にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキー検定

なんと2週連続の野沢温泉。
先週は2日ともガスっていたけど、今週はピーカン。

140223nozawa01.jpg

スキーは条件によってぜんぜん気分が違うので、天気や気温はすごく大切。
青空が広がって、しかも気温が低かったら雪質もいいので最高。

でも、その代わりスキー客も多い。

140223nozawa02.jpg


今回のメンバーは二手に分かれて滑った。
初日、みっちゃんとヨメは午前中にスキースクールの講習を受けて、午後からは自主練。あとの3人は気ままにいろんなゲレンデを楽しんだ。

先週が先週だったので、今週のこの天気は、
ほんとに気持ちいいぞ~~~~!!!


圧雪、新雪、どこを滑っても気持ちいいぞ~~~!!!

140223nozawa05.jpg

きゃっほー!!!

140223nozawa06.jpg




そして2日目。

ちょっと緊張気味のこの2人。

140223nozawa04.jpg

みっちゃんとヨメはSAJ2級の検定を受けるのだ。
しかも、合格の難易度でいうと上位に挙げられる野沢で。
そのために去年から練習してきたし、きのうも黙々と最後まで滑っていたし、今日も朝一から宿を出てきた。

午前中は事前講習。午後からが検定。
種目はシュテムターン、パラレルターン大回り、パラレルターン小回りの3種目。

140223nozawa07.jpg

あ~、受験しないこっちまでキンチョーしてきた。



と言いながら検定に関係ない3人はゴンドラで頂上へ。

うお~、今日もいい天気じゃ~~。

140223nozawa03.jpg

美しい景色を見ながら、お気楽組は思わずスキーを脱いで、おもむろにポケットからビールを出して乾杯。(なんでポケットからビールが出てくるんだ)

140223nozawa11.jpg

チョコレートをアテによく冷えたビールを飲み干した後は、やまびこゲレンデの新雪を滑り、水無しゲレンデから牛首コース、再びゴンドラで上がってランチ。
ついでにデザートも。

あかん。お気楽すぎて人間がダメになってしまいそう。

140223nozawa10.jpg

そして午後からは、

いよいよ検定を見るために下のゲレンデへ移動。

みっちゃんとヨメは「見に来んといて!」と言ってたけど、
そんなわけにいきますかいな。迷惑がられても、力の限り応援するで~。

1級の検定バーンで行われている1級の検定も見ながら、2級の検定バーンの2人の順番をドキドキしながら待つ。
そして滑りをビデオに収める。

しかしこっちの3人の心配をよそに、2人の滑りはよかった。
3種目とも危なげがなかった。
他のほとんどの受験者と比べてもレベルが違った。

140223nozawa14.jpg

140223nozawa15.jpg

140223nozawa08.jpg

140223nozawa09.jpg



結果は、
ヨメは3度目の挑戦で合格。
みっちゃんは初挑戦で合格。

すごいなー。目標を持って練習して結果を出すなんて。
去年から真面目にスキーに取り組んで、なおかつ有意義な二日間を過ごした結果だね。

では合格証とバッヂを持って記念写真を撮りましょう。

 ↓ ↓ 見事に結果を出したふたり。

140223nozawa12.jpg


そしてこちらは、
ただただ楽しかったふたり。

140223nozawa13.jpg
スポンサーサイト

青い雪

週末は今シーズン2度目の野沢温泉。
西日本から東日本、東北地方を襲った大寒波のおかげで中央道、長野道は
軒並み通行止めになっていたので、北陸道まわりのルートをチョイス。

道中は上信越道も一般道も雪がたっぷりだったけど、

140216nozawa01.jpg

140216nozawa02.jpg

土曜日の朝6時前に無事に到着。
宿のお父さんに、「あんたたち、よく来れたね」と驚かれた。
聞いてみると、奈良から向かっているお客さんは通行止めに遭ってぜんぜん到着できず。関東からのお客さんは全部キャンセルになったらしい。
すんません・・・私たち、何事も無く着いちゃいました。

しかも、交通マヒのために関東方面の人は来れなかったのでゲレンデはガラガラ。リフト待ち、ゴンドラ待ちゼロ。

140216nozawa06.jpg

来れなかった人たちは気の毒だし、スキー場も宿もこれでは儲からない。
自然の力には歯向かえないとはいえ、もう少し手加減して降ってくれればいいのに。



今回は、社会人になってからも年に40日はゲレンデにいて、しかも赤ちゃんが産まれた今シーズンも隙を見ては滑りに行ってるというS谷氏を誘ってのスキーツアー。
そんなスキー三昧の人生を送っている彼が、実は野沢温泉に行ったことがないという。

わかりました。じゃあ、野沢の素晴らしさをご案内しましょう。

ゴンドラで上がったあとリフトを1本乗り継いで、ここが毛無山の山頂にあるやまびこゲレンデで、ここの斜面がとっても気持ち・・・・あれ?ぜんぜん見えない。

140216nozawa03.jpg

じゃあ次は、野沢名物、全長5キロのロングコースを尾根づたいに滑るスカイラインコース・・・・
・・・・うっ、ここも視界が。

140216nozawa04.jpg

う〜ん・・・これでは野沢のよさがぜんぜん伝わらない。
しかも大寒波がもたらした降雪で、どこもかしこも駐車場、じゃなかった、どこもかしこも新雪。
圧雪車が入ってもその上にどんどん雪が降り積もり、スキー場のすべてが新雪という、こんな経験初めて。雪崩の危険性があるために林間コースも閉鎖される始末。
滑り終わって宿に帰ってくると、数時間の間にクルマがこんなに背高のっぽに。

140216nozawa05.jpg

それでもS谷氏は「たのしぃ〜!」と言いながら新雪のモサモサゲレンデを滑走し、「コレうまい!!」と言いながらゲレ食を楽しみ、「あ〜気もちええ」と言いながら温泉につかり、野沢温泉を楽しんでくれた。

140216nozawa07.jpg

140216nozawa08.jpg

夜は部屋で酒を飲みながらソチオリンピック観戦。布団に入ってからもテレビはつけっぱなしで、ラージヒルの1回目、2回目もライブで見届け、葛西の銀メダルに感動。
「次は金メダルを獲れるようにこれからも頑張る」って、・・・かっこよすぎ。
そうそう、いつもお世話になっているレストハウスの娘さんがソチの日本代表に選ばれた。種目はスキー・ハーフパイプ。競技は20日の予定なのでこちらも楽しみ。

140216nozawa09.jpg



スキー場の方は、二日目も朝から雪、そしてガス。

140216nozawa10.jpg

運よく青空が見えたのはほんの少しの時間だけ。

140216nozawa11.jpg


今回の大寒波のおかげで、東名高速は5時間立ち往生とか7時間立ち往生とか、信号が赤になるたびに1時間動かないとか、地元の人と一緒に道路の除雪作業をしたとか、そんな話がいっぱい耳に入ってきたし、宿に泊まっていた東京のグループも、道路のルートや電車の運行状況を調べても帰る手だてがなくて困っていた。

実際、2日間とも長野県内の高速道路はすべて通行止め、一般道もあちこちで通行止め、長野県内のJRはすべて運休、軽井沢町と飯山市は観測史上最多の積雪・・・・そんな状況の中で、渋滞にも遭わずに普通に行って帰ってきて、2日間スキーを堪能できたのはすごく幸運だったと思う。


最後に、いろんな被害をもたらした寒波だけど、野沢温泉にいる知り合いの人が言うには、「今回の雪は自分が生きてきた中で(←たぶん40才代)4番目くらいには入る奇麗な雪」なんだそうだ。

いつもは黄砂が混じって汚なかったりするけど、今回は太平洋に低気圧が発生したために太平洋の雲が雪を降らせたからというのが原因らしい。

その人が「ほら、雪が青いでしょ」と指差すところを見ると、
ほんとだ、青い。こんな雪を見たのは初めて。

140216nozawa12.jpg

冬らしい雪

就活とか婚活とか、
何でも縮めて言うのが好きな日本人だけど、
それの元をたどると、ここに行くような気がする。




ジャム勝!


今日は福井県のスキージャム勝山へ日帰りスキー。
去年は3月に来たのでスギ花粉が飛びまくっていて苦しめられたけど、
今年は先手を打って2月に来てやったぞ!
ソチオリンピックで寝不足の中、メンバー5人が夜明け前に出発して、
ジャム勝に着いたのは朝8時すぎ。

140211jam03.jpg

140211jam01.jpg

140211jam02.jpg


先週のウイングヒルズは春のような雪、&二日目は雨だったけど、
週末の寒波で雪が降り、いかにも冬らしいゲレンデになっていた。
気温が低いので雪は締まってるし、しかも雲ひとつない青空。
よそを向いていたスキーの神様が、ようやくこっちを向いてくれた感じ。

140211jam05.jpg

140211jam04.jpg

140211jam06.jpg

このスキー場は横幅よりも奥行きのある作りになっているので、
上に行くほど気温も低く雪も固い。
スピードも出てしまうけど、爽快な滑り心地。・・・たまらん。

ご機嫌な条件でスキーを楽しめて、みんなビールがうまい〜〜。

140211jam07.jpg


昼ご飯を食べてからも積極的に滑りまくり、
気温が低いのにウエアの中に汗をかいてしまったくらい。

140211jam08.jpg


普段は軟弱なスキーしかしていない自分が久しぶりにガツガツ滑ったもんだから、もうヘロヘロっす。
ケーキセットにしようかなーとか、頭の中は思いっきり休憩モード。

140211jam09.jpg


それにしても、相変わらずスキーは難しい。
スキーが難しいんじゃなくて、自分のセンスが悪いのか?
ゲレンデには満足、滑りにはやや不満足のジャム勝。
次のスキーの機会まで、明日からまた普段通り、昼は仕事、夜はオリンピックの生活を乗り切る。

スキーして飛騨牛のすき焼きはヤバイっしょ

2月最初の週末はどこに滑りに行ったかというと、
岐阜県のウイングヒルズ白鳥リゾート。

一緒に行ったのはこの二人。

140202wing01.jpg

140202wing02.jpg

140202wing03.jpg

天気にも恵まれ、というか天気よすぎて春スキーのように暖かい。
朝はゆっくり目に家を出発して、スキー場に到着して滑り始めたのは10時半。
午前中は固い雪。昼ご飯を食べてからは春の雪のようで、やや重い感じ。
滑っていると汗もかくし喉も渇くので、3時頃から休憩を入れてダラダラしているとゴンドラが修了。
あっという間に一日が終わってしまって目が点になる3人・・・。
すいていたのでそれなりに滑ることはできたけど、滑った時間はほんの数時間。

140202wing07.jpg

「明日は雨予報だからもっと滑っておきたかったよね〜」なんて言いながら、ま、それなりに満足した気持ちでゲレンデをあとにして、この日の宿泊地、石徹白(いとしろ)方面に向かった。

石徹白地区は、目の前のスキー場が2年前から休業しているので活気はないけど、
点在している民宿はどこもご飯がおいしい。
ウイングヒルズで滑る時の楽しみひとつは、石徹白で泊ること。

きれいに掃除された気持ちのいいお風呂で汗を流したあと、
この日の夜は、おお〜〜!!飛騨牛のすき焼きだ。

140202wing04.jpg

となりで食べていた男性二人が、「この肉ヤバイっすよ」と我々に言ったあと、「うまいわ〜」「ヤバイわ〜」と繰り返し言いながらすき焼きを堪能していた。
飛騨牛だけじゃない、野菜もおいしいし、糸コンニャクすらおいしし、お米も、漬け物もおいしいし、これにアマゴの塩焼きも出てきて、それで一泊二食付き6,500円ってどうよ。
満足度高すぎでしょ。まあ、だからいつも石徹白で宿を予約するんだけど。

その後は部屋でワインを飲みながら、テレビでソチオリンピック直前特集みたいな番組を見つつ、夜中までダラダラ。
こんなふうに過ごす時間もなんとも気持ちいい。


2日目は・・・・朝から予報通りの雨。

140202wing05.jpg


3人とも雨の中で滑る気はしないので、帰り支度をして、遅めに宿を後にした。
時間はたっぷりあるし、じゃあ、のっさんに教えてもらったおいしい喫茶店があるからそこでお茶しようということになって寄り道。

古民家を改造したお店で、コーヒー、紅茶、ケーキがおいしい。
たぶんモーニングセットも、お昼の定食もおいしいはず。

雨でスキーはできなかったけど、おいしいケーキにありつけてご満悦のお二人。
140202wing06.jpg

その後も、道の駅をうろうろ、サービスエリアでまったり。
ゆったり行程の、ぜいたくなスキーツアーになってしまったけど、
終わってみると楽しい二日間だった。
でももちろん次のスキーは、しっかりと冬が戻ってきて、いいコンディションの中で滑ることができることを願っとりますので、スキーの神様よろしくお願いします。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。