にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

青島太平洋マラソン その2

091215miyazaki01.jpg
145mの高さに架かっている吊り橋

091215miyazaki02.jpg
シーガイアにあるシェラトンのXmas装飾

091215miyazaki03b.jpg
初日の昼はそのホテルでバイキング

091215miyazaki04.jpg
総合運動公園に移動してゼッケンの引き換え

091215miyazaki05.jpg
コースを下見

091215miyazaki06.jpg
青島にある青島神社の鳥居

091215miyazaki07.jpg
貝殻が集まってできた浜

091215miyazaki08.jpg
青島へ渡る橋

091215miyazaki09.jpg
宮崎県庁

知事の秘書広報室のTさん、それから市役所のHさんが
2日間ずっと我々に付き添ってくださり、宮崎県内の観光案内、
朝ご飯、昼ご飯、晩ご飯の予約、ホテルの手配、レースの受付、などなど
すべてに渡って面倒をみてくださった。
本当は我々ごときに付き合う暇などないくらい忙しい人であるはずなのに。

感謝せずにいられない気持ちにしてくれたのはこのお二人だけじゃない。
大会運営のスタッフ、沿道で応援してくれたたくさんの宮崎の人たち、
何千人もの高校生のボランティア・・・・・。
大げさな言い方をすると、宮崎県内のすべての人が、
宮崎を好きになってもらおうと一生懸命に心を尽くしてくれているような
そんな素晴らしいホスピタリティを感じた大会だった。

それに加えてコース上の美しい景色。
青太(あおたい)がいい大会だと言われている理由は
行ってみて、参加してみてすぐに理解できた。


大会当日は朝から青空。参加者12,000人のうちフルマラソンは8,000人。
暑くなりそうに思えたので、アスリートソルトを多めに携帯してスタートした。

スタートして1kちょっとのあたりでゼッケンに「君原健二」と書いた白髪の
ランナーを見つけた。
君原さんだ。
後ろから近づいて横を並走し、「(ハア、ハア)君原さんですか」と
声をかけると「はい」という返事が返ってきた。
うれしくなって、
「(ハア、ハア)子供のころから、(ハア、ハア)ファンでした」と言うと
「どうもありがとうございます」と言ってくれた。

君原さんの出ているマラソン中継を見ながら、父とよくテレビに向かって
応援していた。
外国の選手に混じるとよけいに背が低く見えたけど、
終盤に粘りながら順位を上げていく走りを見て興奮していた。


君原さんを抜いたあと、宮崎市内に向かうメイン道路に出ると、
ヤシの木がずっと向こうまで一直線に並んでいて、その美しい景色を
見ながら走っているのが、すごく気持ちよかった。
自分の足は快調だった。
けっこうな強風にもかかわらず、キロ4分30秒前後でずっと刻めていた。

(今日は調子いいのか?)

10kを過ぎてもペースは変わらず、しんどいわけでもなく、
距離が進むにつれて、自分のまわりにいたランナーが落ちていくほどだった。
そのペースは20k地点でも変わらなかった。

(今日の俺、強いやん。練習不足の割には・・)

その後はさすがにラップも徐々に落ち始め、4分台後半から、
30kを通過するあたりではとうとう5分前後になっていた。
このあたりは、さすが去年と比べて練習量が少ないのがモロに走りに
影響し始めた。

市内からスタート地点の運動公園に戻り、そこから青島へ向かう海岸沿いを
走る。この残り8kが最も美しい道であるはずなのに、
走っている自分には苦しい感情しか湧いてこなかった。

今までどんな大会に出ても、歩きたいと思ったことは一度もないが、
今回は何度も歩きたいと思った。
なぜ歩かずにゴールまで走れたのか、今思いだしても不思議なくらい、
足全体が痛くて動かなくなっていた。

今までで一番気持ちよく走れた前半と、
今までで一番辛い走りになった後半と。
なんて極端なレースなんだ。

自己ベストは無理であっても3時間20分くらいでは走りたいなと
思っていたけど、最後の2kなんて6分切るのが精一杯という走りで、
結果は3時間25分。

内容的には、あまり納得できないレースだった。
でも、それとは別に、青太は間違いなく素晴らしい大会だ。

もっと書きたいけど、ああ・・また眠たくなってきた・・・・。

<< 青島太平洋マラソンまとめ | ホーム | 青島太平洋マラソン >>


コメント

「あの電柱まで・・・」

君原精神はボクを幾度も助けてくれたような気がします。
ま、ボクの場合
あの電柱まで・・・行って・・・
そこで休んじゃいますが(笑


>君原さんを抜いたあと、

抜いちゃいましたか・・・。

凄すぎです!

まことさん
3時間25分って凄いですね~!^^
流石です!

僕も今週10キロです!
がんばります^^

南国ですね~

おかえりなさぁ~い!
宮崎は良かところだったんですね~
暖かいレースだったんですね~ 
羨ましい・・・加古川は寒いでしょうかねぇ(^^; 
私も青太にすれば良かった・・・
でも8000名も走るレースはちょっと嫌だな
ホノルルを走ったまことさんにはたいした人数に
感じないかもですが それにしても練習不足でも
3時間半カットは羨ましすぎる!!

追記

ところで何故そんなVIP扱いだったんですか?(^0^;

さすが

今回もいい旅、いいタイムですね。

こうして走ってる様子を読んでると、まことさんの42kmの縮図が
私の10kmにあるな~と思ってしまいました。
ようは10kmでも歩きたいと思いながら走ってるって事なんですが^^;

君原さんは息乱れてないんですね。

ほんといい大会でした

★Frank*さん
抜いた時点で、君原さんと私のペースはぜんぜん違いました。
だんぜん私のスピードのほうが上回ってました。
でもゴールした時は1キロしか差がありませんでした。
それを知ったとき、君原さんの凄さになぜかゾッとしました。

★しんさん
今週10キロのレースに出られるんですか。
私も23日に加古川で10キロ走ります。それが今年最終のレースです。
お互いに頑張りましょう。

★らんらんさん
直近の3カ月で走った距離が500キロ。
フルマラソンをしっかり走るには少ない練習量ですよね。
後半は人に見せられないくらい、体が前に進みませんでした。
今年の加古川は寒くなりそうな気がするんですが、
私はちゃっちゃと走ってらんらんさんのフルを応援しますからね。

★らんらんさん(追記)
詳しく言うと長くなりますが、簡単に言うと、連れてっていただいたランニングチームのメンバーに東国原知事の秘書をされてる人がいて、わざわざ関西から行った我々に宮崎のよさを知ってもらおうと、2日間お世話をしてくださったわけです。
なにせ知事の秘書ですから、どこへ行っても顔が利くようで、私たちはほんとにいいもてなしを受けました。

★muraPさん
10キロは10キロで、ハーフはハーフで、前半と後半の違いってありますよね。歩きたくなるかどうかは、その時の状態によりますが。
私はハァハァ言ってましたけど、君原さんはたぶん息も乱さずイーブンペース(あるいは後半ペースアップ?)で42キロを走られたんだと思います。
3大会連続でオリンピックに出られて、しかも銀メダルも獲られた人とレース中に会話ができただけで舞い上がりそうになりました。

お疲れ様でした~~!!

良いなぁ~~!
青太!!
NAHAと並んで一度は出てみたい大会の一つです!!

出た友達がみんな最高!!って声を揃えますものね~~?!

ボクは今週防府へ遠征です~~!

NAHAも青太もいいですよ

★ナリシンさん
防府マラソンに出られるんですね。すごいなー。
お祭りムードならNAHAが一番でしたが、青太も沿道の応援は多いですよ。それになんといってもコースが美しい。
いい大会って、いっぱいあるんだなーって思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP