にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

初滑りは大雪

121208ski01.jpg

ずっと前から12月8日・9日と初滑りに行こうと計画を立てていて、
数日前からどこのスキー場が滑れそうか調べていた。
ちょうどいいタイミングというか悪いタイミングというか、
ウン十年ぶりの爆弾低気圧がやってきて、ものすごい雪に遭うはめに・・。

土曜日の朝5時半にのっさんとヨメと3人で出発して名神高速を走っていると、
スピンした車に後続車が突っ込んでいく事故の瞬間を目の前で見てしまい、
おいおい、やめてや〜と汗をかきながらも、なんとなく波乱の予感。
東海北陸道を白鳥インターで下りて山の方へ向かうと、
道路はすっかり雪に覆われていて、周りも真っ白。
雪が降るのはうれしいけど、12月1週目でこの景色はありえないでしょ。

121208ski00.jpg

真冬なみの積雪を見たのっさんは、まるで赤い布を見た闘牛のように
テンションあげあげ。
悪魔が笑っているかのような顔でニタニタしている。

ウイングヒルズ白鳥リゾートに着くと、吹雪で視界も悪く、ゴンドラも
止まっているのでとりあえずレストハウスに入って・・・・まずビール。
休みをとってスキー場に来ているというだけでシアワセな気分なので、
ま、これはこれでいいっか。

121208ski02.jpg

1日券も買ったことだし、ちょっと滑りに行ってみようかと
クワッドリフトで上がり、横から雪が降る中、4本ほど滑ってみた。
しかし、なんなんだ、この豪雪は・・・。

121208ski03.jpg

今回からおニューの板なんだけど、雪質のせいなのか、
シーズンの初日でうまく滑れないからか、視界が悪くて楽しくないからか、
理由はわからないが最新モデルの感動はそれほど大きくはない。

そうこうしている内に昼になり、またビール。
昼ご飯を食べて眠たくなった3人はテーブルに顔を伏せてぐっすり昼寝。
    ・
    ・
    ・
    ・
「う・・よう寝てしもた・・・どうしよ。もうちょっと滑ってみる?
このままやったら晩ご飯までに腹減らへんし」と言った時には午後3時。
レストハウスの外に出てみると、置いていたスキーがこんな状態に。
(どれだけ休憩しとんねん!)
121208ski04.jpg

午後からはのっさんと板を交換してみた。
のっさんはシャーッと滑っていって、止まって一言。
「ええわぁ、これ」
またシャーッと滑っていって、止まって一言。
「いいねー」

かなり気に入ったようす。

ロッカー構造のスキーは新雪や悪雪で安定感を発揮するのもひとつの
特長だから、そういう意味では、降ったばかりで、しかも雪面が見えにくい
この日のコンディションは合っていたのかも。
確かにこの板は乗り心地がいい。最近のスキーはセンターが広いしね。
石畳を歩くのと絨毯の上を歩くほどの違いと言えば大げさだけど、
豆腐でいうと木綿と絹ごしくらいの違いはある。わかりにくい表現かな・・。
なにせ荒れた雪面でもゴツゴツ感がなく、しっとりとした滑り味がある。


視界も開けてきたし、いちおう記念写真。

121208ski001.jpg


夕方まで滑った後は宿へ。風呂に入って、おいしいものを食べて・・・
泊まりでスキーに来るのはここからが楽しいんだなー。

121208ski09.jpg

この週末はたまたま愛知県の指導員研修が行われていて、同じ宿に
指導員の人たちが泊まっていたので興味深い話をたくさん聞くことができた。
ビールと鍋を堪能したあとは部屋でまだ飲みながらフィギュアの
グランプリファイナルを観て、気がついたら全員爆睡。

朝、目が覚めると、きのうからの雪はまだ降り続いていた。
こりゃ帰りは大変なことになるぞということは誰でも予想できることで、
この日は滑らずに帰ることにした。

しかしすんなりは帰れない。
ひと晩降り続いた雪は、完全にクルマを隠していた。

まず、宿の玄関からクルマへ行くまでの道を雪かきしないといけない。

121208ski06.jpg

ワゴンなのに雪が積もりすぎてミニバンのようなシルエットになってるし。

宿で道具を借りて、みんなで雪下ろし。

121208ski07.jpg

午前10時頃に宿を出発すると案の定、帰りの道にはきちんとした装備で
来ている者とそうでない者がいて、スタッドレスタイヤを履いているけど
四駆じゃないからタイヤが空回りして動けなかったり、ノーマルタイヤで
上がってきて、しかも積んでいたタイヤチェーンが切れていて使い物に
ならなかったり、そういうのに限って道の真ん中で立ち往生しているもんだから、
前も後ろも渋滞したりする。

121208ski08.jpg

でもそこにいたスキーヤーやボーダーはみんな優しい。ノーマルタイヤで
上がって来ているような大バカ野郎と言ってもいいくらいの相手に、
「おまえのような奴がおるから、みんな大迷惑なんじゃ!」とは言わずに
「いけますかー」「道具貸しましょうか」なんて声をかけて手伝ったりしている。
大人やな〜。
でもちょっと離れたりすると本人に聞こえないように
「ありえへん。ありえへん」「考えられへんよなー」なんて言ったりする。
もちろん自分もそのひとり。
そういうのを何カ所かクリアし、時には雪が降りしきる中で動かすのを
手伝ったりしながら、東海北陸道に乗っても道に雪が積もっていて真っ白。

あとで知ったところでは、自分たちが通った道で土曜日の夜は車7~8台が
スリップ衝突事故を起こして1人が犠牲になり、日が暮れて雪が降り続く中で
4時間もの間すべての車は動けなかったらしい。翌日も午後から何らかの理由で
夕方の5時まで通行止めだったと聞いたりすると、土曜日に1泊して
日曜日の朝から帰ってきた自分たちは正解だったなとつくづく思ったりして。

<< ドイツのクリスマス | ホーム | 走るつもりが・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP