセ・・。

130209nozawa05.jpg

でも、くつろいでばかりはいられない。
「いいお天気で気持ちいいねー」とか言いながらも、
みんな前日に習ったことを身につけようと、練習に一生懸命。

130210nozawa03.jpg

初心者だからそうなのかもしれないけど、やなぴーはスキーに来るたびに
うまくなる。
ボーゲンでも不安定だったのが、だんだんスキーが並行になってき始めた。

スキーを担ぐ姿もそれなりにサマになってきたし、さすが、
UTMFのレースそっちのけでスキーに打ち込んでいるだけはある。

130209nozawa04.jpg


3日目は雪。
夜中も昼もしんしんと降り続いていて、視界も悪く雪面も見えにくい。

130211nozawa01.jpg

でも、雪質はサラサラのパウダー。
「こんなサラサラの新雪、のっさんやきのぴーがいたら興奮しまくってるやろね」
なんて言いながら昼まで滑って帰ってきた。
たっぷり楽しんだので、明日から仕事するぞー。てか、やるしかない。

膝痛いので整形外科へ

毎年この時期になるとミカンの実がなる。
種類はわからない。この季節だから八朔かな。
実がなるといっても今年は4つだったので、豊作とは言えないけど。

130205orange01.jpg

でも味はなかなかいけていて、砂糖をまぶして食べるのが好きなのは
やっぱり甘党だからか?

130205orange02.jpg


そんな季節の風物詩的な話よりも、膝がまだ痛い。
整骨院で見てもらったり、太ももや膝下の筋肉を毎日ほぐしたりもしたけど
1カ月経っても痛みが引かないのでとうとう整形外科を受診した。

たぶん、いや絶対、秋以降はトレーニングを休んでいたのに、年末年始に
ちょっと負荷をかけてしまったのが原因だ。

右の膝はもともと半月板が欠けているので、常に完全じゃない状態で、
いくら走っても痛まない時期もあったし、距離を踏むと痛む時もあった。
でも今回は歩きよりも強い衝撃で地面に足をつくだけで痛い。
半月板が割れているのはこの先生にレントゲンを撮ってもらって
診断されたので、そのへんは先生も承知のうえで診察してくれた。

今回もレントゲンを撮って、その画像を見たり膝を触ったりした後に先生が
言ったのは、「軟骨の変形が始まっていて、水も少し溜まってますね」。

あちゃー、だから正座するのも痛かったのか。

しばらくは負荷のかかる運動をしないように言われた。
とりあえず電気を当て、ロキソニンの湿布と炎症を抑える飲み薬と
痛み止めの飲み薬を出してくれた。
今は痛みがほとんど消えてるけど、たぶん薬が効いてるだけだろう。
その証拠に、正座をしようとするとやっぱり痛いし。

時間が経てばある程度はよくなる気がするので、
今はおとなし〜くしながら祈るしかない。
神様、もう悪いことはしませんから、
3月の名古屋と4月の古宇利島に間に合わせてください。

寛平マラソン応援

膝の痛みが引かないもんだから、かれこれ1ヵ月走っていなくて、
土曜日はプールで600m泳いだあと、リハビリがてら水中ウォーク500m。
茨木のコナミは右の2コース分がウォーキング専用になっていて、
いつもたくさんの人が水の中を歩いている。自分もそれに混じって初めて
歩いてみたけど、これはこれでいい運動になるよな、きっと。
水中だから体重が軽くなって腰や膝に負担もかからないし、
でも筋肉に負荷はかかるわけだし。

午後からは仕事。
小走りをするとやっぱり痛いので、この時点で翌日の寛平マラソンはDNSに決定。
まともに走れない状態で10k走って悪化させたらよけいに長引くし。
でもこれがトライアスロンだったら無理してでも出場してたんだろうな。


てなわけで、日曜日は寛平マラソンの応援に枚方の淀川河川敷へ。

130204kanpei02.png

お天気もよく、マラソンにはちょっと暑いかもしれないけど
応援する立場からするとちょうどいい。
吉本の芸人がたくさん走るというだけあって、選手や選手以外の人や、
すごいたくさんの人で賑わっていた。
寛平ちゃんはもちろんのこと、花子師匠、石田靖、たむけん、山田花子、
猫ひろし(吉本じゃないけど)、その他おおぜ~い・・・。
会場では芸人が50人走ると聞いたけど、新聞には100人走ったと書いていた。


で、芸人もさることながら、
仮装の魅力にどっぷりはまったいつものメンバーの今回の格好はこれ。

130203kanpei01.jpg

前を向いてるのか後ろを向いてるのか・・・一瞬わからん。
どうせなら、ひょっとこの口で給水してほしいな~。

そんな仲間や、自分と一緒に10kにエントリーしていたヨメを応援しながら、
ノルディックポールを使って応援ウォーキング。

130204kanpei03.jpg

130204kanpei04.jpg

130204kanpei05.jpg

たぶんこの日は13~4k歩いたと思う。たくさんカロリー消費できたかな。

| ホーム |


 BLOG TOP