にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

2008ホノルルマラソン

去年のホノルルマラソンは何度も雨が降って
寒くて大変だったと聞いていたけど、なんと今年も雨だった。

日本を出る前に天気予報を確認したら「雨」になっていたので
ある程度は予想はしていた。
実際、飛行機が着陸する時に上空から見ていると、ゴルフ場や道路に
水たまりがいっぱいできていた。到着した日の夕方なんて
台風が来たのかというくらい、街の中を雨が真横に降っていた。

天気予報に反して、マラソンのスタートまでの時間は
雲が割れて星が見えたりしていたし、夜が雲に覆われていたせいで、
気温も下がらず、けっこう暖かかった。
ところがスタートして5分もしないうちに強い雨。
走る気をなくすくらいの大量の雨が頭の上から降ってきた。

水が多い道路ではクチャクチャと足下から音が聞こえてくるし、
帽子のひさしからも水がぽたぽたと落ちてくる。

2時間くらいたってようやく雨もやみ、青空が出て陽も差し始め、
後半になってからはホノルルマラソンらしい景色の中を
走ることができた。
せっかく来たんだし、やっぱりこうでなくっちゃ。

雨が降ろうと陽が差そうと、走っている時は
初フルの時はこのあたりまでヨメと一緒に走ったな、
初フルの時はここでチアリーダーのお姉ちゃんが
踊りながら応援してくれていたな、
初フルの時はこのあたりまで走ってきたら夜が明けたな、
初フルの時はこのあたりで膝や足の裏が痛くなったな、
初フルの時はこのへんを泣きながら走ってたな、
初フルの時は・・・、初フルの時は・・・、初フルの時は・・・、

やっぱり初めてフルを走った時のことって、
2年たった今でも鮮明に記憶に残っている。


今回はスタートから30kmまではヨメと走り、
30kmから40kmまではハ○ちゃんと走り、
40kmからゴールまでは初フルの従業員と一緒に走った。

まあみんな、「俺にはこんな根性はないぞ」って思えるくらい、
気持ちのしっかりした走りだった。
特に、足が痛くなってきたり、失速し始めてからの走りは
横や後ろから見ていて感動的だった。

人と一緒に走るのって、その人の懸命な姿を見ながら走るので
苦しみや喜びまでライブに共有できるようで、すごく感動できる。

最後の2kmは特に感動的だった。
ダイヤモンドヘッドを上りきる手前で合流した時点で、
従業員は泣きながら走っていた。

どのあたりから苦しかったんだろう。
雨が降ってた時は、気持ちがメゲたやろな~と想像しながら
「よう頑張ったなー」と何度も励まして並走する。

短パンが擦れて、足から血が出ていた。
あと2kmといっても、本人は死にそうな気持ちで走ってるから
めちゃめちゃ長い。
最後の長い坂をゆっくりゆっくり下り、
カピオラニ公園に入ったあたりから沿道の応援の数も増えてくる。
それでもゴールはまだ遠い。

公園の中をしばらく走ると、遠くの方にゴールゲートが見えた。
でも、見えていながらゴールはなかなか近づいてこない。

だんだんとフィニッシュゲートの文字が読めるくらいになってきた。

「FINISHって書いてあんの、見えるか!?」

「はい!」と泣きながら答える。

「あれがゴールやからな」と言おうとして、
「あれが」と言ったまま涙が出てきて続きが言えなかった。

ゴールした後も、「長かった・・・」と言いながら彼女は
ずっと泣いていた。

4時間58分。
タイムも立派だけど、ゴールしたことに値打ちがある。


今回はみんなと一緒に走って、自分だけで走ることでは味わえない
マラソンの感動をまたひとつ感じることができたような気が・・・。

081214honolulu06.jpg

081214honolulu05.jpg

081214honolulu04.jpg

081214honolulu03.jpg

081214honolulu02.jpg

081214honolulu01.jpg

<< ハワイがくれたもの | ホーム | ハワイへ行く前に・・・ >>


コメント

素晴らしい!!

感動の涙は
頑張った人にだけ神様が与えてくださる
貴重な汗なんです。

ええコメントやなぁ~。
神様~こんなに頑張ってるんやし
宝くじ当ててぇ~。。。

余裕、ですね!

まずは、皆さん、完走おめでとうございます!!
今回のホノルルマラソンブログを読んでいて、まず思ったのは、もう、まことさん余裕のよっちゃん、上級者の視線だなぁ、と。
Frankさんも書いてはりますけど、
がんばった人には、ちゃんと感動というごほうびがあるんですね。
日々を無為に過ごしている私には、ほど遠い世界です。

2回目のホノルル

Frankさんが仰る通り、ほんとに余裕が感じられますね。雨もあがり、素晴らしいゴールができてよかったです。初フルの従業員さんもゴールの感動をしっかりと感じられたのですね。よかった。何だか今回のまことさんは、感動の伝道師みたいですね。んふ。

美味しいものたっぷり食べて、身体を休めてください。ハワイの美味しいもの報告も待ってま~す。

大感動でした

Frankさん
感動の涙は 頑張った人にだけ神様が与えてくださる 貴重な汗・・
ええ言葉やなー。
それを宝くじに置き換えて考える人の言葉とは思えないくらい。
でも確かに、みんなそれぞれに汗をかいてきたのを知っていたから、
一緒に走っていてこっちも感動しました。

dekoさん
ぜんぜん余裕じゃないんです。最近は練習も少なかったからか、
膝は痛くなってくるわ、足は動かなくなるわ、
30km以降もヨメと走っていたら、たぶん私はヨメにちぎられていたでしょう。

京丸さん
うちの従業員は、1年間頑張ってきたから、そして本番がとても苦しかったから、だから感動が大きかったんだと思います。
ホノルルマラソンは、ろくに練習もしてこずに10km過ぎから歩いている日本人が何千人もいますが、彼らはゴールまでの地獄は味わいますがゴール後の感動を手にできるかどうかは疑問です。
レースが終わってからは、グルメ&ショッピングを楽しんでまーす。

雨の中のホノルル、お疲れ様でした。途中のイルミネーション 本当にきれいですよね。私もまた ホノルルを走ってみたくなりました。

いいなぁ~~

みなさん、完走おめでとうございます。
仲間で走るのもいいものなんですね^^
読んでると、またホノルル行きたくなります♪

今年も雨だったんですね
やっぱりいきた~~い♪


感激ですね

みなさん完走おめでとうございます
特に初フルの従業員さんは素晴らしい! 
んでORAOさんもご一緒だったのですね
RWSのブログにも まことさん写ってました(^0^) 
それにしてもブログ更新は帰国されてからかな?
と思ってましたが さすが!仕事が早いっ!!

お疲れ様でした

なにはともあれ、無事ゴールできて何よりです。
おめでとうございます。
従業員さんよく頑張りましたね。感動しました。
いいもんですね~、頑張ってきた人だけが味わえる感動。なるほどです。
私もがんばらにゃ~って気になりました。


イイ涙ですね~

皆さんホノルルマラソン完走
おめでとうございます\(^o^)/

やっぱり感動ですね。。。
案の定、涙腺の弱い私はもらい泣き。。。
なんだか話の中に勝手に入り込んでました(^_^;)

今頃は皆さんでワイハをエンジョイしてはるんでしょうね~♪♪♪

逆さにしたらヌードになっちゃうボールペン楽しみにしてます(^^)v
主人には・・・触るとビキニの金髪のお姉ちゃんがヌードになっちゃうトランプでイイですよ(^^)/~~~

アロ~ハ~

ミキチィさん
雨の予報だったのでデジカメをビニール袋に入れて走りました。
クリスマスのイルミネーションはきれいですが、
雨が降っている時は応援の人も少なかったです。
でもやっぱり、ホノルルマラソンは独特の雰囲気がありますね。

ふる~つさん
雨は強かったですけど、寒くはなかったので、
去年の方が辛かったと思いますよ。
たぶん強烈な雨男か雨女が2年連続で出場してたんでしょうね。

らんらんさん
本業は遅いけど、こういう仕事は速いよ~。
oraoさんは初めてのハワイ(しっ!秘密ですよ~。何度もホノルルマラソンに出たことがあるような顔で仕事されてますから・・・って、もう遅い?)なんですが、すっかりこの島にハマってしまってます。

muraPさん
辛いからこそ、初フルは楽しそうなホノルルで、って思う人が
多いんだと思います。
フルマラソンは、誰ひとりとして楽にはゴールできないから、
だから感動するんでしょうね。
でもmuraPさんは今は頑張らないでくださいね。
安静に。安静に。

GORIKKOさん
従業員はよく頑張りました。
ま、その反動で翌日からはすっかりはじけてますけどね。
まわりは外人ばかりなのに、相手が誰であろうとおかまいなしに
ハキハキした日本語でしゃべりまくってます。
お土産、年明けにお会いした時に渡しますね。
金髪ヌードは目の前だー!

お土産は

頭下げたら、ヌードになってくれる
金髪のお姉ちゃん!でいいです。

了解

Frankさん
人のコメントにわざわざボケてくれる、そのプロ根性が好きです。
わかりました。ひとり買って帰ります。ってそれ、人身売買でしょ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP