にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

呉とびしまマラソン その2

広島駅を朝5:44分発の電車に乗って50分かけて広駅に着くと、さかもっちゃんがクルマで迎えに来てくれていた。人に言わせると遅刻魔みたいなイメージが強い彼だけど、ぜんぜんそんなことないやん。
そこから島へ渡って大会の駐車場まで20分くらい、
駐車場からスタート地点までシャトルバスで20分くらい。
帰りはゴール地点からシャトルバスの乗り場まで徒歩1キロ。
つまり大会会場から広島駅まで2時間くらいかかる。これ大事。

会場へ入って受付を済ませても、これから42キロを走るという実感があまりない。
このレースに賭けているわけではないし、練習も十分じゃないし。

準備をしていると、大会本部から「スタートを20分遅らせます」
という発表があった。
え~~~~~??? 新幹線のチケット取ってるのに。
4時間でゴールしてもヤバイやん。
ま、最悪はみどりの窓口で取り消したらいいか・・。

150222kure07.jpg

今回は新しくYURENIKUI SPEEDを購入して、このウエストポーチに補給食を入れて走る。
着替え終わってそれを腰に巻こうとしたら、
・・・・・ない!
ない、ない、YURENIKUIがない!

かばんをひっくり返したり、脱いだ服のポケットを調べたりすること3度、
どうしても出てこない。ホテルでは確認してかばんに入れたのに。

仕方がないので、たまたま持ってきていたゼッケンベルトにジェル4本をはさみ、
ゼッケンを止めている安全ピンにブドウ糖のタブレットを刺した。苦肉の応急処置。

150222kure05.jpg


天気は曇り時々小雨。気温が高くなると聞いていたのに、けっこう寒い。
ある意味、走りやすい天気?

じゃ、行ってきま〜す。

150222kure01.jpg

スタートしてしばらくは5分20~30秒で走った。
今回のレースで自分に課したのは「ゆっくり走る」こと。
とにかくゆっくり走る。
まわりの人よりも前に出ようとしない。
抜かされてもついていかない。
マラソンは30キロが折り返し。
イーブンペースで走る。
20キロ先がゴールみたいな走り方はしない。

10キロ通過が52分。
この時点で、ある程度のタイムでゴールできると確信した。
もちろん、これ以上ペースを上げないことという条件で。

呉とびしまマラソンは、スタート地点の島から、2つ向こうの島まで
行って帰ってくるコース。それぞれの島を1周するので、
スタート・ゴール付近以外は同じ道を通らない。

150222kure09.jpg

それぞれの島に渡ると、人が住んでいるところではおばあちゃんや子供たち、
消防署の人たちなどが小雨の降る中を応援してくれる。
ほのぼのしていて、みんな笑顔で、すごくあったかい。

コースはというと、橋を渡る時以外は全くのフラットで走りやすい。
海がおだやかだから波が打ちよせる音もなく、聞こえるのは鳥の鳴き声と風の音だけ。そんな中、20キロを過ぎてもペースを上げることはなく、呼吸も乱れず、人に抜かれても平気な顔で、普段のロング走のように淡々と楽に走った。
ある意味、30キロまでは退屈でおもしろくないレース。
ま、逆に言うと、淡々と冷静にペースを守っていたということは、それだけ集中していたとも言えるのか?

ただ、30キロ以降はおもしろかった。
意識してペースを上げたので、息は苦しいし、でも他のランナーを次々抜かせるし、5キロや10キロ地点で抜かして行ったランナーにも追いつくし、「レースしてる!」っていう実感があった。
(後でラップを見ると、実際にはスピードは少しも上がっていなかった)

最後の橋を渡る残り5キロ地点で、さかもっちゃんが待っていてくれた。
おお~、さかもっちゃ~ん、撃沈せんと頑張ってるで~と思いながら手を振った。
写真を撮ったり、引っ張ってくれるかのように走って行ったり、
ふり返ってまた写真を撮ってくれたり。
仲間の顔って、どんなジェルよりも効き目がある。

150222kure02.jpg

150222kure03.jpg

しばらく近くを走ってくれたあと、「じゃ、ゴールで待っときますから」と言ってサーッと遠くに走って行った。

残り5キロ、4キロ、3キロ、脚が攣らずに走れてるのがうれしい。
苦しいのは呼吸だけで、脚はゴールまで十分に持ちそう。
最後の坂をゼーゼー言いながら上り、ゴールゲートに向かってダッシュする。
さかもっちゃんがどこかで写真を撮ってくれているはずだ。
さかもっちゃんは?
さかもっちゃーん・・・さかもっちゃーん、いない~。

後で聞いたら「まだ来ないやろう」と思ってトイレに行っとったらしい。

・・ありがとう、ゴールで待ってくれていなくて。うれしいわ・・・。


でも、彼にはホントお世話になった。
クルマの運転とかだけじゃなく、スタートするまで寒かったのでフリースを貸してくれたり、写真もいっぱい撮ってくれたり、ゴール後に脚が攣った時は靴のひもを緩めてくれたり。


そうそう、行方不明だったウエストポーチは、クルマにあった。

150222kure04.jpg

ゴソゴソと準備をしていた時に置き忘れたみたい。(買った意味なし)

で、ここからは時間との競争。シャトルバスの乗り場まで歩き、バスで駐車場まで運んでもらったあとクルマに乗って島を脱出・・・そこからマラソン渋滞で前に進まなくて、2人でハラハラドキドキ。時間は迫る、クルマは進まない。駅に着いたら広島行きの電車が待っていて、脚が攣らないか不安になりながらダッシュで階段を駆け上がって反対側のホームに行き、ぎりぎりセーフ。

ゆっくりとお礼を言う間もなく電車に飛び乗り、広島駅でビールと弁当を買い、新幹線の中で塩の吹いた顔を洗い、なんとか帰阪。
家に帰ったら、ごほうびがあった。

150222kure08.jpg

ヨメは家からランナーズ・アップデートでチェックしていたらしい。

ゴールタイムは3時間38分20秒。

直近の3レースは
4時間27分(2011神戸)
5時間25分(2011NAHA)
4時間8分(2014神戸)
その前は2009年の青島太平洋マラソンだから、気がつけば5年ぶりのサブフォー。

神戸の時と比べて練習量は半分以下なのに、タイムは30分縮まった。
やっぱりマラソンってペース配分が大事なんだと今回のレースで知った。(9年も走ってて今ごろ気づいたんかい!)
前半の貯金を後半で食いつぶした時は、今までなら「じゃあ次から前半でもっと貯金をすればいいんだ」って思ってきたけど、考え方を改めよう・・・。

呉とびしまマラソン その1

呉とびしまマラソンから帰ってきました。

レース前日の土曜日の午後に広島に到着。
仕事やトライアスロンで福山や三原には来たことがあったけど、
広島市に来たのは初めて。

150221hiroshima01.jpg

広島駅を降りて平和記念公園の方角にブラブラ歩いていると
自然と頭の中に
♪カープ カープ カープ広島 広島カ〜プ〜
という歌が流れる。

レース用にブドウ糖のタプレットを買い忘れたので、
薬局を見つけ次第、店に入るけど、なかなか置いていない。
薬局を出て歩き始めるとまた頭の中で
♪カープ カープ と口ずさむ。

3軒目の薬局でようやく購入。
それにしても広島の繁華街は大きい。
百貨店があり、PARCOがありZARAがあり、銀行が建ち並び(広島には「もみじまんじゅう」ならぬ、「もみじ銀行」というのがある。知らなかった)、長い商店街がたくさんあり、市電がじゃんじゃん走っていて、人がいっぱい歩いていて、こんなに賑やかな街だとは思わなかった。

寄り道をしながら1時間くらい歩いて平和記念公園に着いたら、
原爆ドームは保存のための補修工事をしていた。

150221hiroshima02.jpg

原爆ドームの上空600mで原爆が炸裂し20万人が犠牲になったという説明文を読んだ後にふと空を見上げて、アメリカの大統領はよくそんな命令を出したなと、人格を疑う気持ちになった。

たくさんの高校生が核廃絶のための署名活動をしていた。
署名をしながら女子高生としゃべっていると別の女性が横からビデオを撮っている。
署名が終わるとその人から声をかけられ、「広島テレビなんですが」と言って
しばらく取材をされた。

平和記念公園には外国人がたくさん来ていた。
ボランティアで原爆について説明している人もたくさんいて、何人かの人は外国人に英語で説明していた。
広島って、学生や市民レベルで平和への活動がきちんと行われてるんだ。

原爆の資料館へ入ると、そこにも若いカップル、外国人などたくさんの人がいた。そしてボランティアの案内人も。
初めて平和記念公園に来たけど、なぜ自分は今まで来た事がなかったんだろう、人間としてここにはもっと早く来なければいけなかった、という気持ちにさせられた。

150221hiroshima03.jpg

平和記念公園を出てからは、頭の中に流れる歌が
広島カープの応援歌ではなく、吉田拓郎の「いつも見ていたヒロシマ」に変わっていた。



広島へ来たんだからやっぱり、ってことで夜はひとりで広島焼きの店へ。

150221hiroshima04.jpg

前回のレースは10日以上もアルコールを断ったけど、今回は普通に飲むのだ。
生中2杯と焼酎、部屋に戻ってからロング缶・・・レース前日にしてはちょっと多かったかも。

あ、なんだか眠たくなってきたのでレースのことはまた次回に。

スキーしない週末は家の用事を

スキーのない週末。2月はスキーの予定がひとつもない。
久しぶりに土いじりをして、チューリップとムスカリの球根を植えた。
落ち葉を掃除し、雑草を抜き、土を耕し、
しかし12月に植えようと思っていたのに今になってしまったけど、
春にはちゃんと咲くんだろうか。

その後は水槽の水換えや水草の手入れをし、
2つの水槽に分けて飼っていた魚を、1つの水槽に集約した。
どうも環境に違いがあるみたいで、片方の水槽の魚はすくすくと大きくなり、
もう一方の水槽の魚は成長が遅いので、じゃあ環境のいい方で
全部飼ってあげようということで。

150214fish.jpg
↑現在45cm水槽にアカヒレ9匹、キンセンラスボラ3匹、ミナミヌマエビ50匹以上。


夕方から、5キロだけでも走っておこうと外へ出て、たまには知らない道を走ろうと思ってあちこち行ったら16キロ走ってしまった。

150214run.jpg

2015八方尾根

3週連続のスキーは八方尾根。
ほとんどが急斜面のスキー場なので少々気合いを入れながら楽しみにしてやってくると、ぐおぉぉ~~、雲ひとつ無いところにこんなにカッコいい飛行機雲が!

150207happo00.jpg

晴れるのと曇るのとでは、八方の景色はぜんぜん違う。

最上部まで上がってみんなで絶景のパノラマを見渡していると
山屋ののっさんが解説をしてくれる。

150207happo01.jpg


さて、それじゃ、中急斜面の一枚バーンとコブ斜面ばかりのゲレンデをみんなで滑りますか。

用意はいいかなー? イエ~~~!!

150207happo10.jpg



しかし今回のメンバー、

・・・・濃いわ~。


滑るのも濃いし

150207happo07.jpg

150207happo08.jpg




飲むのはもっと濃いし

150207happo03.jpg

150207happo05.jpg

150207happo04.jpg

150207happo06.jpg


雪男、雪女がガンガン滑って、グビグビ飲んで、酔った勢いで来年の目標まで立てて、いやほんと、天国のような二日間でした。

150207happo09.jpg

ウイングヒルズ白鳥リゾート 今年もやっぱり雪道

150131shirotori02.jpg

先週末のスキーはウイングヒルズ白鳥リゾート。
土曜日の夕方に宿に向かったら、スキー帰りのクルマが
山からいっぱい下ってきて、雪道でスタックしてるわ、
目の前で後ろ向きに滑って行って雪の壁にぶつかってるわ、
けっこう大変な状況だった。
こっちは反対向きだから少ししか影響はなかったけど、
山道で渋滞に巻き込まれていた人たち、無事に帰れたんだろうか。

宿に着いたらお風呂に入って、メシ、メシ〜!!

150131shirotori01.jpg

ここに泊まりに来る楽しみは、なんつっても飛騨牛のすき焼き。
ご飯もおいしいし、もう食べられませんっていうくらい、みんなお腹がパンパン。
このままスキーをせずに帰っても満足だったかもしれないけど、
今回は大切なミッションがあったのだ。

それは、この日にスキーデビューする中学2年の男の子に
スキーの楽しさを教えてあげること。

みーちゃんおばちゃんと、その甥っ子くん。
150131shirotori03.jpg

1日早く滑っていたアイーダさんに聞いたところ、
土曜日は吹雪で視界も悪くて寒すぎたらしいけど、日曜日は風も無く、
時々は晴れ間も出る、まあまあいい状態。
スキーって最初に辛い思いをすると嫌いになってしまいかねないので、
お天気やゲレンデのコンディションは大切なところ。
そういう意味では彼はラッキー。

レンタルスキーを借りて、スキーの履き方から止まり方、曲がり方と、
段階を踏んで教えていくと、陸上部だから足腰がしっかりしているのか、
性格の素直さからか、するすると上達する。
リフトを2本、3本、4本と乗るうちに、スキーの扱いにも慣れてきて、
楽しい〜と言って滑っている。

150131shirotori04.jpg

よかった。スキーが楽しいスポーツだと思ってくれて。

これで今シーズンは4回目のスキー。
毎回違うメンバーと行ってるけど、どのメンバーと行ってもそれぞれ楽しい。

150131shirotori05.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP