にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

今の気持ちを忘れないために書いておこう

初ウルトラから3日が経っても、余韻が残っているのでふとした時に当日のことを思い出す。
でもそれは、しんどかったことや頑張ったことではなく(実際、苦しかったことはもう忘れているし、頑張ったという記憶も薄れている)、思い出すのは“いろんな人の力を借りたよな”ということばかり。

事前にメールや直筆でもらっていたメッセージは、バスの中やホテルで何度か読み返しておいた。
(最近は自分の記憶力を信用していないので、何度も読まないと覚えられない)
レースが始まったら時間はたっぷりあるので、そのメッセージをひとつずつゆっくり思い出すことができたし、それのおかげで気持ちをずっとポジティブに保つことができた。

実はレース前は、辛くなったら何かおまじないを言ってみるのもいいかと思っていた。
ちちんぷいぷい?
アブラカタブラ?
テクマクマヤコン?
エコエコアザラク?
ハハ・・・これで苦しみが消えたらネタになるわ。そんな軽い気持ちだった。
でも仲間の心からの言葉って、どんな呪文よりも魔法をかけてくれた。


現場では応援部隊の3人に力いっぱい見送られてスタートし、その次に仲間に会ったのは19kの関門地点。
そこにいた3人を見た時は、“東京でばったり大阪の友達に会った”みたいな驚きと喜びがあったけど、次の瞬間には、(自分らよりも30分前にスタートしたのに、なんでこの時間にここに居るん?)という?・?・?

「ちゃうんです」
(何がちゃうのん)
「私ら、トイレに並んでたら関門に引っかかったんですぅ」
(あ!ひとつ目の、あのトイレか)

「ということで、僕らの分も頑張ってください」
「私らの分も走ってください」
と笑いながら言ってたし、こっちも笑いながら聞いていた。

言葉というのは状況によって軽くなったり重くなったりするもので、
その言葉は後半になってから妙に力を帯びて蘇ってきた。
まるでスポ根マンガか映画で、試合が終わったあとに相手チームが「俺たちの分まで勝って、絶対優勝しろよな」と言うみたいな。
スポ根好きだからかもしれないけど、なんでもないその言葉が、痛くなった脚を前に進める力になっていた。

その次に仲間に会ったのは56kの関門。
そこでも、まるで戦場で(戦争に行ったことはないけど)同じ部隊にいた仲間に会えたみたいなうれしさ。

その子は「50キロで脚が痛くなって(←元々脚の痛みを抱えていた)、関門でダメだったんです」と言いながら、残念な気持ちをこちらに見せることもなく、
「これ、もらえるやつですからドロップバッグに入れときますね」
「食べもん取ってきましょか」
「飲みもんもらってきましょか」
「草餅食べます?」

まるでサポート部隊のように世話をして送り出してくれた。

そういう仲間の優しさって、ほんとにエネルギーに変わる。
そこにはいないけど、同じ日に桜道ネイチャーランを走っている仲間もいたので、それを考えるだけでもヨタっている背筋がしゃんとした。

サポート専属の3人にはスタート地点で見送ってもらったあとは63kのエイドで会えたけど、次に会うのはゴール近くだろうと思っていた。
というのは、それぞれのペースで走る30数名のメンバーをクルマで移動しながら待ち伏せたり追いかけたりしているのを沿道で見かけたし、ヨメと自分はその中で最後尾を走っていたので、我々のフォローをしていたら他の大半のメンバーに手が回らなくなるから。

ところが78kのエイドに近づいた時、応援隊が手を振っているのが見えた。
ええ〜〜〜???(他のメンバーはみんな別のポイントに向かって走ってるのに)オレらが来るのん待っててくれたん?
しばらくは誰にも会わずに走らないといけないと思っていたので、知ってる顔が見えた時はどれほどうれしかったか。しかも人数増えてるし。

そこで力をもらって20キロほど走ると、ゴール手前で今度は走り終わったメンバーも含めて大軍団が。
ゴール地点ではさらにたくさんの人数が待っていてくれた。



ウルトラマラソンは初体験なので、ゴールの向こうにどんな感動や達成感が待っているのか分からなかったけど、これだけの大所帯で参加するので、苦しい時にみんなが支え合いながらゴールを目指すんだろうなということは想像できていた。

「はい。じゃあ今からひとりで100キロ走ってきてください。ヨーイドン」と言われても、普通の人は走れない。肉体的なことよりも、気持ちが簡単にポキッと折れてしまうだろう。
自分が誰かを支えることはなかったけど、たくさんの人の気持ちは自分を強く支えてくれた。

今になって、ひとりひとりのゴールはみんなのゴールだったんだと、しみじみ思う。

150422card.jpg

富士五湖100k

まだまだ先だと思っていたのに、やってきました、一生出ることはないと思っていた100キロマラソンの「チャレンジ富士五湖」。
土曜日の朝、30数名でバスに乗って大阪を出発し、富士山の麓についたのが夕方。

ホテルに入るとすぐにみんなで翌朝のレースの準備。
天気や気温や補給食のことを考え、まるで学生の下宿のように部屋を散らかしながら、人の準備をお手本にしたり、アドバイスをもらったり。

150419fujigoko01.jpg

とりあえず天気は悪くなさそうなので、
雨対策や寒さ対策は完全防備でなくても大丈夫そう。
準備ができたら次はお風呂だ。

うお〜!露天風呂から富士山がこんなに近くに。

150419fujigoko06.jpg

こりゃみんなで写真を撮らなきゃ。

↓ただの慰安旅行気分のおっさん達。
150419fujigoko02.jpg

テルマエ・ロマエIIIはこの人を主人公で。

150419fujigoko03.jpg




で、いよいよ大会当日。

2時に朝食を摂って3時過ぎにホテルを出発。
会場に着くと、まだ夜中だけどたくさんの選手で熱気はムンムン。
100キロ先まで走って行きたいと思っている人が世の中にこんなにいることが理解できない。

メンバーの大半は4時半スタートなので、「ゴールでー!!」と言いながらみんなをお見送り。

150419fujigoko04.jpg

150419fujigoko05.jpg

いよいよ自分たちの番。
スタートの5時が近づいた頃はもう夜が明けていた。


  ↓5時の富士山
150419fujigoko_05fuji.jpg


  ↓5時のオレ
150419fujigoko_05ore.jpg

ゲストの寛平ちゃんに見送られてスタートしたものの、
ヨメが時計のGPSのボタンを押し忘れていて、衛星の電波を拾うのに3分くらい立ち止まって時間をロス。
競技場を出た時にはダントツ最後尾になっていた。

ロング走の練習はしてきたけど、100kは初めてなので、無事に完走できるという確信もなく、「7時間走っても8時間走っても疲れない走りをしよう」とヨメに言いながらとにかくゆっくり進んだ。


  ↓7時の富士山
150419fujigoko_07fuji.jpg


  ↓7時のオレ
150419fujigoko_07ore.jpg

山中湖は大きな湖で、桜もまだ残っていてすごく景色がきれい。
天気がいいので富士山も大きくはっきりと見える。
洒落た観光地って感じで、スポーツカーやオープンカー、3輪の大型バイクやサイドカーなど、クルマやバイクもおしゃれなのが走っている。
発売されたばかりのS660も走っていた。


仲間からもらったメッセージを頭の中で思い出しながら走る。

 “心で体で富士山の力を感じましょう”

 “きれいな空気をたくさん吸って、お山をたくさん見ながら楽しんでください”


  ↓9時の富士山
150419fujigoko_09fuji.jpg


  ↓9時のオレ
150419fujigoko_09ore.jpg

沿道から「おはよーございまーす。がんばってくださーい」と声がかかる。
起きてから8時間くらい経っているので「おはようございます」と言われても違和感を感じるけど、そっか、まだ午前中なんだ。


 “ジャーニーランを楽しんでたらいつの間にかゴールだった。そんな楽しいRunになります様に”


うん、今日は日が暮れるまで楽しく走ろう。
終盤に足が止まってしまわないような走りをしよう。


  ↓11時の富士山
150419fujigoko_11fuji.jpg


  ↓11時のオレ
150419fujigoko_11ore.jpg

それぞれ10分から15分くらいしか余裕がなかったものの、関門はひとつずつクリアしていけた。
気がつけばフルマラソンの距離も過ぎていた。


 “日本一の富士山を見ながら周りのみなさんと楽しく走れます様に。健闘を祈ります”


途中からヨメは痛めた膝が調子悪くなってきたらしく、ロキソニンを飲んで痛みを抑えていた。
予想外だったけど自分は60キロを過ぎても70キロを過ぎても脚は大丈夫だった。


 “走ってる時、ちょっとだけ辛かったり、ちょっとだけ痛かったりするかも・・だけどゴールしたら絶対にすべてが素敵なよい思い出になります”


山中湖、河口湖、西湖と過ぎると、帰ってくるランナーとすれ違えるコースがあって、続々と仲間が向こうからやってきた。みんなすごい元気な走りをしている。
エイドでもたくさんの仲間が応援のために待機してくれていたり、そういうのを見ると自然と元気が出て、疲れてきていた脚もしっかり動くようになってくるから不思議。


 “挑戦できるコト、仲間と共に走れるコトに幸せを感じながら走り抜けて来てください”


気がつけば10時間以上も走っていた。
あと20キロ、あと10キロ、すげー、こんなに走ったのは初めてだー。
と言いつつも、さすがに脚はあちこち痛く、ヨメと二人、数キロ走っては立ち止まってストレッチをし、また走り出すの繰り返し。
それでも前を走るヨメの脚と上半身は、80キロを越えてもよく動いていた。


 “景色の変化、心の変化、身体の変化、周りの応援の変化、色んな事を、アンテナを拡げて感じて考えてください”



  ↓5時の富士山
150419fujigoko_17fuji.jpg


  ↓5時のオレ
150419fujigoko_17ore.jpg


  ↓5時のヨメ
150419fujigoko_17yome.jpg


95キロの関門で写真を撮って、それを仲間のフェイスブックページに上げて自分たちがどこにいるのかを知らせようと思っていたら、そんな必要もなく大勢の仲間が関門で待っていた。感激。

そこでしばし休憩をとって、最後5キロの上り下りをこなして競技場に入っていったら、さっき関門にいた仲間が先回りして出迎えてくれていた。
「手ェつないでゴ〜ル〜!」と言われたので、言われたとおりのポーズでゴール。
ヨメと手をつないだのって何年ぶりだろ。

150419fujigoko_07.jpg

ゴールに向かって走っている時には特別な感動はかなったけど、ゴール後にみんなが近くに来て声を掛けてくれたり、ハイタッチをしたり、握手をしたり、ハグをされたりしていると実感が湧いてきた。

自分は今まで100キロという距離を走ったことがなかったので、
後半は体中が痛くなって、最後まで走ったとしても、ひん死の状態で脚を引きずるようにしてゴールするのだと想像していた。

一方でウルトラを走ったことがある人の多くは
「フルマラソン1本よりも楽」と、意味の分からない事を言う。

はたしてどちらが正解なのか。
実際に走ってみてわかったことは、
ひん死の状態で脚を引きずりながら・・ではなかったけど、
「フル1本より楽かも・・・」と思っていたのは80kまでで、
やっぱりダメージはフルマラソンよりも大きかった。

もうひとつわかったことは、
練習の数カ月間とレースの十数時間を含めて、
たくさんの人が自分を100キロ先まで連れて行ってくれたということ。

100kマラソンまで1週間

カメは生きてるけど元気はないので、太陽光の代わりになるランプを買ってきて付けてやったところ、少し活発になったみたい。
やっぱり甲羅のためにも、カメを寒さから守るためにも太陽の光が必要なのかな。
餌も食べないんですと相談したところ、カメに詳しいペットショップのお兄さんが高級な餌を無料で少し分けてくれた。あと、冷凍の赤虫も購入。これでしばらく様子見。

150412_01.jpg


夕方にご近所ラン5k。
走ってみて感じたのは、1週間前に6時間走で56k走った疲れがまだ残っているみたい。体を動かすことは続けながら、溜まった疲労を抜いていかないと。


150412_02.jpg

日曜日は桜吹雪の中を朝ラン10k。
4月に入ってから変な天気が続いて、先週はダウンを着てもおかしくないくらい
寒かったけど、ホントに暖かくなったな〜。


ランニングの後は梅田へ出て、IBSでセールをやっていたので、ちょっと面白いキャンプ用品を見つけて購入。
でへへ・・キャンプシーズンに向けて、早くも心ウキウキ状態。

150412_03.jpg


続いてワールドのエコロモキャンペーンでもらった割引券を持って大丸へ。
紳士服売場のTKとボイコットへ行きニコニコしながら近づいてきた女性の店長に
「すみませんねー。エコロモの時しか来ない客で」と言うと、
「いえいえ、今日はチケットお持ちですか?」と喜んでいる様子。
春物の服を見ながらウロウロしていると
「ちょうど今、富士山のTシャツが出てるんですよぉ」と言って
何色かのTシャツを持って来た。

ん? なんで俺が富士山という言葉に反応すると知ってるんだ?


お、いいやんコレ。これ、もらっときます。
150412_05.jpg


家に戻ってからは毎度のお仕事、溝そうじと草刈り。
意地になってやっていると腰が痛くなってしまった。
これはヤバイ・・・腰の疲労も抜かないと・・。

150412_06.jpg

というわけで、
チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンまで
あと1週間。

| ホーム |


 BLOG TOP