にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びわこトライアスロン

トライアスロンをする人はみんな仲間なんだ。
レース中にパンクの修理をしながらふとそんなことを思った。
今回はバイクパートでアクシデントに見舞われたけど、
そんなことを感じながらいつになく満たされた気分でレースができた。

今年のびわこトライアスロンは予報通りの雨。選手4人、応援4人の
合計8人で朝4時半に大阪を出発して滋賀県高島市に向かった。
今週はルーフ用のサイクルキャリアも間に合った。

120701biwako03.jpg


受付を済ませ、雨の中でのバイクやランのセッティングも終わり、

120701biwako02.jpg

午前9時に競技開始。スプリントなので、スイム600m、バイク22k、ラン7k。
8月のオリンピック・ディスタンス、9月のミドルに向けて、
ここらで手応えを感じるレースをしたいところ。

90人ずつのウエーブスタートで、自分たち白いキャップグループは
3分遅れでスイムスタートなので、準備運動などしながら、
Ryuさんとちゃあみのスタートを見送る。

120701biwako04.jpg


今回は例年になく琵琶湖の水が濁っていて、水中はほとんど何も見えない。
スタートから50mほどはダッシュして、あとは適度な速度に切り替える。
バトルはまったくなし。今年は水位の関係か、往路も足が届く深さだった。
波が少しあったので、息継ぎに苦しんでいる人は途中で何度も立っている。
300mの折り返しに行くまでに、3分前にスタートした青いキャップの集団に
追いついた。潮の流れがあったみたいで、
折り返してからはあまり進まなかったし、うらちゃんもそう言ってた。

スイムは11分が目標だったけど13分くらいかかったかもしれない。
砂浜に上がると応援の仲間から声がかかる。

120701biwako09.jpg

トランジションエリアにはまだまだバイクがたくさん残っている。
雨の中をバイクにまたがってスタート。アスファルトの上は水たまりも多く、
マンホールが見えにくい。マンホールを踏むと滑りそうでコワイ。
トランジションからバイクで2.6km走り、そこからは約7kmの周回コースを3周。
水しぶきを上げながら、いつもより快調に走っているように思えた。
1周目を終えると、もう応援の仲間がいた。砂浜から2.6kmも離れてるのに。

そのままの調子で2周目に入る。落車は避けたいので直角コーナーは
十分にスピードを落として曲がる。
直線で加速しだすと、タイヤがゴロゴロ言いだした。
後輪がパンク・・・・これも経験だし、そのためにパンク修理の道具を持って
走っているわけだし、道路の右へ寄って後輪を外し、修理を始める。

パンクの修理は慣れてるぞ。手際よく済ませて復帰しよう。
と思っても、普段とレース中では気持ちの焦りがぜんぜん違う。
雨で濡れた手は滑るし、スイムの後なので握力も弱いし。
スムーズにいかずに失敗を繰り返しながら雨の中で作業は続く。
タイヤレバーでタイヤをホイールから外す。中のチューブを取り出す。
タイヤを確認したら、何かが刺さっているわけではなかった。
でも一部が破けている。中身を新しいチューブに交換したとしても持たないかも。

「マコっさ~ん、だいじょうぶですか~」

Ryuさん、しばらくしてうらちゃん、またしばらくしてちゃあみの順で、
心配そうに声をかけながら通り過ぎていった。

自分の仲間だけではなかった。
他の選手までもが、

「だいじょーぶですかー」

「おーい、だいじょーぶかー」

「ファイト-!」

と声を掛けていく。

そうなんだ。みんな人生の一部としてトライアスロンを楽しんでいる者同士、
仲間なんだ。
僕たちは選手全員でゴールを目指しているのかもしれない。

「トライアスロンは全員が勝者だ」

レースを経験するごとに、この言葉の本当の意味が
少しずつ理解できてきているような気がする。


手間取りながらもチューブ交換を終え、レースに復帰。
最後はスプロケットを左側にして気づかずにホイールをはめようとする始末。

再スタートして走りながらブレーキの効き具合を確認する。
げっ、後輪のブレーキがぜんぜん効かない。
しまった。パンクを修理してホイールをはめた後、
タイヤを外すために開いたブレーキを元にもどさなかった。
停車してブレーキを元に戻し、再びスタート。

かなり出遅れたけど、パンク修理のおかげで脚は休養十分だし、
これからガンガン行くどー。

120701biwako11.jpg


実際、バイクの2周目、3周目は抜きまくりだった。
ランに入っても、いつもなら何人もの選手に抜かれるのに、
今回はひとりも抜かれることなく、逆にこっちが抜きまくり。

それにしても、雨の中、沿道で応援してくれる地元の人たちには頭が下がる。
「ありがとー」と何度言ったかわからない。

気温が低かったせいか、バイクでもランでもまったく給水はなし。
7キロのランのコースも半分近くまで来たようで、「あと4キロ」という
看板が立っていた。
いつもなら「まだ4キロあるのか・・早く終わりたい」
と思いながら走るのに、今回はそれがなかった。
それどころか、「あと4キロ」の看板を見たとたん、
レース前に応援の仲間が何気なく言った
「ドゥー ユア ベスト」という言葉が頭に浮かんできた。
ほんとに何気なく聞いた言葉が、なんでこんなところで蘇ってくるんだろ。

そうだ、ベストを尽くせ。ベストを尽くすぞ。ベストを尽くせ。
それだけを考えながら走った。

最後の直線に出ると、ゴール前100mくらいのところに仲間が待っていた。

120701biwako06.jpg

大声で何かを言っている。全員が大声を出しているので、
何を言ってるのか聞き取れない。
最後は苦しいくらいダッシュしてゴール。
トラブルに見舞われて時間がかかったけど、すごく満たされた気分。

今週もみんな頑張ったぜ、イエー!

120701biwako10.jpg

そして、うらちゃんは女子の年代別5位。
うらちゃんはトライアスロンに出るたびにトロフィーや賞状が増えて行く。

120701biwako07.jpg

そして、大雨の中、ずっと応援し続けてくれた仲間には心から感謝。

120701biwako08.jpg

<< カラダは正直 | ホーム | 2週間の練習の成果は? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。