にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初滑り

今シーズンの初滑りは志賀高原。
メンバーはヨメ、のっさん、みっちゃんの4人。
先週からの寒波で雪はたっぷり、でも天気はあいにくの曇りまたは雪。
しかもゲレンデはガスっていて視界悪し。
志賀高原といっても、会社勤めをしていた頃に組合のスキーで奥志賀に行っただけ。つまり勝手が分からない。

熊の湯にホテルを取り、朝からまず横手山へ行ったところ、
熊の湯スキー場から横手山へは行けてもその逆はできないことを知り、
やや時間を無駄に過ごす。
午後からはジャイアントや一の瀬方面へ行こうと思ってバスに乗るも、どこで降りればいいか分からず、結局は丸池のリフトを上がって蓮池に下り、バスで熊の湯に戻り、チョロチョロっと滑って終わり。ん〜〜、なんか不完全燃焼。

やっぱりこういうスケールの大きいスキー場は詳しい人と来るべきだなと、みんなで学習しつつ、
あんまり滑っていないけど、それでもスキーは楽しいぜい、イエー!

131223siga01.jpg

夜は、ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ちゃんこ鍋の中から
ちゃんこ鍋を選択。
みんな食べる気まんまん、飲む気まんまん。ここからが楽しいんだなー、お泊まりのスキーは。

131223siga02.jpg


二日目も曇り、そしてガス。なんかついてない気分っす。
視界は悪いし、ガスが濃くなると足下もはっきり見えない。
なので4人でスキースクールに入ることにした。

131223siga03.jpg

実力ごとにクラス分けをしたところ、受講生が少なかったのもあって、4人でひとつのクラスにしてもらえた。
ラッキー、一般の料金でグループレッスンが受けられるぞ。

先生の前で滑ると、
「よく講習は受けられていますか?」と聞かれたので
「はい。年に1回は受けるようにしてるんですけど」と答えた。

「やっぱり講習を受けている人はいい滑りができていますね」と褒めてもらえるのかと思ったらその逆で、
「んん〜〜(悪い意味で)今風の滑りですね。去年と今年では滑りが違うんですよね。どうやって去年の滑りを直そうかな・・」と言われた。

ええ〜〜〜?去年一生懸命意識して練習していたことを変えないといけないんですか???

早い話が(簡潔に語れることではないんだろうけど)、全日本スキー教程が改訂されて、基本に戻ったというか、あるべき姿になったというか、去年まで内スキーと言われていたことが、今年から外スキーと言われていることとか、去年まではマテリアルの性能を生かした滑りを指導していたのが、今年からはより積極的なスキーの操作が求められるとか、そういうことを1日かけて指導してもらった。
理解できた部分もあるし、よくわからなかった部分もあるけど、結果的には去年までの滑りを忘れろという意味ではなかったので、ちょっと安心。

いずれにせよ、二日とも天気も悪かったし、雪面のコンディションも悪かったので、そんなに楽しくは滑れていない。
そうなると楽しみは温泉や晩ご飯になるわけであって、それだけじゃなく今回のホテルにはいろんな遊戯施設があったことで楽しみはそっちの方にも広がっちゃって。
汗をかくまで卓球をやり、ホテル内のバーへ行って何年かぶりにダーツをやり、「特賞はディズニーランド」と知ったみっちゃんはスロットマシンにはまり、そのあとは酒を飲みながらビリヤード。いわゆるプールバー。
・・・志賀高原まで何しに来てるんだか。でも楽しい。

131223siga04.jpg


そしてついに三日目、うおっ!ようやく待っていた天気だ。
ヤッホー、今日は青空が見えるぞ。
晴れの日のスキー場って、なんて美しいんだろう。

131223siga05.jpg

131223siga06.jpg

熊の湯から横手山にスキーで移動し、
以前からニュースで話題になっていた、標高2,305mにある日本一高いところにあるスタバでお茶。

131223siga08.jpg

131223siga09.jpg

こんな雪に囲まれたような山頂にスタバがあるなんて、ちょっと別世界な感じ。
みんなでラテやココアを飲んだあとは、青空の下の圧雪したバーンを気持ちよーく滑降。
前日にスクールで教えてもらったことをそれぞれ意識しながら、中斜面、緩斜面で大回り、小回りなど。
スキーって、天気やコンディションが違うと気分もぜんぜん違う。ホントはどんなコンディションでも上手に楽しく滑れなければいけないんだろうけど、そのへんは、まだ技術が未熟なもので・・。


もっと滑りたいいいいい!!!!という気持ちを残して志賀高原を後に。
いやホント、こんな日はもっと滑りたい。

まあでも、とにもかくにも今シーズンが始まった。
これからの数カ月間、どうかお天気や雪質に恵まれますように。

131223siga07.jpg

スポンサーサイト

あまく危険な声

イルミネーションきらめく大阪・中之島界隈。

131219tatsuro01.jpg

131219tatsuro02.jpg


川沿いを西へ歩いて向かった先は

131219tatsuro03.jpg

131219tatsuro04.jpg

131219tatsuro05.jpg

アイーダさんがチケットを取ってくれた。
この前のポール・マッカートニーといい、いつも感謝、感謝です。

達郎の曲は昔からずっと聴いてきたけど、
生で聴くのは実は初めて。

トークはほとんどFMの番組のまま。
その合間に、かっこいい演奏と甘い声で歌が流れる。
今回のセット・リストは「メロディーズ」と「シーズンズ・グリーティングス」からたくさんセレクトしたらしい。
ほとんど知っている。

達郎の曲で「あまく危険な香り」というのがあるけど、
これは甘く危険な歌声だ。

アンコールで「クリスマス・イブ」聴いていた時、
もし隣に恋人がいたら、「これからもこの子をずっと大切にして生きていこう」と思っただろう。
あいにく、隣にいるのはアイーダさんだったけど。


3時間コンサートが終わり、余韻に浸ったまま夜の街へ。





・・・・2時まで飲んでしもた。


タクシーで帰って、そこからスキーの用意をバッグに詰めて、
夜中の3時に、チューンナップから返ってきていたスキーのベース・ワックスを剥がす作業をしている俺はなんなんだろう。
翌日は運転しないといけないのに、だいじょーぶか。

来年の課題

チーム忘年会で明け方に布団に入った翌日、
8時頃に起きて泊まり客にええかっこしようとして朝食を全部自分で作ったものの、そこでエネルギーは切れてしまって午前中はまったりと・・・というか、ハツラツと動くなんて無理・・・。

でも午後からは気分を入れ替えてクルマのタイヤ交換。

スキー場には雪がどんどん積もってきているし、
寒波がやってきたら家の近所だって凍結の恐れもあるので、
後手に回らないうちに夏用タイヤからスタッドレスタイヤへ。

131215car01.jpg

そして、ルーフに取り付けていたサイクル・キャリアも取り外して
スキー・キャリアに変更。

131215car02.jpg

        ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

131215car03.jpg

クルマも冬仕様に。服で言ったら衣替えみたいなものかな。


夕方からは約束があったので電車で難波へ出て
地図を見ながら目的の店に行くと、

ん?
なんだこのいかがわしい雰囲気は・・・占いの館か?
俺、店間違えた?

131215ys01.jpg

いやいや、間違えてはいなかった。
そこはちゃんと、ワイズロードの忘年会の部屋だった。

10月の伊是名トライアスロン以来、自転車には乗っていない自分だけど、
自転車仲間との飲み会には参加。
自転車の話もするけど、それだけの人たちじゃないので
東山のレースの結果を言い合ったり、スキーの日程を相談したり、
来年からトライアスロンはどうするんですか、なんて聞かれたり。

あっちにもこっちにもそっちにも仲間が増えてきて、
でもどの人たちともいろんなことをしたいので、
じゃあどうすればいいんですかと自分に問いかけても答は出ず、
結局誰とも薄い付き合いになるのは本意じゃないし、
これは来年の課題かな。

131215ys02.jpg

チーム忘年会

土曜日は、一年で最も大きなイベント、TEAM Airの忘年会。
早い人は昼過ぎから、仕事などで遅くなる人は夕方から、
順次集まって鍋宴会。

131214party01.jpg

131214party02.jpg

131214party03.jpg

131214party04.jpg

大村の150キロを完走した人、
フルマラソンで自己ベストを出した人、
初めてトライアスロンに挑戦した人、
トライアスロンで長い距離に挑戦した人、
何カ所も骨折した大事故から復活した人、
琵琶湖を泳いで撃沈した気分になった人、
体調不良と戦いながらハセツネを完走した人、

仲間同士でたくさんの感動を分かち合った一年だった。

だけどみんな、そんな感慨にふける様子もなく、
笑いながらただ飲むだけ。でも、そんな仲間とのそんな時間が楽しい。

今回のメインイベントは、
学生時代の卒業アルバムまたはそれに準ずる写真を持って来ること。
学生時代の水着姿から彼氏とのツーショット、今とはぜんぜん違うヘアスタイル、などなど、「みんなの知らないみんな」の写真は、新鮮な驚きにあふれていて、みんなの予想以上に盛り上がる盛り上がる。

131214party05.jpg

そんな雰囲気の中、鍋やビール、みんなが持ち寄った食材、ワインなどが
気持ちいいくらいに空いていく。

フッフッフ、この日のために木曜日、金曜日とアルコールを抜いたのだ。
今日はなんぼでも飲むどー!

宴が進み酔いがまわるにつれ、お約束の二人羽織ギターありぃの

131214party06.jpg

真夜中の2時から頭皮のマッサージが始まりぃの
(↓ほとんど呪いをかけているようにしか見えないけど)

131214party07.jpg

家庭の問題を議題にして議論しぃの、そうかと思えばお互いの鼻に
2本の指を突っ込むのが始まりぃの・・・・・もうわけわからん。


昼の2時から飲み始めて、結局寝たのは明け方の4時。
なにせ一年で一番大きなイベントだから、これが終わると一年も終わり。

18歳と今

日曜日、友達の家におじゃまして鍋をつついていたら、
ちょっと早いですけどと言ってバースデーケーキをもらい、
翌日にラン仲間の忘年会でも「まことさん おたんじょうび おめでとう」
というプレートのついたケーキをもらい、
誕生日当日には知り合いのカメラマンが「お誕生日おめでとー」と言って
シュークリームを持ってきてくれ、
家に帰ればヨメがケーキを買っており、
お腹の中にアリの巣ができそうなくらいの糖分摂取。

仲間の存在というのはつくづくありがたい。


誕生日を迎えていつも思うのは、いいのか悪いのかわからないけど、あんまり気分は変わってないよなーってこと。

幼稚だと思われるかもしれないけど、
18歳の頃も今も、あまり変わらない気持ちで過ごしているのが本当のところ。



あの頃も今も、
放課後は運動をしているし、
冬になったらスキーに行ってるし、
しょっちゅう王将へ行って「ギョーザ3」って頼んでるし、
彼女またはヨメと映画やコンサートに行ってるし、
仲のいい友達と遊びの計画を立てているし。

その頃と今と比べて大きく変わったことと言えば、
夏休みが40日間じゃなくなったこと。数十人の同級生と過ごす毎日じゃなくなったこと。

それ以外はそんなに大きな変化はない。

毎日決まった時間に学校または会社に行き、昼休みは弁当を食べ、クラブ活動のようにたまにはゼーゼーハーハーとトレーニングをし、その後で王将へ行き、家で気分が向いたらギターを弾き。

ただ時々、現役の時と同じタイムで泳げなくなっていたり、
近くの物にピントが合わなくなってきたり、
健康診断で不整脈を指摘されたりした時に、
今はもう18歳の肉体じゃなくて、年齢を受け入れないといけない部分もあるのかなと、ふと寂しくなったりすることがあるのも事実。

でも一夜明けたら、あの頃と同じように王将へ行って「ギョーザ3」って頼んでいたり、今度はいつスキーに行こうかと考えていたりする。

東山三十六峰マウンテンマラソン

東山三十六峰マウンテンマラソン。
京都の宝ケ池をスタートして

131208higashiyama02.jpg

131208higashiyama03.jpg

伏見稲荷までを走る30kのトレイルレース。

131208higashiyama01.jpg

この大会については、トレイルを苦手に思っているヨメと一緒に走ろうと
最初から決めていた。
そういうわけで、レースに精神的な苦しみはなく、楽しかった。
「もっと頑張らんかい!楽しみ過ぎなんじゃ」っちゅうウワサもあるけど。

前の方の人はゼーゼーハーハー言いながらガシガシ走っているのに、
上りは歩きーの、下りは気持ちいいスピードで走りーの、
エイドではパンやバナナや柿を食べながらまったりしーの、
ゴールしたら5時間16分もかかっていた。


ま、スタートから6キロまで1時間かかるくらいの渋滞だったとはいえ、

131208higashiyama04.jpg


登りもそれなりに頑張ったのに、(↓登り、頑張ってる感爆裂)

131208higashiyama05.jpg

なんで最後尾のあたりをスイーパーと一緒に走っていたんだろう。

と思っていたら・・・・誰や、ワインエイドで何杯ももらってるのは。

131208higashiyama06.jpg


そんなこんなで、
応援のみなさま、長い間待たせてしまってすみませんでした。

131208higashiyama07.jpg

スキーシーズンがやってきた

あ忙し、あ忙し。
ゆううべは梅田で飲んだくれてしまったけど、
今朝は早起きして大阪城公園でみんなとランニング。

131130ski01.jpg

青い空と緑と黄色の中を、アルコール抜きのジョギング20キロ。
気候も景色もよく、こんな日は走っていて気持ちがいい。
自然の色って、どうしてこんなにきれいなんだろう。

そのあとは急いで家に帰り、コーナンへクルマを飛ばして花の苗を買って、

131130ski02.jpg

たまりにたまった落ち葉を掃いて集めて、きれいになった土に
買ってきた苗とチューリップの球根を植えた。

131130ski03.jpg

131130ski04.jpg

131130ski05.jpg

しかし、このまままったりしている時間はない。
今日は予定がいっぱいなのだ。

よいしょ。あ忙し、あ忙し。

シャワーを浴びた後、松屋町の田辺スポーツへ行って
友達のスキー選びに付き合う。

131130ski06.jpg

やっぱり人がスキーやブーツを買うのを見てると、早く滑りたくなる。
スキーが待ち遠しい〜。

そして今度は場所を変えて友達の家で宴会。

131130ski07.jpg

プロのバイオリニストを迎え、
いい音楽と、いいお酒と、おいしいお料理と、
すみません、突然おじゃましてこんなに豊かな時間をいただいて・・・・。

131130ski08.jpg

しかし、スキーヤーはまったりとばかりしていられない。
DVDを見ながらシーズンインまでの予習を入念に。イメトレ、イメトレ。

131130ski09.jpg

そんなこんなで気がついたら12時近くになっていて、あわてて帰ったものの、
酔っぱらっていたせいでひとつ手前の駅で降りてしまい、
15分以上寒いホームのベンチで待つはめに。

もうカラダ冷え冷え。

131130ski10.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。