にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖は大荒れ

130825biwako01.jpg

「ひこにゃ〜〜ん」

彦根城に行ってひこにゃんに会ってきました。
ひこにゃんのおかげで彦根城の観光客は何倍くらいに増えたんだろうと
思うくらい、ひこにゃん人気のすごいこと。2時間に一度登場する時には
いつもカメラを持った人だかりができていた。

130825biwako02.jpg

彦根城を後にしてからは、約1時間12キロのランニング。
宿のお風呂で汗を流した後は、お楽しみの夕食ターイム!

130825biwako03.jpg

去年は近江牛のステーキを前にしていながらワインを我慢したけど、
今年は飲んじゃうもんねー。

130825biwako04.jpg

130825biwako05.jpg

ところが、旅館のご主人は、オプションで予約してあった近江牛のステーキを
忘れていた。すっかり頭から抜けていたみたいで、肉を仕入れていない。
ガビーン!!ショックー。
忘れていた理由は・・・ご主人の料理の腕がいいことで有名なこの宿は
24時間テレビの滋賀県代表に指名され、番組で販売するお弁当300食のうち、
まず100食を作る作業に追われていて夜もほとんど寝ていない状態らしく、それで我々のステーキが抜け落ちていたと・・・・。

ご主人は申し訳なさそうに、これで勘弁してくださいと、
残りの200食に使う予定だった近江牛のスキ焼肉を出してくれた。

130825biwako06.jpg

すごくやわらかくて、甘みがあって美味しい!
いや〜、十分満足ですよ、このお肉で。
もちろん本当はステーキが食べたかったけど・・。


部屋に帰ると、10日前に人事異動が発令されたために来れなくなった三輪さんからこんな差し入れが!

130825biwako07.jpg

あちゃ〜、急遽代理を探さないといけなくなったことに
責任を感じはったんやなぁ。すんません、気ぃ遣ってもらって。

そう、みんなで滋賀県に来たのは、ひこにゃんに会うためではなく、
去年に続いて琵琶湖をリレーで泳いで横断する大会に出るためだった。

130825biwako08.jpg

翌朝は6時前に大会の集合場所に移動。
助っ人のジャッキーさん、キャプテン翼くん、ぐっさんも到着。
今年はあいにくの天気で、大雨・雷・洪水注意報も出ていたけど、
大会事務局は予定通りレースを行うと言う。

クルーザーで応援に来てくれる予定だったアイーダさんたちは、
悪天候のために計画を中止。たぶんそっちが正解。

朝7時、全14チームが漁船に乗って、彦根から対岸の高島市へ移動。

130825biwako09.jpg

悪天候の中で16キロを泳がないといけないんだけど、
この時点ではみんな、この後の恐ろしいコンディションを肌で感じてはいないので、テンションあげあげ。

130825biwako10.jpg

対岸へ到着し、第一泳者のちゃあみがスタート地点まで泳いでいこうとして
まず恐ろしい事態が発生。
水中は、底から生えている長い藻がジャングルのようになっていて、
手や足を動かしていると藻が足首や手首に巻き付いてきて身動きが取れないようになり、溺れそうになる。
もうこれは、亡霊に水中で足を引っ張られるような恐怖の現象で、本当に水中に引きずり込まれる可能性もある。
「ちゃあみ、代わろか?」と言って急遽ちゃあみと順番を代わることになって、第一泳者としてスタートした。
心の準備ができていなかったものの、「俺がやらなきゃ誰がやる」的な気持ちで泳ぎ始めたところ、藻のジャングルを無事に抜けたのはいいけど、波が高くてまともに泳げない。
体が上下に大きく揺さぶられ、リカバリーの腕に波が当たったり、息つぎをしようと思っても顔に波がかぶったり・・・・。

長い長い30分を泳ぎ切ってうらちゃんにタッチ。
その後もRyuさん、ちゃあみ、ジャッキーさん、キャプテン翼くんと
つなぐが、波が高い上に途中からは潮の流れも強くなり、みんな普段の
自分の泳ぎができない。てか、泳ぐこと自体が大変。しかも寒いし。

130825biwako11.jpg

そんな中、雨に打たれて体がどんどん冷えていくのに
大声で全員を応援してくれたぐっさん。

130825biwako12.jpg

我がTEAM Airのメンバーはその応援を無駄にしないようにと、みんなでみんなをカバーしながら頑張るが、上位の船はどんどん遠ざかっていき、こちらは波と潮に苦労して距離を稼げない。
去年を知っている者は「去年は天気もよかったし、もっと泳ぎやすかったんですよ」と言うが、去年の状態も琵琶湖の姿なら、今年の状態も琵琶湖の姿なんだろう。

みんな疲れが回っていたのと、制限時間と残りの距離を考えると完泳は不可能なこと、まだまだ続きそうな悪天候、などを考えて、中間地点を少し過ぎたあたりでリタイアを決意。
4時間以上戦ったけど、力が及ばず跳ね返された。

リタイアの提案に誰も反対しなかったし、きっとそれはみんなのいい判断だったと思っているし、みんなそれぞれ怖さと戦いながら自分の役目を果たそうとチャレンジしていたし、力を出し切った感はあったので後悔はしていないし、悔しいという思いでもない。
ただし、自分も含めてひとりひとりの心の中には、
「泳ぎを鍛え直すぞ」っていう気持ちが芽生えているはず。
そういう意味では、みんなで襷をつないで完泳する感動は味わえなかったけど、参加してよかったし、その感動は次回の挑戦で必ず味わいたい。みんなそう思っているはず。

130825biwako13.jpg

<< スイムを作り直す | ホーム | お盆の過ごし方。 >>


コメント

お疲れ様でした。

グルメブログで終わるのかと思いきや、想像を絶する琵琶湖でのスイムリレー、、、皆さんの頑張りに感動しました!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       fdd

また次回

★Masaさん
上位チームと比べて泳力的に劣る我々にとっては厳しいレースでしたが、いろいろあって楽しい2日間でした。
とにかく、事故が起こらずみんなが無事に家まで帰ったことがなによりでした。
これが我々の限界だとは思わず、また次回、挑戦します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。