にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイトレ試走

日曜日、2週間後のダイトレ(大阪府チャレンジ登山)に向けて
試走をしてきた。
今回はRyuさんの提案で二上神社口からのスタートではなく、
ひとつ手前の駅の二上山駅から。
つまり、ダイトレの本当の起点である屯鶴峯(どんずるぼう)からの
スタート。これがみんなに予想外のダメージをもたらした。

120325daitore01.jpg

120325daitore02.jpg

屯鶴峯は、凝灰岩が隆起したあと50度傾いてできたらしい。
真っ白で、なんだか惑星の表面に立っているみたい。

そこからまずはひとつめの山、二上山を目指す。

120325daitore03.jpg

二上山を越え、岩橋山に来た頃まではまだ元気だった。

120325daitore04.jpg

そこからは葛城山の頂上を目指す、お約束の上り。

120325daitore05.jpg

葛城山って確か900何十メートルかだったっけ。何度登っても、この階段は
天国まで続いてるんじゃないかと思うくらい終わりがない。

120325daitore06.jpg

4月も近いというのに地面は白くなってくるし。

120325daitore07.jpg

そしてせっかく登ったのに、金剛山に登るために一旦は下る。
あー、もったいない。

120325daitore08.jpg

ここもRyuさんの提案で本来のダイトレのコースとは違う道を行くことに。
延々と下ってふもとまで来たら、ハスキー犬のような犬が
じゃれついて一緒に歩き始めた。
めちゃくちゃ人なつっこいけど、どこの犬だろう、首輪は付いてるけど。

120325daitore09.jpg

一緒に歩くどころか、山を登り始めてもついてくる。
というか、我々の先を歩き、時々振り返っては、まるで先導するように
登って行く。

120325daitore10.jpg

もしかしてこいつか?どこかで聞いた案内犬っていうのは。

120325daitore11.jpg

山頂が近くなり、こんなに雪景色になってもどんどん上がっていく。

120325daitore12.jpg

上から降りてきた登山客が言うには、この犬、朝は山の反対側にいたらしい。
ということは、一日に何度も1,000m級の山を上り下りしてるのか・・・。
おまえ、そんなに強かったら犬ぞり引けるぞ。

そう思って見ていたら、今度は降りてくるハイカーについて
下山していった。
あいつはあいつなりに自分の役目を果たしているつもりなのかもしれない。

残った我々は金剛山の頂上を目指して、また黙々と登る。
行けども行けども、下りがない。フラットな道もない。あるのは登りのみ。
このコース、延々と登りが続いている。

120325daitore13.jpg

風は強いし、気温は低いし。もうあかーん、ヨレヨレや~。

120325daitore14.jpg

終わりが見えないコースに呆然とした表情で、それでも頂上を目指す集団。

120325daitore15.jpg

8時30分に出発して、3時過ぎに金剛山に到着。
山頂に着くと、気温が0度と表示されていた。
こんなところにTシャツとウインドブレーカーだけで来るんだから、
そりゃ寒いわな。
ああ、温かいうどんが食べたい。暖かいお風呂に入りたい。

今回は和歌山の紀見峠までは行かず、金剛山をゴールにして、
頂上で檜風呂に入り、ロープウエイで下山するという軟弱な計画を
立てていたところ、お風呂は営業が終了していて、
ロープウエイは強風のため運休。

ウソや・・・

と、一瞬気を失いかけたが、いつまでもこんな寒いところに
じっとしてはいられない。
選択の余地もなく自分の足で下山することに。

120325daitore16.jpg

全行程は28キロだったらしい。
普段そんなにトレイル・ランニングをしない者にとって、
山の28キロはキツかった。途中で脚もつったし。
でも終わってみると楽しかったような気がするから不思議だ。

あと二週間、もうちょい練習して、本チャンはしっかりゴールを目指そう。
と思ってはみたものの、当然のように今日は全身筋肉痛・・。

<< なぜか動いているこの頃 | ホーム | スマートじゃないです。 >>


コメント

恐怖体験

山は不測の出来事に遭遇するので怖いです。
私も道に迷って恐怖体験したことあります。
それにしてもただでさえ恐怖のダイトレコースでさらなる悲劇ですか。私なら3回くらい吠えてますね~。

疲れました~

★tacocoさん
吠える元気も残ってませんでした。
ダイトレは軟弱な私の太ももやお尻やふくらはぎや、それから甘っちょろい心や、いろんなものを鍛えてくれます。

死ぬかと…

いやぁ~!
ビックリしましたねぇ~!
死ぬかと思いました。
翌日の朝刊の見出しが目に浮かびました…。
『無謀なランナー金剛山で…』v-12v-12
ほんと、無事に帰れて良かったです!
8日は晴れますように!!

まさか、そっちにも案内犬がいるなんてw
そっちは血統よさげですねー。
気ままに駆け回れるワンちゃんはやっぱ幸せそうですね!

犬のようになりたい

★アイーダさん
覚悟はしていましたが、それ以上に辛かったですね。
ま、そのぶん風呂とビールで癒されましたが。
もう8日は魔法の杖必携です。

★DAiさん
あ、やっぱりDAiさんがブログに書いていた案内犬とは違うんですね。いろんなところにいるんですかね。私は犬の背中を追いながら、「こんなふうに上り坂を駆け上がりたい・・」と思いました。

葛城山の新入社員研修

 マコトさん!その昔、昔、私たちの新入社員研修は4/1の入社式後に葛城山に登って10日間続きました。座学で4~5時間と体力研修2~3時間を行い。夜は討論会で最終日は葛城山から金剛山の縦走歩行でした。朝の8時過ぎに出て、夕方5時に帰るものでした。そして最後の夜にやっとビールが飲めるのです。一日も休まずにすることで学生気分が飛んだ様にも思います。バブルの前で4年生の12月でもゼミ生の半分近くが就職が決まっていない時代でした。もちろん就職活動の解禁が4年生の9月からで、試験は11月が解禁の時代でした。

★カジヤンさん
げげ・・・そんな修行僧のような研修時代があったんですか。そうやって体力と精神力を鍛えられたんですね。今の時代じゃ考えられないです。
今度、新人時代を思い出して一緒にどうですか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。