にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

トライアスロン伊良湖大会 4

気がつけば顔を前に向けて、遠くを見ながら走っている自分がいた。

暑い、疲れた、喉が渇く。
当たり前だ。トライアスロンなんだから。
ルーキーズの安仁屋ふうに言うと
あったりめーダァ。トライアスロンなんだからヨォ。


前日のカーボパーティの席で招待選手も
「私も皆さんと一緒に楽しんで苦しみます」と言っていた。

もうこうなったら折り返し地点がどれだけ遠かろうと
行って帰ってきてやる。

日差しの強いフラットな道路をしばらく走ると、
トップの谷選手とすれ違った。その200m後ろを藤原選手。
力強い走りでカッコいい。
当然ながら自分とはぜんぜんレベルが違う。

エイドが来るたびにスポドリをもらって飲む。
「首にお願いします」と言って水をかけてもらう。
氷があれば氷をもらって、口に入れたり首の後ろを冷やしたりする。


そして、こんな自分でも折り返し地点までやってきた。
大きな三角コーンをUターンする。
折り返し地点に向かって走るのと、ゴールに向かって走るのとでは
ぜんぜん気分が違う。
スピードは出ないけど、気持ちは積極的だった。

気温が高いから、エイドのボランティアがすごく忙しそう。
ランナーを熱中症や脱水症状から守ろうと、水をかけたり
ドリンクを手渡したり、みんなが必死でサポートしている。

遥か遠くに岬が見えてきた。なかなか近づいてこないけど
あそこまで行けば残りはアップダウンの5km。

このあたりまで来ると、大量のランナーが対面通行状態になっている。
道が狭いので、前の選手を抜く時に、反対方向へ走るランナーと
体が当たりそうになったりする。

時々、背中から小さなボトルを出してカーボショッツを飲む。
エイドが来るたびに水分補給と首の冷却をしてもらう。
こんなに大量の水分補給をして、こんなに何度も水を掛けてもらった
大会は今までにない。

残り5km地点まで来た。
右折して長い上りに入る。
傾斜がついたとたん、ストライドがそれまでの半分くらいになった。
前を見ると、しんどそうに何人もの人が歩いている。

ここでヘバるつもりはまったくない。

なんのために2回もトレイルに連れて行ってもらったんだ。
なんのために坂道を使って何度も何度もモモ上げの練習をしたんだ。

俺は歩かない。

俺は走る。

俺はゴールまで走る。



ゴールが近づいていると思ったら上り坂も楽しい。
一番高いところまで上がった。
ここを下って、もう一度上がって、それを下ればゴール。

下りの道で、選手をうちわであおいでいる女子高生が、
相変わらず力一杯あおいで選手に風を送っていた。
あの子、あれからずっと選手ひとりひとりをあおいでいるのか・・。
900人のランナーを行き帰りにあおいだら1800人だぞ。

「腕だるいでしょー」と声をかけたら、
「いえ、だいじょうぶです!」という返事が笑顔で返ってきた。
こんなに一生懸命、選手の力になろうとしてくれているんだ。
ぜったい頑張るどぉぉ。

坂を下り切る手前にヨメとRyuさんがいてビックリした。
もっと先にいると思っていたのに、予想より早く出現されたら
面食らうやないの。
二人の応援の声に応えて、今日一番大きな声で
「ウィーーーーーーーーッッッッス!!」と言った。

しかしその時、実は両足は攣りかけていた。
少し力を入れるだけで確実に攣ると確信できる状態だった。

090910irago01.jpg

二人の前を通り過ぎたあともRyuさんが並走する。
「もっとかかると思ってたのに、すごいええペースですやん」
と言いながら写真を撮ってはまた走る。

暑い中で長時間応援してくれたことに応えるためにも
ベストを尽くすぞ。

最後の上りに入った。
先の方に、一桁のゼッケン番号の選手が見えた。
あのゼッケン番号は、きのうのカーボパーティで紹介されていた
女子の招待選手やん。
俺、そんな人の近くを走ってるのか。

坂の上まで上り切ったら下に海が広がった。
何よりうれしかったのは、フェリーターミナルが見えたこと。
あのすぐ近くにゴールはある。

下りに入るとスピードも出る。
女子の招待選手もスピードを上げたみたいで、
あっという間に視界から消えていった。

坂を下り切って山から外へ出る。
道路に架かった歩道橋を走って渡る。
歩道橋のスロープを下る。

090910irago02.jpg

遠くの方に青いゴールゲートが見えた。
ゴールまではまだ遠いけど、
道に赤いコーンがズラーーーっと並んでランナーを誘導している。
止まらない限りゴールは近づくと信じて走ったら
ほんとにゴールに帰ってきた。

090910irago03.jpg

いつの間にかまたRyuさんが写真を撮りながら並走している。
ずっと声を出して励まし続けてくれている。
道路の右側にぎっしり人が立っている。
ヨメがいないということは、きっとゴールで待っているんだろう。

最後は走るペースも上がった。
しんどかったはずなのに、ゴールに向かって走っている時は
全身が喜びに包まれていた。


090910finish.jpg





ゴールした後、もう一度コースの方を向いて、
陸上部員のように帽子を取っておじぎをした。
今までそんなことはしたことがなかったのに。

近寄ってきたヨメに笑顔で抱きついた。Ryuさんにも抱きついた。
高校生がバスタオルを掛けてくれた。

日陰で膝をついて四つん這いになると
Ryuさんとヨメがランニングシューズの紐をほどいて脱がせてくれた。

090910irago05.jpg

シャワーを浴びて、缶ビールを買って飲んで、
氷に浸かったメロンをいっぱい食べた。
名物の熱いアサリ汁ももらった。

何をしていても、レースが終わったのが信じられなくて、
飲んだり食べたり休んだりしているのが不思議だった。

自分にはまだ、強い体と強い心が備わっていないのかもしれない。
自分にとって、今回の距離はほんとに長くて苦しかった。

でも終わった。






今日は木曜日だけど、あれ以来まったく運動をしていないし、
体の芯の疲れがまだ取れていない。

ブログを書いている間に結果がホームページで発表されていた。

4時間22分39秒
500人中83位

自分では狙ってもいなかった好タイムと好順位。

大会を運営してくださった人たちには感謝しないと。
それと、炎天下で長時間サポートしてくれた福江高校のみなさん。
それから民宿の人たちには、レースの前も、レースが終わってからも
とても親切にしてもらった。

遠いところを駆けつけて1日中気持ちを支えてくれた
Ryuさんには感謝しても感謝しきれない。
それからこの数カ月間、のべ膨大な量の短パンやTシャツや水着を
洗ってくれたヨメにも。

090910irago04.jpg

<< やっぱり課題はバイク? | ホーム | トライアスロン伊良湖大会 3 >>


コメント

ついつい・・・

今まで幾度となく騙され続けてきた人のブログなのに・・・

つい、感動してしまいました。

女子高生に声をかける度に

下心を感じてしまうような人のブログなのに・・・

つい、応援してしまいました。

お疲れ様。

ボクも頑張ろうと思いました。

ぜってー走る!

記事の方も大作になりましたね~。ここ数日、記事のUPを楽しみにしてました。
いや~凄い戦いでした。なんにしろお疲れ様です。
さすがにミドルはゴールが遠いですね。
ゴールシーンでは少しスリムになったように見えますよ。
気合の入った走り、さすがまことさんです。

感動!

まことさん
感動しました!
凄い!スゴ過です! 感動をありがとうございます!

安仁屋風に言うと「行きてぇーーんだよ ゴールに」ですね。


カンドー!!

この3日間、実は、コメントを入れるのをためらってました。
大会の実況中継のような文章に、どうコメントしても、嘘っぽくなるような気がして。

それにしても、沿道の女子高生たちに声をかける余裕があるとは。さすが、ご立派!!

自分にとことん甘い私には、こんな根性はありません。
お疲れ様でした。
仕事も、この調子でがんばってくださいね。

ゴールおめでとう!

記事の一行一行を読みながら
私も走っているような気持ちになりました。
一緒に苦しくなってるような気持ちになりました。

がんばってる人の言葉ってどうしてこんなに心にストレートに響くのかな。読みながらまたまた目頭が熱くなりました。うわーん、本当にありがとう。こんな記事が読めて私は幸せだー。私もがんばらなくちゃ。

ありがとうございます

★Frank*さん
いつもブログで人を騙している人からそんなお言葉をいただけるなんて、光栄です。

>ボクも頑張ろうと思いました。
いよいよですか。昔の水着、入りますか?

★muraPさん
凄い戦いに感じるのは、それだけ私に体力がまだまだ足りないんだと思います。守備の下手な人ほどファインプレーに見えるのと同じで。
ゴールの写真、スリムに見えますね。ヨメが撮ったんですけど。
オールスポーツで働かせようかな・・。

★しんさん
私はまだトライアスロンを始めて3戦目のビギナーなので、こんなに苦しかったんだと思います。でも、達成感はありましたし、ゴールした時の満たされた気持ちはなんとも言えません。トライアスロンをやってよかったです。

★dekoさん
普段から爽やかな好青年を演じている私としては、しんどくてもやっぱり女子高生には声をかけないとね。
仕事もこの調子で、ですか・・。
仕事もこれくらいたくさんの人がボランティアで支えてくれたら楽なんですけどね・・・って私もそうとう自分に甘い。

★京丸さん
バイクやランの感覚は、京丸さんにもわかってもらえますもんね。
一緒に苦しんでいただいて恐縮です。エネルギー補給とストレッチしておいてくださいね。
私の記事で京丸さんが幸せを感じてくれるなんて、ブロ友冥利です。

完走おめでとうございます!

御無沙汰していてスミマセン…
遅れ馳せながら、伊良湖に関する日記だけ拝見させて戴きました。
先ずはお疲れ様でした。そして好記録おめでとうございます!
後は暫く心行くまで休んで下さい!
※ミドルのダメージは個々人が考える以上に酷いと聴きましたので…
追伸
バイクでコケた時には大変心配しましたが大事には至らなかった様で何よりです。
それにしても、関西の人は普通そういう時「潮来の伊太郎」を唄うんですネ!?
とても勉強になりましたし、僕も見習いたい所であります…(^_^;)

あぁ...☆

まぢ感動っ!うるうるしながら読ませてもらいました!!!
まことさんすごい!応援の高校生も、み~んな素敵っ☆☆☆
これみたら、ますますトライアスロンに興味津々になりましたよ!

ゆっくりカラダ休めてくださいねっ。
また復活したら一緒に走りましょーっ♪

レース&日々のブログ書き,お疲れ様でした。今週末はゆっくり休んでくださいね。
転びはしたものの成績は素晴らしいし,膝も無事だったみたいで良かったですね。
私はお医者さんの勧めで来週またしてもMRIと相成りました。ハハハ。

初書き込み☆

伊良湖トライアスロン、完走おめでとうございます。
どんな時でも、前しか見ない!
その精神リョクが大切なんだと、読みながら感じました。

頭の中が、しんどいしんどいでいっぱいだと、足も重く感じるもんなのかな。
ランナーのQちゃんが、心から楽しみながらゴールを目指すから、メダルが手に届いたのもうなずける。

あとは、応援!!
何度も何度も、ピンポイントの場所でいてくれるなんて、素敵な奥さま、そしてRyuさん。
高校生のうちわ扇ぎには、感服の至りですね。

来年、うちの人がぜん闘志を燃やしていますので、色々とアドバイスや練習などご一緒してやってください。

近々、私も命がけの決戦が控えています。(大げさ!?)
ひたすら、ゴールを目指して頑張りまっす!!




ありがとうございます

★イトーさん
ありがとうございます。
イトーさんも佐渡のロングお疲れさまでした。
私はまだ初心者ですけど、トライアスロンは素晴らしいですね。

そうですねぇ、歌は歌わないまでも、関西の人だったら打ったところを押さえて「潮来の伊太郎」と言うか、「よっこいしょういち」と言いながらバイクにまたがる人もいるかもしれません。「誰やのん!ここに砂ひいたんは」と、“私は絶対間違っていない”的なことを言ったら、それは大阪のおばちゃんです。

★ジャネちゃん
トライアスロンの素晴らしいところは、みんなが同じ距離を泳いで、自転車を漕いで、自分の足で走るので、ゴールしたあとに自然とお互いを賛えあう気持ちになれることだと思います。
来年は一緒にやりましょう。あ、その前にフルマラソンに向けて頑張ってください。

★びいさん
ブログの疲れまでご心配いただいてありがとうございます。
去年は溺れかけて、今年は落車・・・3種目こなすといろんなトラブルがありますね。
びいさんも初フルを控えてるのに、膝、心配ですね。

私も応援してますよ

★カワサキよめさん
ありがとうございます。
こういう時って、なんといっても応援のありがたさを感じます。
カワサキよめさんも頑張ってくださいね。このあとに控えている一大イベントに比べたら私のトライアスロンなんて「へ」みたいなもんです。
でも大丈夫、その時はきっとご主人がそばで支えてくれるでしょう。
あ、ごしゅじ~ん、逃げたらあきまへんがな。
そうそう、ご主人にお伝えください。「手術のあとは飲んだらアカン」って。

完走おめでとうございます!!!
練習をうらぎらない走りですね!!!
お疲れ様でした(^^)/

ネットのスポーツ小説を読んでいるようで…。
手に汗握るとはこういうことか~なんて思って
しまいました(^^)
奥様の『応援編』と一緒に拝見させて頂きながら
読ませて頂きました~♪




★サッカー小僧さん
ありがとうございます。
長文に付き合ってもらってすみませんでした。
それぞれの人が普段の練習の成果を実感できて達成感を味わえる。
それがアマチュアスポーツの素晴らしいところですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP