にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松トライアスロン

高松はいい大会だった。
ずっと前からスタッフブログも読んでいたので、この日に向けての
準備の様子や意気込みもよくわかったし、受付や前夜祭でも
スタッフの対応が親切でスムーズだった。
よく、スタッフTシャツを着ているだけで何もわかっていない人が会場にいる大会もあるけど、この大会はきちんとみんながレクチャーを受けているように感じた。
そして何より、台風が近づいて大雨になった大会当日、すべてのスタッフがずぶ濡れになりながらも、自分の役割を果たそうと懸命に動き、全力で選手をサポートしてくれた。それは、きっと全選手が感じていたことと思う。



サンポート高松トライアスロンは、
今年からオリンピック・ディスタンスになった。
距離はスイム1.5k、バイク40k、ラン10k。
今回はヨメをはじめ応援組はなし。パラトライアスリートのサポートをしているTri6の大西さんと二人での遠征。
それでもみんなは天気を心配して、無理せず頑張れというメールをくれるので、心配かけないようにという気持ちで、海が荒れないことを祈っていた感じ。


土曜日、朝8時神戸発のフェリーに乗り込み、
とりあえず二人で讃岐うどん。
高松までクルマで走るという選択肢もあったけど、
やっぱりフェリーは楽だ〜。

130915takamatsu01.jpg

昼過ぎに会場に着いて選手受付を済ませ、スイムのコースをチェック。
スイムは海岸と平行に、片道375mのコースを2周回。

130915takamatsu02.jpg

会場に「来年買いたいな〜」と思っているクルマが展示されていたので
乗り込んでチェック。この時点では雨も降っていないし、二人ともかなり
リラックスできていた。

130915takamatsu03.jpg

そして夜は前夜祭。
アルコールは出ないけど、食べ物、飲み物は無料。
明日はソフトバンクの白戸家のお兄さんもトライアスロンに初挑戦。
まったく泳げない状態からこのレースのために練習を積んできて、決意を語っていた。初トラに向けてアドバイスをとマイクを向けられたので、「ぼくも最初はパニックになって溺れそうになったので、落ち着いて泳いでください」と言ったものの、よけいにプレッシャーをかけてしまったんじゃないかと後で後悔。

130915takamatsu04.jpg

130915takamatsu05.jpg

130915takamatsu08.jpg

130915takamatsu07.jpg

130915takamatsu06.jpg


この日はこれでホテルに帰り、缶ビール片手にテレビで海猿を見ながら、
仲間からのメールをチェックしつつ、台風の影響が出ないことを
祈って就寝。

翌朝は4時半に起床。
ホテルを出るとすでに激しい雨が降っていた。
会場近くの駐車場にクルマを止め、
大雨の中でバイクをクルマから降ろして準備。

130915takamatsu09.jpg

会場へ移動してセルフチェックシートを提出。ウエットスーツのチェックを受けたあと、トランジションエリアでバイクやランのセッティング。

130915takamatsu10.jpg

開会式で大会会長の高松市長が開会を宣言すると、
選手全員から大きな拍手とともにウォォォォという声が上がる。
大雨の中でみんなやけくそになってテンションが上がってる感じ。

レースは7時スタート。
大西さんと「ゴールで」と握手をしてフローティング・スタートの海の中へ。
心配していた海は荒れてはなく、比較的泳ぎやすかった。
折り返して沖へ出た時だけ波があった程度で、バトルも常識の範囲内。
スイムアップは27分8秒。うっしゃー!
過去のレースでは、1,500mの最速タイム。
こりゃ調子いいぞとバイクにチェンジ。
バイクパートは、片道2.5kmのコースを8往復。
1周の間に直角コーナーが8つ、ヘアピンが3つ。

高松市のメインストリートを走るバイクコースは広く、
大雨の中でも気持ちいい。みんな後輪から水しぶきを上げて走っている。
こんな土砂降りでも沿道の応援が多いことにビックリ。
みんなずぶ濡れなのに大声で応援してくれる。もう涙が出そうにうれしい。

脚はよく動いていた。スピードにも乗っている。
ただ、雨でブレーキが効かないので、かなり手前からブレーキをかけないと、カーブを曲がるスピードに減速できない。
1周目はまだバイクの台数が少ないけど、周回を追うごとにたくさんの選手がスイムアップしてくるので危険だろうなと思いながら走る。

バイクコースの一部はJR高松駅をくぐるようになっていて、
駅の下を下って上るトンネルになっている。
トンネルの断面は平たくて四角く、壁にはオレンジのライトが並んでいて、プチ・モナコグランプリのような雰囲気もある。

1周目の終盤、そのトンネルの中を勢いよく下っていると、15mくらい前を走っていた選手が、何を思ったのか、Uターンするかのようにゆっくりと右に回り出した。
「危ない!!危ない!!危ない!!」と絶叫するもブレーキは効かず、おそらく50キロ前後出ていたであろうスピードは減速しなかった。
ここで終わりか、と思いながらハンドルを握りしめる。目の前にはバイクを横に向けて呆然とこっちを見る選手。そこへT字型に衝突。(こちらがTのタテ棒)

気がつくと二人は別の位置で倒れていた。
バイクを確認すると、チェーンが外れていた。マーシャルが走ってくるのが見えた。
外れたチェーンを直していると、後ろでガシャーンという大きな音がトンネルに響いたので振り返ると、さっきの選手に後続の別の選手が再び突っ込んでいた。
二重衝突・・・。

自分のバイクはホイールが歪んでいることもなく、ブレーキシューが当たっているわけでもないので、とにかくまたがってレースに復帰する。目で見える以外にどんな損傷があるのかは分からない。
メイン会場近くまで行って折り返し、現場の様子を反対車線から見ると、二人の選手は倒れたままでいた。マーシャルが電話で「意識がもうろうとしています」と連絡している。
約10分後に再びその場所に帰ってくると、現場には赤色灯が点滅していた。
事故現場の手前で「減速!減速!」と叫んでいるマーシャルの声がかれていた。
3周目になっても二人は倒れたままだった。

雨のレースは危ない。
無事にゴールすることを考えよう。選手みんながゴールできることを考えよう。コーナーの手前で無理な追い越しをかけたりするのはやめよう。そんなことを考えながら走った。
道が広いので十分にゆとりはあるが、それでも前の選手を抜く時は必ず「右から抜きます!」と声を掛けた。
そうすると、どの選手もみんな、「はいっ!」とキレのいい返事をしてくれる。
あるコーナーを曲がっていると、ガシャーンという音とともに対向車線のコーナーで他の選手が落車して滑っていた。雨のレースはほんとに危ない。

4周目くらいになると、トンネルの事故現場に倒れているのは一人になっていた。
それは自分がぶつかった選手なのか、後から突っ込んだ選手なのかは分からない。
減速を指示するマーシャルは、もう声が出ていなかった。
ザーザーと雨が降る中、他のコーナーでも、
事故を防ごうとマーシャルや大会スタッフが叫び続けていた。
「減速〜!!」
「ライン変えない〜!!」
「マンホール注意〜!!」

5周目、事故現場に車椅子が運ばれて行くのが見え、6周目には倒れたままだった選手が、足を伸ばして起きているのが見えた。そして7周目、現場には誰もいなくなっていた。

5キロ×8周回を終えてバイクフィニッシュ。
ランニングシューズに履き替えてランスタート。
ランのコースは海の近くのコースを2.5km×4周。
でも防波堤近くが強風で危険なため2km×5周にコース変更されていた。
ここまで来るとスイムやバイクと違って危険度は低くなり、あとは自分との戦いだ。
走り出した時点で、スタートから1時間46分くらいが経っていた。
キロ4分ちょっとで走ると2時間半を切れる。でもそれは不可能。トライアスロンのランとマラソンとの違いは、疲れた状態でスタートすること。普段と同じ走りができる選手なんていない。
コースは、アスファルト、石、芝生、土とバリエーションが多い。
「土」の部分は雨で「泥」になっているので時々シューズがヌルッと滑る。
エイドでは大雨の中で小学生が「アクエリアスです」「アクエリアスです」とコップを差し出す。
ランのコースでも応援は多い。なんなんだこの大会は。なんでこんなどしゃ降りの中で熱心に応援してくれるんだ。

3周目くらいから脚が動き出した。
4周目、5周目とビルドアップしているのが自分でわかる。
残りが600mくらいなのか800mくらいなのかわからなかったけど、
時計を見ると2時間28分が経っていた。
あと2分で走れば2時間半を切れる。でもやっぱり無理。物理的に無理。
ただ、あきらめたら脚が止まりそうなので、そこからは時計を見ずに走った。
奇跡はいつもあきらめない者を探しているって聞いたし。

最後は残っている力を使って、思いっきりダッシュしてゴール。
やっぱり2時間半は切れなかった。
でもこの大会に限っては、いつものトライアスロンの苦しさはなかった。
暑さとの戦いがなかったからだろうか。
結果は、2時間32分台で自己ベスト。
総合102位/458名
年代別3位/73名エントリー

FMのインタビューを受けて、
「今日は雨も降っていたし落車も多かったんですけど、仲間が大阪で、無事にゴールすることを待ってたので、それだけを考えて走りました」と言いながら泣いていた。
どうしてこんなに涙腺が弱くなってしまったんだろう。


高松はほんとにいい大会だった。
「ぜったい成功させるぞ」「選手に満足して帰ってもらうぞ」という気合いが
随所に伝わってきて、とても気持ちのいい大会だった。
天気がよかったらランのコースは日影がないのでキツイだろうけど、
瀬戸内海を見ながら走るのは気持ちいいかもしれない。
それと、バイクのコースが広い。それが何より気持ちいい。
この大会は、これからももっともっと成長していくような気がする。

スタッフのみなさん、それから沿道で応援してくれたみなさん、
大雨の中でサポートしてくれてありがとうございました。
とっても気持ちよく戦えました。

130915takamatsu11.jpg

130915takamatsu12.jpg

130915takamatsu13.jpg

130915takamatsu14.jpg

130915takamatsu15.jpg

<< 高松トライアスロン余談 | ホーム | 伊良湖へ応援に >>


コメント

ご苦労様でした。

ご無事で何よりです。良かった良かった。
ブログ読んでいて、もしかして大怪我されたのかと思いヒヤッとしました。
雨のレース、まだ経験ありませんが、バイクが怖そうですね。
いつもブログ読ませていただいて思いますが、成績も凄いですが、最後までモチベーション落とさず終えきる精神力、ほんと凄く思います。
ご苦労様でした。



おめでとうございます。

悪天候、自転車アクシデントにもかかわらず、エイジ3位入賞おめでとうございます!!特にアクシデントの現場周回では、レースに集中できない状況ではなかってでしょうか、、、。大会のスタッフの熱い情熱、私にも伝わりました。

ありがとうございます

★すし一さん
それはかいかぶりです。根性なしですよ、私は。
雨のレースは確かに怖いです。路面が濡れてるだけならまだましなんですが、雨が降り続いている場合はほんとブレーキが利きません。そうなったら自分ではコントロールできないですし、今回も、怪我しなかったのが不思議なくらい激しく激突しました。
レースだけじゃなくて練習もそうですけど、まず安全であることが大切だと(最近つくづく)思います。

★Masaさん
ありがとうございます。
自分がそうなっていたかもしれないだけに、倒れていた選手が心配でした。大会本部にメールで問い合わせてみたので、そのうち返事が来ると思います。スタッフのブログには「無事に大会を終えることができました」と書いてあったので、大きな怪我にならなくて済んだのかなと思ってるんですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。