にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

おいし過ぎる1日

今日は京都の友達の事務所までサイクリング。
しかもいつものサイクリングではなく、ヨメの初ロングライド。
うちの家から友達んちまでは片道36km。
いっぱしの自転車乗りは150kmくらい走ってもロングライドとは
言わないらしいけど、ロードバイクを買ってからまだ数十キロしか
走っていないヨメにとって往復72kmの行程はれっきとしたロングライド。

8時半を回ってから家を出発し、JR茨木駅を抜け、阪急茨木市駅を超え、
1車線の道路をクルマにこすられそうになりながら
10km先の枚方大橋まで走ると、そこへ友達が迎えに来てくれていた。

そのからはアブナイ車道じゃないので、もう安心。
淀川の河川敷の道を3人で、
時々は写真を撮ったりしながらゆっくりとサイクリング。

080927sycling00.jpg
暑い夏もいつの間にかどこかに行ってしまって、
自転車で出かけるにはもってこいの気持ちいい季節がやってきた。
涼しくて湿度も低いし、汗もかかないし、空は青いし、
1週間前に犬と衝突して空へ吹っ飛んで血を流した道とは思えないくらい
走っていて気持ちがいい。
誰にとっても気持ちのいい季節だから、
どこを走っていてもサイクリストとたくさんすれ違う。

途中からは桂川サイクリングロードに入り、
心地よくペダルを漕いでいるうちに京都市内の友達宅に無事到着。

080927sycling02.jpg


そして、単なるサイクリングの予定だったのが、
ここから今日のグルメな1日が始まるのであった。

まず友達の実家がうどん屋さんと和菓子屋さんをされているということで、
昼ご飯はうどんをいただくことに。
メニューをずら~っと見ながら、ニシンそばとカレーうどんに気持ちを引かれ、
悩んだあげくにカレーうどんを注文。
カレーのルーはタマネギや肉や青ネギが溶けずに形として残っていて、
ほどよい辛さとほどよいトロトロ感。
それがうどんにたっぷりからまって、ほんとにおいしい。

080927sycling04.jpg

他のお客さんが食べているお赤飯もおいしそうに見えたので
(人が食べていると欲しくなる。子供か!)
それもお願いしたら、それもまたいかにも赤飯らし~い味がして
おいしい。カレーうどんと赤飯って、合わないようだけど
食べていてぜんぜんおかしくなかった。

080927sycling05.jpg

この家業はおじいさんの代から続いているらしく、
店も古くて懐かしい雰囲気だけど、味も年季が入っているって感じ。

080927sycling03.jpg

実はこのお店の名物は「ひやしあめ」で、
島田紳介さんが子供の頃からよく飲んでいて、テレビにも紹介されていた。
それを飲まずに帰ることなど考えられず、当然のように注文すると、
ビールのジョッキみたいなグラスに冷えたひやしあめが出てきた。

080927sycling06.jpg

ん~~~~~。この味、なつかし~~~。
冷たくて、ショウガの味が効いていて、
夏のクソ暑い日にまた飲ませてもらいたくなった。

お昼ご飯を堪能して表に出ると、今度は甘党を挑発するかのように
陳列ケースに和菓子が並んでいた。
そっか、和菓子屋さんもされてるんだった。
和菓子好きとしては行っとかなアカンやろってわけで、
おはぎを買わせてもらった。
小豆のあんこの、いわゆる「おはぎ」。
それときな粉のおはぎ。
あと、注文していないのに月見団子も入れていただいて、
250円しか受け取られなかった。
カレーうどんとお赤飯が入ったお腹に入れてもしつこくないくらいの
ちょうどいい甘さで、これまためちゃウマ。

080927sycling07.jpg

今日のお昼ご飯とデザートは、満足度100%。シアワセ~。

サイクリングのあとに満腹の昼ご飯ですっかり眠たくなったけど、
ヨメを連れて帰らないといけないので、またバイクにまたがって
来た道を逆行。
初めての70キロ超えはヨメにとってもダメージが小さくなかったようで、
家に帰ったらけっこう疲れていた。
でも、それ以上にとっても気持ちよかったらしい。
ヨカッタ、ヨカッタ。自転車買ってヨカッタ。

しかし、今夜の我が家にはそれだけでは終わらない、
あらたな感動を届けてくれる食材が待っていたのだ。

それは、な、な、なんと、国産黒毛和牛のすき焼き用霜降り肉。
これはきのう、ある方からいただいたもの。
こんな、見ただけでは値段の見当もつかないような肉を
自分のお金で買うなんて一生あり得ない。

だいたい、赤い部分は赤い固まりになっていて白い部分は白い固まりになっている肉を食べ慣れている我が家にとって、赤い部分と白い部分が混ざりあって模様になっている肉の味を想像するには、食に対する経験が不足している。

080927sycling08.jpg

どんな味がするんやろうね~と言いながらすき焼きにして食べてみた。
   ・
   ・
   ・
なんだこりゃ。肉じゃないものを食べているみたい・・・。
肉じゃなくて、甘くて柔らかいスイーツを食べているような感覚。

「舌の上で溶けるような肉」というのはこのことか・・・。

血糖値がなんだ!尿酸値がなんだ!
今日1日で食べたものは、どれもおいし過ぎるぞ~。

でもあまり美味しいものを食べると次からランクを
落とせないらしいので、今日1日で食べたものの味が、あしたの朝
目が覚めたときにはどうか(ある程度)忘れてますように・・・。

<< ターシャの世界 | ホーム | 飲まず食わず >>


コメント

お疲れさまでした~

拙い(←つたないって稚拙の拙って字なのね)先導で
スミマセンでした。
ボクも楽しませてもらいました。

走ってるところの写真の加工が
休日出勤の仕事中に作ったって感じがします。

おうどんの宣伝までしてもらって・・・
ウチのような店(饅頭とうどんを売ってる店)の究極の注文は
『きつねうどんと赤飯』だと以前友達と話していました。
店に入るなりメニューも見ずに
『きつねうどんと赤飯頂戴!』っていう客は本物だと。
強面の肉体労働者のお客さんはこのせりふを言う人が多いです。

我が家では『赤い部分と白い部分が混ざりあって模様になっている肉』ばっかりですよ!
食べ飽きました!
でも、すき焼きには向かないんじゃないですか?
確か、合い挽きミンチって名前ですが・・・(超~笑)

うわぁ~惜しい!カウンター05554やったょ~
中途半端~~~

また、みんなで走りに行きましょう!

ごちそうさまでした

Frankさん
拙い←私はこの字を「まずい」と読んでました。
スポーツ新聞でよく「拙攻」とか「拙い守備」という使い方をされていたので。

「きつねうどんと赤飯頂戴」ですか。今度そういうお店に入った時はそう注文してみます。でもFrankさんのお店に行く時は、今度は丼物などいただいてみたいな、などと思ったりなんか。

ヨメはきのう、白いタイヤを洗ったらしいです。サイクリングをしてみて、ますます愛着がわいてきたんでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP