にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

それでも元気になれと望んでしまう

自分はコピーライターではないけど、15年くらい前に
あるメンズファッションの広告で
「世界一強い男は、ミスター・チヨノフジだと思う。」
というコピーを自分で書いて入れたことがあった。
確か暗い背景の中に体格のいい男前の外人のモデルが
ロングコートを着て立っていて、その横にコピーを流した。

そのコピーがいいとか駄作だとかそういう問題じゃなく、
特急「しなの」の窓から外の景色を見ていると、ふとそんなことを思い出した。
なぜ特急「しなの」に乗っていたのかというと、
金曜日の晩に森之宮をバスで出て土曜日の早朝に乗鞍に着いて、
トレイルコースを走って下ったり、朝食を食べたり、自由行動に移ろうと
したりしているところへ店長のoraoさんの携帯に病院から電話が入ったようで、
それは、奥さんの容体が急変したので来てくださいという内容だった。
仲間の人に木曽福島まで車で送ってもらい、特急電車に乗り、名古屋から
新幹線に乗り換えて病院へ向かうoraoさんに、自分とヨメもついて帰った。

奥さんの「千代」という名前と、どんなに強い病気にも強い薬にも、
負けずに元気になってほしいという思いが重なって、
そんな昔の仕事のフレーズが記憶の奥から出てきたのかもしれない。

特急「しなの」は、緑が濃い信州の山あいの景色を縫って走った。
雨が降っている場所を通ると、水滴が筋のように左から右へ流れた。
窓に付いた透明な雨水が流れているだけなのに、血が流れているように見えた。

ぼーっと窓の外を見ながら、
千代ちゃん、がんばれ、千代ちゃん、がんばれ、と心で繰り返していた。

数年前まで千代ちゃんが住んでいた乗鞍には
今回はわずか5時間しか滞在できなかったけど、
雨上がりの乗鞍の自然は、葉っぱの一枚一枚までが美しかった。

080625norikura01.jpg

080625norikura02.jpg

080625norikura03.jpg

080625norikura04.jpg

oraoさんの奥さんの千代ちゃんは、今朝亡くなられた。

残念だ。  ・・・たまらなく残念だ。

ふとした時にはいつも、
千代ちゃん、がんばれ、千代ちゃん、がんばれ、って心で言ってきたのに。

病院に行くたびに
「俺はぜんぜんあきらめてへんからな。自分の体が持ってる力を信じような」
と言ってきたけど、本人のがんばりは限界だったのかもしれない。

ベッドのそばで見ていると、いかに精神的にも肉体的にも
強い人なのかというのがいつも感じられた。
友達にお礼を言ったり、両親に詫びたり、最後の2日間はそのために過ごしていた。

ガンってなんなんだろう。
なんの恨みがあって罪もない人間の体の組織を攻撃するんだろう。

28歳だぞ。

死なないといけないような罪を彼女が犯したわけじゃないだろ。

今日もoraoさんの実家で彼女の顔を見てきたけど、
なんで枕元でろうそくの火が燃えているのか、その光景が信じられなかった。

家族の人が、高校時代からのアルバムを見せてくださったけど、
健康な時の写真は辛い・・・。楽しそうに写っている笑顔を見ると、
悲しい気持ちがウッと込み上げてくる。
・・・・かわいそうに、突然に人生を終わらされて。

この半年間、苦しみにも耐えて、痛みにも耐えて、心細さにも耐えて
がんばったのに、それでも回復できなかったことが、残念で、残念で、
かわいそうで、かわいそうで。
冷たくなってしまった顔を触っても、目を覚まさないかと願ってしまう。

この現実はあまりにも受け入れがたい。

<< 空を見ると | ホーム | まあ、梅雨だしね >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP