にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

初めての泌尿器科

土曜日のサイクリング中に血尿が出たあと、
日曜日に5kmジョギングしたあとにも薄い血尿が出た。
ん?なんでだろう。
ネットで調べても、「サドル血尿」という言葉まで載っていたから、
サドルで尿道を圧迫したのが原因だと思っていたのに。

心配なら診てもらえばいいわけだからと思って、
念のため朝から泌尿器科へ行ってきた。

その医院は待合室も狭く、患者が5人くらい来たら窮屈になりそうな
小さな医院だった。それなのに受付にはピンクや白の服を着た看護婦さんが
4人もいた。・・げっ!ここも女の園かよ・・女医さんの前でパンツ脱ぐのか?
と心配になったが、さいわい男の先生だった。

検尿用の紙コップに尿を採って提出する。
先生に、「土曜日」「サイクリングの途中で」「チョコレート色の」血尿が
出たと伝えると、先生は、脇腹は痛くありませんか、オシッコする時に痛みは
ないですかなどと細かく問診したあと、
「チョコレートの食べ過ぎですねー」というギャグを飛ばすこともなく、
「顕微鏡で見ると少しだけ尿に血が混じってますね。たぶんどこかの
毛細血管が切れたんでしょう」と冷静な診断をした。

そして
「念のために膀胱をエコーで見ますから、
オシッコを溜めて膀胱をふくらませて昼からまた来てください」と。

事務所に戻ってきてしばらくすると、友達のムーチャンがやってきた。
そしてまたしばらくすると、いつものカメラマンがやってきた。

080728fujita.jpg

みんなで昼はカレーを食べることになり、コロッケカレーを食べながら
水をガブガブ飲んだ。そして事務所でムーチャンやカメラマンと
世間話をしながらもまた水をガブガブ飲んだ。
なにせ午後からの検査のために膀胱を膨らまさないといけないので。

午後の診療が始まる3時前、事務所を出ようとしたら空が真っ暗に
なってきて、ドシャー!!!!と大雨が降ってきた。
な、なんでこんな時に雨が降るわけ?
でも、どんな雨であろうと出かけなければならない。
このままではトイレを我慢して膀胱を膨らませたのが無駄になってしまう。
意を決してママチャリにまたがり、雨の中へ飛び出した。
傘をさし、体をできるだけ前傾させて、
スピードスケートの清水宏保のようなフォームでママチャリを漕いだ。
それでもすぐにTシャツもGパンも濡れ始める。
あまりの雨に誰も道なんか歩いてないし、雷鳴ってるし・・・。

地下鉄で一駅分の距離を走り、朝の泌尿器科へ着くと、
受付をしてくれた看護婦さんが、ぽかんと口をあけてこっちを見ている。
その顔には「この雨ん中、来よったんか・・・」と書いてある。
だって、せっかくオシッコ溜めたのにもったいないじゃん。

待合室で時間をつぶしている間、リュックの中から
「探偵!ナイトスクープ アホの遺伝子」という、ヨメが貸してくれた文庫本を
読んでみたけど、膀胱が膨らんで今にもトイレに駆け込みそうな状態なので
本の内容が頭に入らない。

しばらくして奥の診察室へ案内されると
先生が「セコム、してますか?」みたいな軽い口調で
「オシッコ、溜まってますか」と聞く。
「膀胱が夜店のヨーヨー釣りみたいになってますワ」なんていらんことは言わず、「はい」とだけ答えた。

ベッドに仰向けに寝て、Tシャツをめくり、Gパンを下げ、
パンツを少しずらすと、明かりが消えて部屋が暗くなった。
なんか、カルト集団の洗礼の儀式でも始まりそうなムードの中で
ドキドキしていると、先生はエコー用のジェルを塗った器具をお腹まわりで
ゆっくりと動かしながらモニタをじっと見ている。

5分くらいかけて調べたあと、
「うん。膀胱には何の異常もありませんよ」
と言った。

ほっ・・・・・。


「それよりも・・」


それよりも・・・??


「腎臓結石の疑いがありますね」

え~~~~~~!!!!!

「可能性といっても60%くらいですけど」

結石って、この世のものとは思えない痛みに襲われるっていう、アノ結石?

「晩ご飯を食べる時間は、いつも遅いですか?」

年ガラ年中、晩ご飯を食べるのは11時か12時ですけど・・・。

「そーゆー人は腎臓結石になりやすいんです」

そうだったのか・・。
でもこの生活パターンはこれからも改善できないんだけど、どーしよー・・。

「今はまだ砂みたいな大きさですけど、これが大きくなって
コロンと尿管へ落ちると痛いんですわ」

セ、センセ・・そんな、ひと事みたいに・・・・・ひと事でしょうけど。
聞いてるだけで、気のせいか尿道のあたりがチクッと痛くなってきた・・。



話は変わるけど、
昔流行ったL⇔Rの「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」の歌詞の
I’m knockin’ on your doorが
「アノ気の尿道」に聞こえて仕方がない。
尿道がどの気を起こすのか知らないけど、何回聞いても
「♪アノ気の尿道~」にしか聞こえない。

・・って、そんなこたぁどーでもいいとして、痛いのはいやだ~。
事務所に戻ってからネットで結石について調べたら、
医学関係のサイトにものすごく痛そうな記述が載っていた。

    _____________________________
(抜粋)
痛みの症状の度合いを測る指数として「鼻毛」という単位を使うことがあります。 1本の鼻毛を抜くと「1鼻毛」ですが、出産は10万鼻毛ですので、出産にも匹敵するこの尿管結石の痛みは10万鼻毛といえるでしょう。
    _____________________________


マジ???
痛みを表すのに「鼻毛」という単位があるなんて知らなかった。

本当に医者が研修会とかで、
「○○先生、この炎症の痛みは何鼻毛くらいでしょうかね」などと
もっともらしく議論してるんだろうか。

しかし・・鼻毛を10万本抜く痛みって、すごい表現だ。
鼻毛10万本というのがどれくらいの束なのか知らないけど、
考えただけで気絶しそう。

<< 血尿くんサヨナラ | ホーム | 優れものボトル >>


コメント

(笑)(笑)(笑)
もぅっっ!!
大変な話なんですが、、、
面白すぎてっっ(>o<)涙流しながら読みました。。。
ど、ど、どうぞ、、、お大事にっっ!!!

石製造仲間

尿路結石ですか。とんだ所で共通点ができました。
一生爆弾抱えて生きて行きましょう。
ボクも2年ほど前に爆弾が一つ爆発しました。
仕事中に、何だかお腹が痛くなって
そして背中が締めつけられるように痛くなって(この時はまだ鈍痛)
しばらくすると脂汗がタラ~。
そして激痛。声も出ない・・・。
1kmほど離れた医院に一人で這うようにしていきました。
幸い小さな石だったので、お薬で治療しました。
石が大きいと痛みも大きいらしいです。
あれよりも痛いのか~と思うと恐いです。
お水をよく飲んで、飛び跳ねるのがいいそうです。
一時は良く飛び跳ねてました。
再発するの恐いので・・・。
この間、石が出るの分かりました。
オシッコしてたら急に出が悪くなり(詰まった感じ)
オチン●ンに激痛が走り、ちょろちょろとオシッコが出ました。
石が通ったって感じでした。超~小さな石なんでしょうが・・・。
その時尿管に傷がいったのか、しばらくオシッコするだけで激痛でした。グリーンマイルのトムハンクス状態。
また飛んどこ~。

GORIKKOさん
こうして笑い話にしているうちはいいんでしょうけど、痛みが出たらどうなるんでしょうね。
結石とは、世にもオソロシイ病気です。どうしてこんなSMみたいな病気がこの世に存在するんだろう・・・。

Frankさん
コメント読んでるだけで痛くなってきました。
普段からFrankさんにあやかりたい事はいっぱいありますが、結石が共通項になっても人に自慢できないです。
ひどくなったら1センチくらいの石が尿道から出てくるらしいやないですか。
ウ~~~、想像しただけでオチン●ンが痛い。
トム・ハンクスはいいですよね。最後は不思議な力で治してもらえたから。
どうか私の中の爆弾が目を覚ましませんように・・・。

実は、私も、疲れが溜まると、出るんです。
医者に行った方がいいですよねぇ・・・。
女性の場合、本当に血尿か、ビミョーだったりするんですが・・・。

「国際に出たかったら、1回は、吐くまで練習しないといけない」と言われてます。
私の場合は「1回は、血尿がでるくらい練習しないと」です。

どちらが、キツイのでしょうね。

すみちゃん
「吐くような練習」と「血尿」を並列にしてはいけないでしょ。
確かに私も高校の時に激しい練習をして真っ赤な血尿が出ましたが、1回きりでした。
疲れが溜まるたびに出るのなら、のん気なこと言ってないですぐに医者へ行きましょう。心配なので、原因をはっきりさせてからトレーニングしてくださいね。

頭痛の次は、結石ですか。大変ですね。トライアスロンに出場してる場合じゃないんじゃないでしょうか。これが、ウチのダンナだったら、ぜ~ったいに止めてます。
トレーニングもいいですけど、外見はじゅうぶんに若くは見えますし、20代や30代の気持ちでいたい、というのは、よっくわかりますが、まあ、体あってのものだねですので、ほどほどに、ね。

dekoさん
ほんとですね、年齢を考えないといけないですね。dekoさんのコメントを読むまで、自分は18歳だと思ってました。
でも、仕事もしながら時間を作って泳いだり走ったり、まだ経験したことのない世界に向かって毎日を積み重ねていくのは、充実感もあって楽しいです。
というわけで、dekoさんが私の奥さんじゃなくてよかったです。
ご心配おかけしてすみませ~~ん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP