にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

山口監督講演会

山口良治氏講演会
10月18日 茨木市民会館(無料)

これをバス停のポスターで見かけてから、この日が来るのが楽しみだった。
山口良治さんといえば、今は伏見工業高校ラグビー部総監督で、
プロジェクトXでドキュメントを見た時も感動したし、
この人をモデルにした「スクール・ウォーズ」というドラマを見た時も
最終回の全国優勝のシーンでは泣いてしまった。

講演会はきのうの午後2時半から。
午前中に勝尾寺まで走った疲れもなんのその、
シャワーを浴びて昼メシを食って、午後からすぐに
市民会館へ向かった。

2時半の開演に対して、1時15分に行ってみると、
市民会館の受付にはなにやら警察官が数人、それと背広の胸に花をつけた
来賓らしき年配の人たちがいたり、なにかちょっと予想と違う雰囲気・・。

受付で「講演を聞きに来たんですけど」と言うと
「一般の方でっか?それともボーハンの・・」

ボーハン???
意味が分からないので「一般です」と答えて
名前を記入すると、いかつい男の人が「記念品です」と言って
紙袋を渡してくれた。
中身は、災害用みたいな懐中電灯、振り込め詐欺に注意しましょうという
チラシ、「創立60周年記念 茨木防犯協会」と書いた手ぬぐい、プログラム。

・・・・・山口監督の講演会かと思っていたら、
茨木防犯協会主催の市民大会だった。
そんなのポスターには書いてなかったぞ~。

市民会館のホールに入ると、舞台にはまだ幕が下りていた。
幕に「ナショナルカラーテレビ」と「そごう」の刺しゅう。
なんだかとっても時代を感じる。

081018yamagiti01.jpg

2時半に司会者が出てきて今日の内容を説明したあと、
まずオープニングは大阪府警生活安全指導班からの
振り込め詐欺についての注意。
退屈やな~と思って見ていると、
これが警察官と詐欺師のコントになっていて、意外と楽しめた。

そしていよいよ幕が上がると、
ジャジャ~ン、何の記念式典かと思うようなこんな大層な舞台が。

081018yamagiti02.jpg

まず防犯協会会長の挨拶、続いて市長の挨拶、
市議会議長の挨拶、警察署長の挨拶・・・・・山口監督の講演は
かなり後になるんだということをハッキリと覚悟させられた。

一連の挨拶や感謝状の贈呈式などの次に控えていたのは
吹奏楽の演奏。
もうそんなのはいいから、早く講演やってよ~って気分。

ところが、舞台に出てきた向陽台高校ウインドバンドの演奏は、
とんでもなく素晴らしいものだった。

081018yamagiti03.jpg

昔は母校が吹奏楽で大阪府で優勝していたり、大人になってからも
消防署や警察署の音楽隊の演奏を聴く機会も何度かあったので
耳は多少肥えてるつもりでいたけど、
こんなウマイ演奏は久しぶりに聴いた。

最初は秋にちなんだ曲をメドレーで。
2曲目が「崖の上のポニョ」。
3曲目が「イッツ・ア・スモール・ワールド」。
この曲を聴いている時なんて、三宮のそごうの2階の入口から
イッツ・ア・スモール・ワールド時計が無くなったことがやけに寂しく思えて
涙が出そうになったくらい。
こんな演奏を無料で聴かせてもらっていいのかと思うほど感動させられた。

あとで司会者が紹介していたけど、
このバンドは全国大会で10回の金賞を受賞していて、
今年はフランスからも招待されているらしい。
どうりで人を感動させるほどの演奏をするはずだ・・・。

なんか、どんどん予定外の防犯市民大会にハマっていく自分。

そしていよいよ、3時半頃になって山口良治氏の登場。
「信は力なり」という演題で約1時間半の講演だった。

午前中の勝尾寺ランの疲れもあるけど、寝てしまったら山口監督の鉄拳が
飛んでくるんじゃないかとちょっぴり緊張していたら、
寝てしまう心配は無用なくらい引き込まれる話だった。

081018yamagiti04.jpg

しゃべりが上手で、自分の小さい頃からの生い立ちや、
伏見工業へ赴任してからの話などを、青少年の育成にからめて
無駄なく話が進んでいく。
話しの内容が面白くてケラケラといっぱい笑わせてもらいながらも、
内容としては心打たれるような話ばかりで、
どんなことがあっても子供を見捨てない熱血指導の人生に感動させられた。

その中でも心に残った言葉は、

「自分と同じように人のことを思いやれる心を子供に持たせてやる」

「いいか悪いか、できるかできないか、その選別が教育じゃない」

「子供は何も悪くない。すべて大人の問題だ」

などなど。


いや~、いいイベントだったな~。
防犯協会の皆さん、ほんとにありがとうございました。
・・と、終わってみたらすっかり感謝している。


今日は朝からランニングに出かけて、きのうの疲れで足が重たくて重たくて
5kのコースを1周して終わろうと思っていたのに、
山口監督の言葉を思い出してしまったためにもう1周行ってしもた。
やっぱりすごい人だ。

<< お友だち発見 | ホーム | 10kmの上り >>


コメント

心にストンっときます(^^)

なんだか良く分からないままの講演(式典)でしたね、、、
でも、最終的には良かったですネ(*^_^*)
ワタシ的にも山口監督の・・・
「いいか悪いか、できるかできないか、その選別が教育じゃない」
「子供は何も悪くない。すべて大人の問題だ」
とっても心が引き締まりましたっっ^_^;
そのとおりです。。。
わかっていながらも
ついついごまかそうとしてる自分がいます、、、
これではいけませんねっっ(^_^;)

いいお話しでした

GORIKKOさん
この講演会、録音して保存しておけばよかったなって思います。
子供は、悪いことだと分かって悪さをしてるのに、それを注意してくれる人もいないというのは子供にとってすごく寂しいことだと言われてました。
何かに気づかせてくれるひと言があるだけで、子供たちは大きく変わるともおっしゃってました。
子供に向けている目がすごく優しくて、とてもいいお話しでしたよ。

ボーハンで…

マコトさん、体型がしっかりして色黒やし…
ボーハンで!って言っても、通れそうですね~!
その場合、お土産が違うのかが とっても気になります。(*o☆)\バキッ !!

山口先生の話しは、聞いてみたいです。
あっしも行きたかった~!
ボーハンで…(*o☆)\バキッ !!

熱い人です

Ryuさん
山口監督は会場を笑わせながらも、恩人から優しい言葉を掛けられた思い出を話されてる時は涙ぐんではりました。ほんと、ハートの熱い、いい人だなと思います。
山口監督の奥さんのご実家が茨木市らしいので、また何年か先にも講演の機会があるかもしれませんし、その時はお知らせしますね。
Ryuさんはたぶんボーハンの受付に案内されると思いますけど・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP