にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

グラン・トリノはいい映画

レイトショーで「グラン・トリノ」という映画を観てきた。
実は「ミリオンダラーベイビー」も「硫黄島からの手紙」も
「チェンジリング」も観ていなくて、クリント・イーストウッド監督の
作品に触れるのは今回が初めて。

090426grandtrino.jpg

クリント・イーストウッドというと、自分にとっては映画監督というよりも
「夕日のガンマン」とかの西部劇のヒーローだった。
小学生の頃、映画好きの父と「○曜ロードショー」とかをテレビで観ていた頃、
スティーブ・マックィーンやロバート・レッドフォード、アラン・ドロンなどと
同じくらい、クリント・イーストウッドもよく出ていた。

今日の映画「グラン・トリノ」には、夕日のガンマンがそのまま年をとったような
正義感があって、一匹狼で、かっこいい男が描かれていた。

みっともない現代人と骨のある男。
国籍や肌の色が違う者同士が仲良くしたり理解し合ったりなんてことを
まったく受け入れるつもりもない、差別感情の強い老人。
日本車ばかりが売れるアメリカで、埋もれずに存在感を放つ
「グラン・トリノ」という名のフォードのビンテージ・カー。
そのコントラストが強く描かれていて、
そんな中で人間愛が心の中まで伝わってきて、
どんなふうに生きてきたらこんないい映画を作れるんだろう。

パンフレットには

「男の人生は最後で決まる」

「俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。
少年は知らなかった、人生の始め方を。」

っていうコピーが書いてあった。
ふむ、ふむ、なるほどな。

映画が終わったあと、最近の映画では珍しいくらい、
すぐに席を立つ人が少なかった。
きっとたくさんの人の心にジーンと何かが伝わったに違いない。

「ラスト・サムライ」を観終わった時と同じように
「男の生きざまはこうでなくっちゃ」と感じる映画だった。

よかった。自分が硬派な男で。(←ツッコミご容赦)

<< コナミとコゴミ | ホーム | 人によく出会う日 >>


コメント

初めまして

グラン・トリノ自分も見ました。キャッチコピーが良かったですね。終わり方はなんとなく予想できたんですが、やっぱ感動しました。

私も感動しました

丸場盆山さん
初めまして。ブログ拝見しました。
3カ月で200本以上ですか。めちゃくちゃたくさん映画を
観られてるんですね。
そんな人が「これは好き」とおっしゃるくらいだから、
やっぱりいい映画なんでしょうね。
終わり方は、ある意味予想できましたが、ある意味予想を裏切られました。チンピラ達の恐怖心を逆手にとった作戦でしたね。しかも誰にも真似できない、勇敢で男らしい方法で。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP