にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

伊良湖トライアスロン その2

(きのうのブログで1カ所訂正。
スイムのトップは50分ではなくて43分だった。)

伊良湖のランコースは渥美半島の先をを反時計回りに走って
太平洋側へ出る。そこへ行き着く岬を回る部分が
アップダウンのある5km。
太平洋側へ出てからはフラットなコースを5km。
合計10kmのコースを行って帰ってきて20km。

2時間全力でペダルを漕いだ後のこの20キロが、
イヤんなるくらいキツイ。

ランのスタートから最初の登りを越えて下ったところに、
応援のみんなが待っていた。
大きな声で応援してくれている。
去年も走っているので、最初の5kmのアップダウンは覚悟して走れるけど、
笑顔で手を振るほどの元気はなくて申し訳ない。


それが終わってからの海岸沿いの5km。
道はフラットだけど、逆にこっちは日陰がまったくない。

トライアスロンは体のエネルギーも消耗するけど、
心のエネルギーも消耗する。
歩きたい。歩いて楽がしたい。歩きたくて仕方がない。

エイドでは必ずスポドリを飲み、首に冷たい水をかけてもらう。
それでも元気になるのは一瞬で、すぐにまた朦朧としながら走る。

時々、上位を走る選手とすれ違うと少し気持ちがしゃんとする。
しっかりした走りをしているあの人たちだって、
もしかしたら歩きたい気持ちと闘いながら粘っているのかもしれない。

でもやっぱり歩きたい。
苦しさを楽しむつもりで来たけど、苦しいものは苦しい。

そんなことばかり考えながら折り返し地点の近くまで来ると、
向こうからRyuさんが走って来た。

すれ違いざまにRyuさんが短い言葉で伝えてくれたことを
頭で整理して、ようやく状況が理解できた。
Ryuさんはスイムで時間を超えたためにバイクへ進めず、
11時にランのスタートをしたらしい。
一緒にバイクの練習を何度もしてきただけに、自分も悔しい。
去年と同じ海の状態だったら、楽々バイクへ行けたのに。

Ryuさんはハイタッチをしてくれたあと、颯爽と走っていった。
今思うと、2時間以上もあの海と闘っていた人のどこにあんな力が
残っていたんだろう。


なんとかかんとか折り返し地点まで来た。
折り返すと少し気持ちが変わる。
1キロごとに距離表示があるので、
「12キロ地点ということは、あと8キロか・・」
「13キロ地点ということは、あと7キロか・・」
とまあ、あまりプラス思考とは言えないけど、とにかく走り続けた。
もっと闘志を燃やしたいのに、体がこたえてくれない。
ふくらはぎの外側が両足とも攣りそうなので、
着地する時の足首の角度を変えながらごまかして走る。

もうこのあたりになったら頭の中は、
「ゴールしたらビール飲み放題や」
その思いが頭のほとんどの部分を支配していた。
自分のノドに冷たいビールが流れ込んでいく様がリアルに想像できた。

海沿いの直線が終わり、残りはアップダウンの5キロ。
ここまでくれば、気持ちで走れる。
ひとつめの山を越えて下ったところにシンさんがカメラを構えて
待っているのが見えた。その横ではヨメが大声で
「おかえり~!」と叫んでいる。

最後の坂を上ったら、会場の付近が下の方に見えた。
ああ、あとは下りだけ。
下りきってフェリーターミナルの横を過ぎると、
遠くにゴールが見える。
赤いコーンに沿って走っていると、
応援のみんなが大声で何か言っている。
愛想なしだけど、片手を軽く上げて応えるのが精一杯。

ゴールに向かって、全身が喜びに包まれながら走るのは
トライアスロンのひとつの魅力かもしれない。
最後は帽子とサングラスを取って、両手を広げてゴールした。


終わった~。
去年もそうだったけど、やっぱり自分にとってミドルは長くて辛かった。


100913irago01.jpg

100913irago02.jpg

100913irago03.jpg

100913irago04.jpg

100913irago05.jpg

100913irago06.jpg

100913irago07.jpg

100913irago08.jpg

100913irago09.jpg

100913irago10.jpg

100913irago11.jpg

100913irago12.jpg

100913irago13.jpg

100913irago14.jpg

100913irago15.jpg

100913irago16.jpg

100913irago17.jpg


レースから2日たった今日、ネットにリザルトが出ていた。

今回の結果と(前回の結果)

●フィニッシュタイム:5時間00分33秒(4時間22分39秒)

●スイム:1時間02分25秒(39分36秒)
     38位(38位)

●バイク:1時間58分34秒(1時間57分41秒)
     87位(204位)

●ラン :1時間59分34秒(1時間45分22秒)
     101位(96位)

スイムは去年より20分以上遅いのに順位は同じ。
バイクは去年より遅いのに順位は100位以上上がっている。
ランは去年より15分近く遅いのに順位は5人分しか変わらない。


で、全体の順位は、

●総合 :49位(83位)
●年代別:15位(27位)


これを見た時はびっくりした。
総合で上から1割の中に入ってる・・・・。


そんなにいい順位だったとは知らなかった。
走っている時はもういやだと思ったけど、また来年もがんばろかな。

暑い中で運営してくれた大会のスタッフのみなさん、
暑い中で応援してくれた福江高校のみなさん、
暑い中で長時間付き合ってくれた仲間たち、
遠くから応援してくれていた友達、
みんなに心から感謝です。

<< 体を動かそうと思わない毎日 | ホーム | 伊良湖トライアスロン その1 >>


コメント

ナイスミドル!

奥様と抱き合ってるシーンが感動的です♪

ホントは横のスタッフ姉さんに抱きつきたかったとか・・・

「いや、もうフラフラで、、、わからんかったぁ。。。」なんて・・・

さすがですね!確実にレベルアップされている。
それにしても、今回の海は大変だだったみたいですね。
出場したトップ選手の感想でもこんな悪コンディションは初めの体験だったとありました。
奥様とお仲間とご一緒で本当に楽しそうですね。

遠くからですが応援してました。

海が荒れて大変なレースだったようで、ほんまにお疲れ様でした。
しかし、スイムは相当強いですよね~。(他も強いですが)

こんな記事読むと「オレも頑張らな!」って気になります。
私の場合、気持ちと行動が伴わないのが問題なんですけどね。。。

ありがとうございます

★Frank*さん
その手は使えたと思います。ただ、そういう知恵が回るような冴えた状態じゃなかった・・・。
まあ、汗臭いオッサンに抱きつかれた女子高生にしてみたら、一生忘れられないキモイ体験になるでしょうけど。

★すし一さん
今考えると、スイムパートからすでにサバイバルなレースだったんですね。実際、バイクに進んでいない人は100人以上います。

今回のように大勢でツアーを組んで行ったのは初めてですが、すごく楽しかったですよ。やっぱり仲間はいいです。

★muraPさん
ありがとうございました。
スイムの順位はともかく、バイクとランの順位は実力以上だと思います。スイムでリタイアした人の中にバイクやランの強い選手がいっぱいいたはずですから。
気持ちと行動は私も伴わないです。直近の1ヵ月は練習していても楽しくなかったですし。
あ、でもこれからは伴います。気持ちも体も「休む」ということで意見が一致しているので。

こんばんは。
伊良湖お疲れ様でした!
宿が同じでバイクラックが隣でした。
レースが終わって宿で「リザルトでてました~?」
って話しかけた者です~
たまたまブログ発見しました。
これも何かの縁ですね!
また来年伊良湖に行けたら同じ所に泊る予定です。
料理が旨いし会場近い!最高です。

え~?あの時の・・・。

★shingoさん
バイクラックも宿の部屋もお隣って、ぜったいこれは何かの縁ですよ。
これからもよろしくお願いします。
岬家さんは料理も美味しいし、いいお宿ですよね。私も去年初めて利用して気に入ってしまったので、今年は大会を通さずに直接予約をしました。
来年またお会いできるかもしれませんね。
成績もお隣になりたいなー。

一割

出るだけでもすごいのに総合上位一割って,年齢も加味するとすごいですね。最初のホノルルって3年前?4年前? この数年の駆け上がり様はすごい。

ありがとうございました。

お疲れ様でした。
色々と、ありがとうございました。
ほろ苦い、初トラでしたが…
まことさんが一緒で、心強かったです。
次回に繋げる、沢山の事を学べました。
また、よろしくお願いしま~す!

気がつけばトライアスロンをしていた

★びいさん
ホノルルで初フルを走ったのは4年前の12月ですね。
5年前の今ごろは運動もしておらず、タバコをやめて贅肉がどんどんついていて、痩せるためにマラソンに挑戦しようと決心したのが11月でした。びいさんとも、だいたいその頃からのお付き合いですね。
そんなふうに思い返せば、大きく変化しちゃったか・・気がつけば。

★Ryuさん
Ryuさんがトライアスロンの世界に足をつっこんだという事実が、私にとってはうれしいです。
私も今回はいろんなことを学んだレースでした。
これからも一緒に楽しみましょう。

伊良湖ありがとうございました!

愉快な仲間たちのツアーに誘っていただいてありがとうございました!

今回で4回目の伊良湖でしたが、今までは蚊に攻撃されながら、ホテル泊の人たちを横目で見ながらの車中泊でしたので、今回は本当に楽しくリラックスして(適度な緊張をもって)参戦することが出来ました。

なのになのに・・・・スイムでタイムオーバー!!全く予想してませんでしたぁ!自然条件で全く違う環境になってしまうスイムは恐るべき競技ですね。Aタイプは1年目55分、2年目1時間10分、で今年は2時間20分でしたぁ(昨日確認したら制限時間は2時間15分だったんですね?しまったぁ!そうと知っていたら・・・同じだったかも?)

わしとしては、焦らずに掻きつづければ必ずゴールがあるという方針で1年間の練習をしてきて大会にも臨んだのでこの結果はやむなしだと考えています。ランでのリタイアが続いて後悔してばかりだったのでリタイアせずに2時間以上泳ぎ続けた自分を褒めてあげたいくらいです。

本当はトライアスロン止めて楽になろうと思っていたのですが、やっぱまたリベンジしようかなぁという気になってきています。また再会できればうれしいです。

そうそう、愉快な仲間たちの皆さんの応援には(結局はランだけ?)本当に励まされて力をいただけました。有難う~ってお伝え下さい!

お疲れさまでした

★OHモリさん
お疲れさまでした。ほんとに疲れましたね、今回の海は。
その年の海の状態によって、2倍以上も時間が変わってしまうんですね。
私は、2時間以上もあの海と闘い続けたみなさんのことを思うと、その根性に感動させられました。今でも海の中でのひとかき、ひとかきの感触が腕に残ってるんじゃないですか?
そんなレースだからこそ、仲間の応援が力になりますよね。くじけそうな心を支えてもらえるのはどれほど嬉しいか。
来年もご一緒できるといいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP