にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

びわ湖クロススイム当日

で、いよいよスイムリレー当日。

140824biwako02.jpg

140824biwako03.jpg

朝6時から受付、競技説明、ラジオ体操、各チームの紹介があり、
いよいよ全チームが漁船に乗って彦根から対岸の高島市へ渡る。
そこから琵琶湖の一番幅が広いところ(16キロ)を泳いで帰ってくる。

140824biwako01.jpg

長い1日の始まりだ。

じゃ、行ってきまーす。

140824biwako04.jpg

きのうはあんなに楽しかったのに、猛スピードで走る漁船で対岸に向かっていると、楽しもうという雰囲気の中にも緊張が漂ってくる。
雨は降らないだろうか。波は高くならないだろうか。藻に足を取られないだろうか。水温は低くないだろうか。流れが強くなったらどうしよう・・・考え出したらキリがない。

140824biwako05.jpg


でも、やらなきゃ感動は味わえないのだ。
うっしゃー!みんなの力をひとつにして、ぜったい完泳するぞー!

140824biwako08.jpg

ここ数年は10チーム前後だったけど、昨年はぐっと増えて14チーム。
そして今年は史上最多の20チームが参加。
対岸に着くと、スタート地点近くには伴走の漁船がうようよ。

140824biwako06.jpg

8時に第1泳者がスタートした。
我がチームの1泳は吉川さん。

吉川さんのすぐ横に付いて伴走したいところだけど、船が多くて上手く近づけない。
泳いでいる選手が船の前後左右にいたりするので、
上にかぶさらないように船頭さんも神経を使いながら慎重に操船している。

遠くから見ていても、吉川さんは時々方向を確認しながらかなり飛ばしている。
30分持つのかというくらいピッチも速い。

140824biwako07.jpg

スタートして15分以上経って、ようやく船が吉川さんの横に付けた。
みんなが船上から応援する。前を行く船の数を数えると、お、8位だ。
各チームのエース級が出てくる第1泳者の中で、吉川さん、ごっつい頑張ってる。
30分泳いだところで、第2泳者のうらちゃんが船から飛び込んでタッチ。
そうやって6人がリレーをする。

140824biwako09.jpg

3泳は俺、4泳はミズノちゃん、5泳はRyuさん、6泳はちゃあみ。
1巡目は6人全員が30分ずつ泳ぎ、2巡目以降は10分ずつで交代する。
1人が泳いでいる間、他の5人は船の上から方向の指示を出したり、残り時間をボードに書いて知らせたり、声を出して応援したりする。もちろん自分が泳ぐための準備をしたり、水分や食料の補給もしなければならない。

140824biwako11.jpg


今回もみんな頑張った。去年は戦う相手が雨風や気温や潮の流れだったけど、
この日は雨も降らず波もなかったために、戦う相手は他チームだった。

自分としては、今年は強い泳ぎができた。去年と比べて2倍から3倍の練習量をこなしてきたのは顕著に現れたようで、前のチームを追ってグイグイ腕をかき続けたら実際よく進んだし、泳いでも泳いでも(心拍は上がっても)乳酸は溜まらなかった。

Ryuさんとちゃあみの泳ぎもよかった。去年は悪天候で苦しんだけど、今年は伸びのあるいいフォームで、それが崩れずに最後まで続いていた。
なーんだ。なんだかんだ言いながら、みんな心の中でメラメラとリベンジの火を燃やしていたんだ。

140824biwako12.jpg

2年ぶりにメンバーに復帰した吉川さんは常に全力でぶっ飛ばすし、大学時代に水泳部だった初参加のミズノちゃんも、2巡目からは疲れていたけど根性で泳いで距離を稼いでくれた。

140824biwako10.jpg

「死ぬ気でいく」と言って力泳をする吉川さんに刺激されて、故障のために十分な練習ができなかったうらちゃんまでが、積極的な泳ぎで前のチームをガンガン追いかけた。

140824biwako16.jpg


2時間経っても3時間経っても4時間たっても、トラブルなくみんなは泳ぎ続けることができている。
いいぞ、いいぞ。みんながいい調子を保ちながら交代を繰り返した。

去年リタイアしたあたりを過ぎると、だんだんと陸地がクリアに見えてきた。
泳ぎ続けていると、建物の輪郭がはっきり見え始め、それでも泳いでいると、ホテルの窓やショッピングセンターの看板が見えてきた。
ゴールの砂浜も、ゴールの横断幕も見えてきた。

タイミング的に、自分が泳いでいる時にゴールしそうな感じ。
ブログに書くと短いけど、ここまで5時間20分くらい経っている。
ゴールまで数百メートル。うらちゃんからタッチを受けた。真横に別のチームがいたので、そこには負けないようにゴールに向かってダッシュした。というか、はっきり勝つ自信があった。
ゴールできることが確実だと分かって泳いでいると、急にジーンときた。

去年は14チーム中2チームが途中リタイア。そのうちの1チームは障がいを持っている人たちのチームだったので、健常者でリタイアしたのは自分たちだけ。
だから、完泳が当たり前のチームにとってはどうってことないけど、自分たちにとってここまで泳いで来るというのはすごく大きな意味がある。

去年は力尽きたけど、今年はみんなの力をつないでここまで来たぞ。
砂浜まで100mくらいのところで、みんなが揃いのTシャツを着て水に飛び込んだ。
全員で泳ぎながらゴールに向かう。水中でゴーグル越しにまわりを見ると、右にも左にも前にも仲間がいる。泳いでいて嬉しくて仕方がない。

最後は6人全員で手をつないでゴール。


140824biwako13.jpg


6人が6人と握手をし合って健闘をたたえ合う。こういう時の笑顔って、こういう時にしか出ない表情をしている。

レースの結果は全体の13位。
時間は5時間25分。三輪さんがいて最強だと思われた2年前よりもタイムを縮めた。みんなの泳力が底上げされた証明だ。


誰かが「来年も空中ブランコやりに来るぞー!」と言った。
ちゃうやろ~~~!

琵琶湖クロススイム前日

さてさて、先週末はこの夏の大きなイベントのひとつである
「びわ湖横断スイムリレー」。
前回リタイアした悔しい思いをぶつけようと彦根に入ったが、
前日からムキになっても仕方ないので、
まずは恒例になりつつある「スイス」での昼食。

140823hikone01.jpg

蔦のからまるロッジ風の建物の中でおじさんとおばさん、
そしてアルバイトらしき女性がやっている。
ここの料理の満足度の高さは、もう何というか、人に教えてあげたいくらい。

140823hikone02.jpg

140823hikone03.jpg

しかもこのカツカレーとハンバーグ、どちらも500円!


いや~満足満足って感じで次に向かったのは「ひこねスカイアドベンチャー」。
ここでは空中スライダーや高所アスレチック、空中ブランコができる。

空中スライダーは、ロープに滑車を掛けて、彦根の街を見ながらシャーーっと
200mくらい先までぶら下がって滑る。

140823hikone04.jpg

140823hikone05.jpg

翌日に筋肉痛が残ってはいけないのでアスレチックはパス。

最後にやった空中ブランコ、これが楽しかった。
客は自分たち(私とミズノちゃん)を含めて7人。
真っ黒に日焼けしたお兄さん、お姉さんが暑い中、2時間半かけて指導してくれる。
地上8mくらいのところまでハシゴを登っていき、そこから空中ブランコのバーを持って飛び降りる。
みんな「あかん、あかん」「ムリ、ムリ」などと言ってるけど、お金も払ってるし行くっきゃない。
でもそのうち慣れてきて、最初は他人だったみんなの間に和気あいあいとした雰囲気が流れ出して、最後はみんな空中ブランコの魅力にはまっていた。

140823hikone06.jpg

緊張感とスリリングさと気持ちよさがあって、みんな「あしたもここに来よか」と言い出すくらい。
アカン、アカン。琵琶湖を泳いで横断する目的で来てることを忘れてどうするんだ。


たっぷり遊んだ後は、いつものお宿、清瀧旅館へ。

お風呂に入って汗を流した後は、お楽しみの夕食。

かんぱーい。明日は完泳めざしてがんばるぞー、オー!

140823hikone10.jpg

このお宿も今年で3年目。なにせ料理がうまい。
美味しい食材が出てくる出てくる。
刺身(今回は北海道から届いたという甘エビ5尾)、鮎の塩焼き、
白身魚のフライ、小鉢、そば・・・。

140823hikone08.jpg

140823hikone09.jpg

そして最後は
ジャジャーン、近江牛のステーキ。

140823hikone07.jpg

140823hikone12.jpg

ビール飲んで、ワイン飲んで、部屋でも飲んで。
翌日は5時起きなのに、3年目ともなると気持ちも余裕で、
天気の心配ばかりして自分たちの体調についてはぜんぜん心配していない。(特に男3人)

140823hikone11.jpg

〈ひさびさ3種目〉

のんびり過ごした盆休みが明けて今日から仕事。
休養たっぷりのせいか早起きができたので朝ラン10kのあと、チャリ通勤23k。

鳥飼大橋の手前で信号待ちをしていると、自転車に乗ったおっちゃんが話しかけてきた。

おっちゃん「これは競技用でっか」

私「競技用・・でもありますけど、普通にサイクリングも行けます」

おっちゃん「(DHバーを指して)これはなんでっか」

私「(DHバーをつかんで)これつかんだら空気抵抗が減るんです」

おっちゃん「ほ~~~。今からどこまで行きはりまんのん」

私「私は茨木から淀屋橋まで」

おっちゃん「通勤でっか。ま、気いつけて行っとくなはれ」


大阪は、おばちゃんだけじゃなくて、おっちゃんも気さくに話しかけてくる。

鳥飼大橋を渡って淀川の河川敷に出たら向かい風だったので毛馬までいい練習ができた。


そして夜は扇町プールでスイム2,500m。
普段は意識しないけど、今日はストリームラインを意識して泳いだら、力は使っていないのに無駄なくスイスイ進んでいる気がした。タイムを計っていないので実際はどうだったかは分からないけど、50m×24本くらいを苦しくなくこなせたことを考えると、やっぱりフォームって大事なんだなと思う。

で、その後は打上げ。
お盆の後半に調子に乗って飲み食いしていたら3日で3kg増加したけど、今日はいっぱい運動したから飲んでもいいでしょ。ダメかな。

140818swim.jpg

〈お盆はずっと家〉

今さらだけど7月の練習量。
スイム:10,000m
バイク:286km
ラン:171km

はぁ・・・ちょっとため息。・・前の月と比べてスイムとランが少ない。
バイクは増えているものの、それでも少ない。
よし!8月は練習量を確保するぞ!・・・と思っていたのに、
盆休みに入る直前で
スイム:7,000m
バイク:26km
ラン:40km

アカンわ〜、ペース悪すぎる。毎日なにしてたんだろ・・。

今年の盆休みは妹家族が遊びに来なかったので、毎日ヒマ。
で、何をしていたかというと、
朝6時に起きてランニング10k。腹筋・懸垂・ランジ・もも上げ付き。

140817bon01.jpg


シャワーを浴びて朝食を食べ、
午前中はひたすら庭そうじ。

140817bon02.jpg

140817bon03.jpg

140817bon04.jpg


それが終わったらシャワーを浴びて昼ご飯を食べ、
午後からは昼寝をする。
適当にダラダラと起きてきて、借りてきた映画を観る。

140817bon05.jpg

晩ご飯を食べて、シャワーを浴びて、早めに寝る。
毎日がこれの繰り返し。
数時間だけお墓参りに服部緑地へ行ったのと、一晩だけ遊びの打合せで梅田へ出た以外は家から離れていない。



今日は朝ランをせずにサンデーライドに参加してバイク練習をしようと思っていたのに、朝ご飯を食べてバイクジャージに着替えるとザァーっと激しい雨が。
やる気をなくして二度寝していると雨が上がって青空が広がってきた。
んんん〜〜〜、なんて意地悪な天気なんだ。


気がつけば、びわ湖横断スイムリレーまで1週間。
高松トライアスロンまで3週間。
来週のびわ湖はともかく、バイク練習の時間を確保しないと高松がエライ事になりそうな気がしてきたぞ。

〈真面目な夜〉

仕事を終える → 家に帰る → 晩ご飯を食べる

この当たり前で簡単な事が、この10日間できていなかった。
なんでだろう・・・・仕事は暇じゃなかったし、前もって誰かと飲みに行く約束をしていたわけでもないのに、気がつくとそんな日々が積み重なっている。

今日はヨメがお盆の墓参りのために実家に行ってるので家にいない。
いつもならこんな日は外で食べて帰るパターンでしょ。
でも、そーゆー日々が続いていたもんだから、
今日は仕事を終えた後、スイム1,500m、ウエアを着替えてバイク26kで家に到着。

そしてこうしてブログを書くことで、
ヨメに対しても「真面目に家に帰ってますよ」アピール。

ヨメがいないということは、自分で何か作って食べるということであって、今夜の晩ご飯は、ちょっと前から気になっていたコレ。

140807carry02.jpg

なんとも、「これ、美味しいんじゃないだろうか」という想像をかき立てられるパッケージじゃないか。

うどんをゆがいて、カレーのルーとダシを別の鍋で温めて、そこにゆで上がったうどんを混ぜて、ネギをふりかけて出来上がり。

140807carry01.jpg

ごちそうさまでした。
運動をしてお腹が減っていたというのもあっただろうけど、
うどんもルーもしっかりしていて、なかなか旨かったです。

〈背面キックを信じる〉

プールで泳ぐ時は必ず背面キックを100m入れるようにしている。
たった100m??・・いえいえ、これがバカにできない。

2年前よりも去年、去年よりも今年と、トライアスロンで満足できる結果が
出ているのには、もちろんいろんな理由があるには違いない。
体重が順調に落ちたとか、去年だったらバイクの練習量を増やしたとか、
今年だったらスイムとランの練習量を増やしたとか。
ただ、いつも目標どおりの練習量がこなせていない自分なのに、
そのわりに身体能力が上がってきている理由のひとつに、
背面キックはきっと関係しているのではないかと・・・自己分析・・・。

自分で思うに、背面キックとは
水の深いところから上に蹴り上げるキックなので、
きっとインナーマッスルの腸腰筋が鍛えられる。

140805form01.jpg


そしてその動きは、ランの時に、腸腰筋を使って足を前に振り出す動きと同じ。

140805form02.jpg


バイクに乗ってペダルを回す時の、太ももを引きつける動きも腸腰筋が使われる。

140805form03.jpg


たとえて言うなら、阪神が勝つと大阪の経済がよくなるように、
背面キックを取り入れると、他の種目にも相乗効果が出てくる。
これは誰に聞いたわけでも、何に書いてあったわけでもないけど、
きっとそうなんじゃないかと思う。
実際、下腹から股関節にかけてのしっかり感が変わってきているのも実感しているし。

ということで、きのうも背面キックを含めたスイム3,000m。

アップ300m
プル200m×1、100m×3、50m×2
キック50m×2
背面キック50m×2
コンビネーション50m×10(1'10")
レスト平泳ぎ50m
コンビネーション50m×10(1'00")
レスト平泳ぎ50m
50m×6(hard→easy)
50m×4(easy→hard)
背泳50m×2
ダウン200m

新陳代謝

今週は月曜以外ずっと残業だったけど、不思議なことにこんな週に限って月曜から金曜まで毎晩寄り道をしている。・・・寝る時間も遅くなるわけだし、仕事が終わったらさっさと帰って寝ればいいのに。

さらに不思議なことに、そんな状態が続いているのに、
朝は早起きして走っている。
なので毎晩、「なんで日本はこんなに高温多湿なんだろう」とかなんとか言いながらビールをガブガブ飲んでいるのに、毎日体重は減っていく。

なんか俺、生き急いでる?

ビールを飲む→脱水で水を飲む、ランニングをする→脱水で水を飲む。
体中の水分が全部入れ替わってるんじゃないかと思うくらい毎日水を飲んでいる。

そして明日はいよいよ六甲山の森林植物園で「港KOBE・Mt.六甲トレイルランニングレース」の準備。いっぱい汗をかいて、いっぱい水分を補給して。
夜は神戸のヨメの実家に泊るのでお義母さんがまたまたビールを出してくれるだろう。
翌日はボランティアの本チャンなので、またいっぱい汗をかいて、いっぱい水を飲んで。

毎日、毎日、新陳代謝がハンパない。

140801weight.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP