にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

父の一周忌

18日は父の命日。
あれからもう1年も経ったなんて信じられない。
18日に日付が変わってすぐに息をひきとって、
19日のお通夜と20日の葬儀はどちらも雨。
特に19日は、弔問に来てもらうのも気の毒に思えるくらいのドシャ降り。
それが一番印象に残っている。

きのうお寺さんに来てもらってお経を上げてもらったので、
今日は仏壇に線香を立てて手を合わせるだけにして出勤した。
仏壇の前には、小さな器に盛ったおかずや果物が飾られてあった。
20日は親戚に集まってもらって墓参り。

ここ最近、一周忌関連でいろんな連絡や手配はしてみたものの、
実のところ、そういう儀式にはあまり積極的にはなれない。
というか、自分自身の中に、そういう事をきちんとしないといけないという
意識が薄い。
言い換えれば、自分の中では、生きてる間に何をしてやるかが大事であって、
死んでから何をするかということについては、ほんとに興味がない。

今さら何をしてやっても、父は死んでしまったわけだから。
線香を上げたからといって病気が治るわけでなし、
お祈りをしたからといって車椅子に座っていた父が歩けるようになるわけでなし。

そんなことを考えながら、今日は命日だけど夜は大阪城公園で走った。
運動をしていると余計に、父は死んで自分は生きているということを
強く感じた。

<< 山形の笹巻 | ホーム | スノーシュー体験 >>


コメント

お父様の一周忌に、
ささやかなことばをお贈りいたします。
(「CIPHER」というコミックスからの抜粋ですけど)

死んだっていう
事実にだんだん慣れてきて
いないのが
あたりまえになってくる

遠くの街に
住んでるのと
同じ感覚さ
忘れていられるようになるんだ

でも
ふいに思いおこしたときに
昔と全く変わらず
いや――
より深くとさえ思えるよ
愛してる自分に気づくんだ

悲しみや後悔
怒りなんかは
ゆっくり時間に洗い流されていって
やがて愛情だけが残るんだ


dekoさん
ありがとうございます。
深いですね、この言葉。
共感する部分もあるし、私はまだ1年なのでよくわからない部分もあります。
父がいない生活に慣れてしまったような気もするし、
でもどこか他人事のような、変な感じです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP