にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3度目のダイトレ

今日は筋肉痛で脚はパキパキ。
ゴールした後に「あー楽しかった」とか「ええコースですねー」などと
言う人がいるが、意味がわからない。
二上山から葛城山を越え、金剛山を越えて和歌山の紀見峠を目指す36km。
ダイトレはやっぱり自分にとってはエグイ。

120408course.jpg

じゃあなぜ毎年エントリーするのかというと、
自分のことなのに自分で意味がわからない。しいて言えば、
「ぜんぜん楽しくないけど、強い脚を作ってくれそうだから」

二上神社口には今年もダイトレ(ダイヤモンド・トレール)のコースを
走ったり歩いたりする「大阪府チャレンジ登山」にたくさんの人が
集まっていた。スタート地点には、登山の部、マラソンの部、
それぞれに参加する人がぞくぞくと集まり、マラソンの部は
50人ずつ10分おきにスタートする。

120408daitore.jpg

今年の自分の目標は6時間。
自分なりには攻める気持ちで頑張ったつもり。
練習もろくにしていないのに気持ちだけ攻めても空回りするだけに終わるかもしれないが、ずっとハアハア言いながら気持ちを切らさずにゴールを目指した。(つもり)


今年のダイトレは去年までとは違う現象が起きていた。
それは、何人もの人のリュックから英語の音声が流れていたこと。

え?この人、もしかしたらスピード・ラーニングを聞きながら
参加してる?・・って思う人が何人かいた。

恐るべし、スピード・ラーニングの売れ行き。
いや、もしかしたらスピード “ランニング” だと勘違いして、
「聞き流すだけでランが速くなる」って思ってるとか・・・
そんなわけないよな。

そんなこんなで(どんなこんなや)二上山を経て延々と続く階段を登って
標高959mの葛城山頂へ。そこから一気に500mほど下ったあと、今度は
1,000m超の金剛山へ。金剛山頂に着いた時は3時間50分くらい。
そこまでで、すでに1度、脚が攣ってる。

ここを過ぎたら階段も少ないし、精神的に楽になって下っていると、
下からRyuさんが走りながら上がってきた。
「ダイトレ、見に行こかな」と言ってたのはこういうことだったのか。

しばらく走りながら、給水をしようとしてポカリスエットのふたを
開けようとしたらまた脚が攣った。
イタタタタ・・・塩のタブレットを噛み、スポドリを飲み、
クランプ・ストップを口に噴射していると、Ryuさんが後ろから追いついてきて、
「何してるんですか、こんなとこで」と言いながら追い抜かして行った。

なんだ、この人は。ダイトレのコースを行ったり来たりしてるのか・・・?

痙攣が軽くなって動き出すと、なぜか脚が復活してしばらく走れたりする。
でもやっぱりそのうち筋肉が耐えきれずに攣ってしまう。

立ち止まって筋肉を伸ばしている何度目かの時、
自分の数メートル前で立ち止まってる人も脚が攣っていたみたいなので
クランプ・ストップを貸してあげた。その人はそれを舌の裏に
シュッ、シュッ、と何度か吹きかけた後、こっちを向いて言った。

「もしかして、ブログやってはる人ですよね」

え~~? な、なんでわかるの?
コワ~・・こりゃ普段からちゃんとトレーニングをしないと、
どこでどんな人が見ているかわからない。

ゴール後に話を聞くと、その人もトライアスリートで、
自分と同じように2年前の(あの潮の流れのエグかった)伊良湖に
出られていた。



行者杉まで行くとアイーダさんが休憩していて、そこにRyuさんもいた。
あと8キロ(らしい)。なんとかあと1時間でゴールに行きたい。
Ryuさんはそこからまた金剛山方面に向かって引き返したらしい。
・・・・自分は片道だけでもこんなにヒイヒイ言ってるのに、
この人の感覚だけは理解できない。

それからも痙攣→復活→痙攣→復活は続き、ヒョロヒョロになりながら
ようやくゴール。
タイムは5時間57分。
ダイトレはこれで3度目だけど、これでも毎年30分ずつタイムが縮まっている。

ゴール後はまた脚が攣って、痛みに耐えながら15分くらいその場から動けず。
ようやく動けるようになって、ビールを買って飲んだ。

120408beer.jpg

もう来年は出ないぞ。
と毎年思いながら、なぜか毎年申し込んでいる不思議な大会。

<< ニューモデル試乗会 | ホーム | なぜか動いているこの頃 >>


コメント

その節は大変お世話になりました。痙攣特効薬を貸して頂いたおかげで、なんとか復活して完走することが、できました。ありがとうございました。

来年来年!

そんな事、言いながら来年も走ってるんやろなぁ~!
修行です。修行!
走りたくても走れない子供たちのために、元気な我々は走りましょう!
でも…。
行きたくないかも…。

みなさまお疲れ様でした

★Kobayashiさん
お役に立てたのならよかったです。またどこかでお会いしましょう。ちなみに今日は木曜日ですが、私はまだ筋肉痛が残っています。

★アイーダさん
わかりました。走りたくても走れない子供たちのために、走れるけど走りたくない私も走ります。
来年は行きたくないなー。なら申し込まなかったらいいだけなのに、なんで申し込んでしまうんだろ・・・。

私の庭?

コース地図を見ていると、
私の実家の周囲なんですね。
あのあたりは、そんなにきつかったんだ。
そういえば中学3年間、毎年、冬の金剛登山があったなぁ。

庭なら

★dekoさん
dekoさんの庭だったんですか、あの辺りは。
じゃあ来年までに、もっと緩やかな地形に変えておいてください。

ダイトレ(名前間違えてました(^^;; )

ダイトレはやっぱりガチ大会ですね?^^
僕も正木山トレイル23キロ(?)に出てみましたが、
最初で最後のトレランになりそうです^^;

山は苦手です。

まことさん、サブ6って凄いじゃないですか!!

わざわざ打ち変えてくださったんですね(^^)

★しんさん
ダイトレはガチで突っ込む人もいれば、ゆっくりと山を楽しむ人もいてさまざまですね。ダイトレの6時間切りはぜんぜんたいしたことないですが、私にとってはたいしたタイムです。来年は登山の部にしようかな・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。