にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

自転車で本番のコースを試走

水都大阪100kmウルトラマラニックまで2週間。
連日、朝から夜まで準備の作業が続けられていて、
土曜日もヨメが作業に行くのに自分も一緒に森ノ宮に行き、
何人かの人が頭を付き合わせて知恵を絞っている間、
自分ひとりだけ大阪城公園に走りに行かせてもらった。
(なんちゅー奴)

やっぱり夜に走るのと、真夏日の昼間に走るのとではぜんぜん違う。
走り始めてすぐにやめようかと思ったくらい
高い気温と強い日差しに簡単にメゲそうになった。

最後は梅林坂を上っている時の歩幅が情けないくらい短くなって、
ヒョロヒョロになりながらもなんとか18kをランニング。

今の自分にとっては、たとえゆっくりのペースであっても
18kをちゃんと走るとかなりのダメージを受けてしまう。
走り終わると、ストレッチをしたり、信号待ちをしたり、服を着替えたり、
そんななんでもない時にも足の一部が痙攣し始める。
ヤバイと思って筋肉を伸ばすと、今度は反対側の肉がキューっと縮んで
イタタタとなる。たった18kを、しかもゆっくり走っただけなのに・・。


走り終わったあとはみんなに混じって、
大会当日の人の配置やパートごとのタイムスケジュールをまとめたエクセルの
表の体裁を整える作業をした。
こんな補佐的な作業でも、何もしないよりはましだろうと思って。

その日の作業の終了も案の定、11時を回っていた。
みんな、自分の会社で仕事しているよりも、こっちに費やしている時間の方が
長いんじゃないの????って思ってしまう。


明けて今日日曜日。
それぞれが自分の担当のエイドの場所や付近の交通などを
チェックしている時、我々自転車部隊は、実際のコースをもう一度
試走してみることにした。

090510bike.jpg

大会当日、責任をもって先導するためにも
細かい分岐も含めて正確にコースを覚えておかないといけない。

人生の道は多少間違えても、
ランナーの走る道を間違えるわけにはいかないし。

大阪城公園の青屋門のスタート地点を出発し、大川沿いを走り、
淀川へ出て枚方、そこから戻って十三、さらに天神橋、そしてまた大阪城。
そのルートの中で、分岐点の確認、折り返し地点や、5kごとに設置される
エイドの場所、車止めの場所の確認、それを開けるための鍵の照合、
などなど、1カ所ずつチェックしながら自転車で80kを走行してきた。

きのうに続いて今日もヒョロヒョロに疲れとるぞー、このカラダ。
これではイカン。本番までにもっと体力をつけないと。

今日は淀川の河川敷を走りながらとってもきれいな場所を発見。
過去の試走の時にはなかったけど、
淀川北岸の長柄橋から十三大橋の間に、
こんなにきれいに花が咲いている場所があった。

090510flower.jpg

2週間先まで咲いていてくれるかな~。咲いていてほしいな~。

<< ぼちぼちスイム | ホーム | ホイールを替えて >>


コメント

ご苦労様です。

普段レースに出ても、
自分の結果にしか目がいきませんが、
こうしてスタッフに人の話しを聞くと
裏方さんのご苦労が分かり
レースへの思いも変わりますね。
頑張ってください。



いろんな大会のスタッフに感謝です

私もそう思います。
Frank*さんは淀川の車止めの多さをご存知ですが、
コース上だけではなく、一般道から土手を越えて河川敷に入ってくる道にも車止めのゲートがあったりしますよね。
そのひとつひとつが違う鍵になっているのでそれを照合しないといけないし、それぞれについて国土交通省の出張所や、近畿運輸局の各公園管理事務所に申請が必要なんです。
物資を搬入するクルマについても、すべての車両のナンバーを届け出ないといけないです。
車止めひとつとってもこのありさまですから、大会全体を見渡すと準備業務は膨大です。
私もそのスタッフとして参加させてもらって初めて、運営スタッフは想像以上に大変なんだということがわかりました。
これから自分がレースに出る時は、おじぎしてから会場に入ろかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP