にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

びわこトライアスロン

今シーズン最初のトライアスロンのレース。

スイム600m、バイク22k、ラン7k。

距離が短いから完走も難しくないし、カラダも楽だろうと思っていたら
トンデモナイ間違いで、短い距離なりにガンガン行っちゃうので
めちゃくちゃカラダにダメージが残った。
なめたらいかんぜ、トライアスロンを。

今回は仲間と6人で申し込んだのに、4人落選の1人キャンセル。
出場するのは自分1人だけ。

さびしィ~~と思っていたら、知らない間に応援に来る人が増えて
結局7人がクルマ2台で滋賀県に向かった。
前日は全員がうちの家に泊まって
大阪式カーボローディングのお好み焼き、
&(睡眠時間が短くなるのも気にせず)ビールで前夜祭。

午前4時に起きて出発し、琵琶湖畔の会場に着いたのが5時50分。
最初は人もまばらだったのが続々とバイクを積んだクルマが到着し、
だんだんとトライアスロンっぽい華やかな雰囲気に包まれだした。

6時半から受付のあと、7時45分頃から開会式と競技説明があり、
バイク→ランのトランジションエリアにランニングシューズやキャップを
セットしたあと、バイクで2.6km離れた海岸へ移動して、
スイム会場にあるスイム→バイクのトランジションエリアに
バイクをセットする。
この大会はトランジションエリアが2カ所に別れているのだ。

090705biwako01.jpg

090705biwako02.jpg

こういう場合、選手はまだしも、応援する人が大変だ。
全部のパートを応援しようと思ったら2.6kmを往復しないといけない。

スイムエリアでウエットスーツを着てスイムチェックを受け、水に入る。
水温は低くない。透明度もそこそこ高い。でも水の中は藻がいっぱい。
底の砂から水面に向かって無数の藻が生えている。

090705biwako03.jpg

090705biwako04.jpg

9時、全員で雄叫びをあげたあと、スイムがスタートした。
この大会は90人ずつのウエーブスタートなので、エグいほどのバトルはない。
もちろん多少は人が上に乗ってきたり手や足がカラダに当たったりするけど、
そんなのは想定の範囲内。

去年の中島で溺れかけた経験を生かして、今回は極めて冷静にスタート。
前回は雰囲気に呑まれて短距離のような泳ぎをしてしまったけど、
今回は(今から自分は600mを泳ぐ)ということを忘れないで
ペースを間違わないようにしたら、頭痛も呼吸難も起きなかった。

腕をかいて泳いでいると、まわりの人も邪魔だけど、
問題は水中の藻・・・。
これが腕にからまったり首に巻き付いたり腕時計に引っかかったり、
まるで藻でできたカーテンの中を泳いでいるみたい。

それでも大きなトラブルもなく泳ぎきり、浅瀬で立ち上がって
湖から出てくると、藻がカラダにタスキがけにからまっている。
・・・ったく、半魚人が陸に上がってきたんじゃないんだから・・。

それを払い落としてバイクトランジションへ向かって走っていると、
息がゼエゼエ言ってる。
落ち着いて泳いでいたようでもけっこう突っ込んでたんだ。

090705biwako05.jpg

自分のバイクの場所に向かって海岸を走っていると、
前にあまり人がいなかった。
トランジションにもほぼすべてのバイクが残っている。
スイムは(前半スタートの組では)上位で上がってきたのかも。

トランジションでウエットを脱いで、ゼッケンを腰に巻きヘルメットをかぶる。
前日の夜に、カーボショッツと水を分けて入れることができるボトルに
それぞれを入れ、みんなに「このボトル、スグレもんやねん」と解説まで
していたのに、・・・アホな俺は家の冷蔵庫に忘れてきた。
入念に準備したことのひとつがまったく無意味に。

バイクに差してあるのはスポーツドリンクの粉を混ぜた水。
それとパワージェルがひとつ。それをグチュと飲んでからバイクにまたがり、
スタートした。

前回もそうだったけど、スイムからバイクに変わる時は、
スピードにギャップがあるので面白い。
半分闇の中で手探りで泳いでいたのが、バイクで走り出したとたんに
視界が開けてまわりも見えるし、スピード感もぜんぜん違う。

田舎道のコースでバイクを走らせながら、あまりの気持ちよさに
「トライアスロンはやめられへんな~」と思った。

でも、BUT、だがしかし、
バイクはめちゃめちゃ抜かれる。
自分にとっても一番練習が足りていないパートだというのを実感させられる。
たぶん10人以上に抜かれて、自分が抜いたのは5~6人。

最後まで、抜かれてもあきらめずに食らいついていこうと頑張った。
抜いていった選手を何人か抜き返したりもした。

自分ひとりでクルマを運転してこの大会に来ていたら、
こんなに頑張りはしなかっただろう。
やっぱり応援してくれる人が沿道で気合いを入れてくれると
カラダにスイッチが入る。

22kmという短い距離とはいえ、後半は何度もふくらはぎや足の裏が
攣りそうになった。(←これも鍛え方が足りない証拠?)
それでも、(ここで離れずについて行ったら、ぜったいランで巻き返せる)と
信じてペダルを漕いだ。

090705biwako06.jpg

周回コースの折り返し付近ではたくさんの人が沿道に並んでいて、
その中には仲間の姿も見えたし、声もはっきり聞こえた。

バイクのコースを3周したあと、ランニングシューズに履き替えて
ランがスタートした。
さあ行くゾ!
と走り出したけど、・・・あれ?・・・ふくらはぎが攣りそう。
うそでしょ。まだほとんど走ってないのに。

毎度のことながら、ランのスタート時点ではもう体内のエネルギーが
かなり消耗していて、ストライドも短いし、最初から息も上がっている。
ウルトラマンのカラータイマーが自分の胸に付いていたら
点滅しながらピコーン、ピコーンと鳴っていそうな状態。

1kmも走らないうちに1人に抜かれた。
2kmも走らないうちに、あと2人抜かれた。

ランで巻き返すんじゃなかったのか???

ま、そのうち呼吸も整って、本調子になるだろう。

トライアスロンのランパートは、レースをしているという感覚ではなく、
ただただ前を向いて、粘って走っているという感じ。

後半に入ると、ふくらはぎの違和感も消え、ストライドも伸びだした。
・・・と感じたのは自分だけで、前との距離が縮まらない。
トライアスリートって、相対的にランの練習はあまりしていないと
前回の中島大会に出てみて感じていたけど、それはまったく
自分の思い上がりだった。
弱くないと思っていたランパートで7人に抜かれた。
抜いたのは1人だけ。

ラン7kmのタイムは29分だった。
けっして遅いタイムじゃない。まわりの人がそれだけ強かったということか。
ただ、自分の走りの感覚から言うと、キロ4分そこそこで走っているような
ことはぜったいにないので、たぶん距離は7kmよりも相当短いと思う。

ゴール前やゴール地点では、またみんなが待っていてくれた。
この大会は、応援する人にとっては移動の多いコース設計だから、
みんな、応援をしてくれるために今日はかなり走っているはずだ。

ありがたいな。こんなに暑いのに。

090705biwako07.jpg

ゴールした時の達成感や喜びは、やっぱりトライアスロンならでは。
カラダの中にはエネルギーが残っていないし、スポーツドリンクを
何杯飲んでも潤わない。
距離の短いスプリントでもこんなに疲れるんだ。初めて知った。

あっという間に終わったけど、いい一日だったな。

ブログつながりの、名古屋のナリシンさんにも会えたし。

090705biwako09.jpg

ナリシンさんは初トライアスロンだったけど、そーとー面白かったみたいで、
終わってからの満ち足りた笑顔が印象的だった。
次は9月に伊良湖でお会いできるようなので、またよろしくお願いしま~す。

トライアスロンは素晴らしい。

わざわざ休日をつぶして応援に来てくれた仲間・・・・
大会を運営している人たち・・・・・、
どんな大会もそうだけど、今回も終わってみると、そんな人たちに
感謝せずにはいられない気持ちになった。

090705biwako08.jpg

<< 完走証を送っていただいてありがとうございます | ホーム | レース3日前 >>


コメント

お疲れ様でした~~!!

昨日はお会い出来て嬉しかったです~~!!
メッチャ楽しかった~~!!

伊良湖でもヨロシクお願いしま~~す!!

この方々がお仲間だったのですね?!
ボクも声援いただいたような気がします?!

有難うございました~~!

お疲れ様です
トライアスロン楽しそうですね~^^!

僕もロードレーサー買っちゃいました^^;
今週、届くと思いますので計画をたてます(トライアスロン参戦の)


お疲れ様でしたぁ~♪

ボトル、冷蔵庫に忘れちゃったんですね!
老化(ボケ)防止の為のトライアスロンだと思っていたのですが・・・
そのうち、
「あっ、今日はトライアスロンの日やったなぁ~」
なんてことの無いようにしてください。

バイクパートの練習しなきゃいけないですね。

お疲れ様でした!!

なんか読んでるだけで心拍数が上がって…筋肉痛になりそうです(^^;
スイム600m、バイク22kmの後で…4min/km代で走れるなんて…さすがです(^^)

お疲れ様です

たまたま昨日長男がサッカーのコーチに,おまえはトライアスロン向いてるぞとはっぱかけられたんだそうで(サッカーやめてそっち行けってことじゃないといいけど),「どれだけ泳いだり走ったりするの?」と聞いてきたので「たぶん2km泳いで100km漕いで10km走るんじゃないか」と答えましたが,短いのもあるんですね。
10年後くらいにうちの長男つれてってあげてください。

「今日はまことさんの大会やなぁ~・・」と思いながら
家でゴロゴロしつつも、心の中ではしっかり応援してました(笑)
ランは間違いなく速い!と思うのですが抜かれたりするんですか、
アイアンマンの方々はやっぱりタフですねぇ。

ホンマ疲れました

★ナリシンさん
この人たちは私だけじゃなく、最後の選手がゴールするまで応援していました。とってもいい人たちです。
ナリシンさんともお会いできてよかったです。
こんなふうに仲間が増えていくのもスポーツの素晴らしいところですよね。
伊良湖も楽しみましょう。

★しんさん
あ、買っちゃったんですか。
届くのが楽しみですね~。
アクアスロンをするわけだから、バイクさえ手に入ればすぐにトライアスロンにエントリーできますね。ぜひどこかでご一緒しましょう。

★Frank*さん
家の冷蔵庫を開けたらボトルがそのまま入っていました。
水は飲めばいいとして、運動もせずにカーボショッツだけ飲むのもね~・・。
次の大会までこのまま冷蔵庫で眠ったりして。
バイク、ぜひ鍛えてください。

★ふたたびシンさん
ランの距離は絶対短いです。
私の感覚では5分半~6分くらいのペースでした。
心拍は最初から最後まで上がりっぱなしでした。
種目が変わっても、ずっとハァハァ言ってました。

★びいさん
この大会は、同時開催でちびっこチャレンジというのもあって、
小学生が対象なんですが、スイム100m、バイク3.8k、ラン1.2kです。
長男君がトライアスロンに向いているのが数年前にわかっていたら参加できたのに・・・。

★muraPさんでしょ
そうだったんですか。
競技中、muraPさんの応援には気づきませんでした。
気づいたら超能力者ですけど、気づいていたらもっと粘れたのに。
ランは悔しかったですね。後ろから来た選手に抜かれても
ペースを上げることができませんでした。
長い時間カラダを動かすトレーニングをもっとしないといけないんでしょうね。

結構ランなんかエエタイムやと思うけど、みんながんばってるですよね。
天気もよかったし、写真はなかなか男前でかっこええですやん。

お疲れしたー。
いいなな・・・トライアスロン。
私もやりたいなぁ。
チャリにまたがるまことさん、カッコイイ~。

あざーす

★キンモリさん
Photo by ヨメです。
天気がよかったというのもあるでしょうけど、
トライアスロンは気持ちいいですワ~。

★すみちゃん
複合競技は、最初に前に出た人がそのまま勝ってしまうわけじゃなく、
それぞれの得意・不得意が出たりするので、それが面白いです。
すみちゃんもアクアスロンお疲れさまでした~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP