にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

宝塚な1日

ヨメは子供の頃から宝塚のファンで、ベルバラも公演のたびに観ているらしい。
そんなヨメがベルバラのチケットを取ってくれた。

140510takarazuka03.jpg

30代の頃、宝塚市に10年ほど住んでいたのに、歌劇は一度も観に行ったことがない。
つまり自分にとっては今回が初TAKARAZUKA。

140510takarazuka01.jpg

140510takarazuka02.jpg

歌劇と歌舞伎は一字違いだけど、歌劇と歌舞伎はまったく逆。
今さら言うまでもないけど、男が女も演じる歌舞伎と違って、女が男も演じるのが宝塚歌劇。
そういう特徴もあるし、トップが必ず男役だというのもあるのでよく男役が注目されるけど、男から見ると、やっぱり女役がきれいだった。女が女らしく着飾ったらホントに奇麗。

それと、背景美術がきれい。
舞台がフランスだというのもあるかもしれない。パリの町並みやベルサイユ宮殿の中など、すごくうまく描かれていて、しかも目の錯覚を利用して、横一列に並んでいるものが前後に並んでいるように見える工夫とかがいっぱいあって、感心することばかり。
カーテンが閉じるたびに次はどんな背景が出て来るのかワクワクした。

140510takarazuka04.jpg

ストーリーは、荒くれ集団の衛兵隊がオスカル隊長の信念に魅せられて着いて行くところとか、ルーキーズに似てるかな。いや、そんな比較をしたらベルバラのファンにしかられるか。


宝塚はとても特殊な世界だけど、でも観に行ってよかったし、ビデオでいいから他の人が演じたベルバラも観たくなった。汀夏子とか、観たいな・・・。


その後は神戸に移動して、義母を連れ出し、
ハーバーランドで母の日ディナー。

140510takarazuka05.jpg

義母も大昔から宝塚が好きだったらしく、その話題で盛り上がる、盛り上がる。
そんな話をしながら食事をしていると、お店のおねえさん(年配のチーフ)も宝塚のファンらしく、またそこから盛り上がる、盛り上がる。

おそるべし宝塚。
と言いつつYouTubeでいろいろ検索して過去のトップスターのムービーを観ている自分がここにいる。

<< 計るだけダイエット | ホーム | 食べてばかりいるとどうなるか >>


コメント

オカンに連れられてよく行きました、タカラヅカ。子供の頃は、あれが女だとは信じられず、マグマ大使に出てくる人間もどきにみんな騙されてるのと同じノリで、大人は騙されてると思ってました…

しかし「ベルサイユのバラ」、「男装の麗人」が主人公なんて、タカラヅカにぴったりすぎるくらいのネタですよね!^_^

★サイモンさん
宝塚はよく行かれてたんですか。私はこの歳で初めてでした。でもマグマ大使は夢中になって見てましたし、毎日のようにロケットの絵を描いてました。

ベルバラは、リボンの騎士と重なって見えました。オスカルもアンドレも凛々しくてかっこよかったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP