にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

劇団四季のオペラ座の怪人は

「劇団四季のオペラ座の怪人はすごいらしい。」
このコピーはとってもうまいコピーだと思う。
なぜなら、客を呼べるコピーだから。
そして、観終わった人を裏切らないコピーだから。

この宣伝文句に惹かれて観に行ったのが20年前。

その時は【ファントム役=市村正規】という時代だった。
場所はたしか上本町の近鉄劇場だったような。

そして今日、20年ぶり2度目のオペラ座の怪人を
大阪四季劇場で観てきた。

090419shiki.jpg
↑会場入口の柱は、舞台の輪郭と仮面と薔薇の電飾ポスターになっている。
けっして怪人がチュッパチャプスをなめているのではない。

さて5時半に開演したあとは、
舞台のリアル感と音楽の迫力、オペラの声量、
(休憩を除いて)2時間強のミュージカルは
最初から最後まで圧倒され通しだった。

090419operaza.jpg
↑パンフレットより

場面の切換えや、同じ場面の中での装置の動きが、いったいどんな
しかけになってるんだろうと思うくらい立体的に変化していって、
舞台を観てるんだけど、どこか映像を見ているような、
そんな不思議な空間と言ったらいいのか・・・・
うま言えないけど、演出と視覚効果と、目の前の人間の生の演技にすっかり
心を奪われたような状態で、舞台が終わったあとも拍手する手の動きを
止められなかった。

やっぱり、劇団四季のオペラ座の怪人はすごい。

<< 2度目の試走 | ホーム | 週刊文鳥 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP