にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン応援

マラソン大会のポスターっていろいろ個性があって、
大勢のランナーが一斉に走り出している写真を使っているものや、
大会のキャラクターが描かれているもの、
筆を使った勢いのあるイラストがメインになっているもの、
コース上の名所がちりばめられているもの、
などなど、たいがいは走ることの楽しさや、
大会の華やかさを感じられる作りになっていたりする。


しかし今年の篠山マラソンのポスターは衝撃的だった。

なんと、ただ田んぼを耕しているだけ・・・。

150301sasayama00.jpg


そんな今年の篠山マラソンは、ポスター同様に天気も普通じゃなかった。

会場で応援する前に前段があって、
去年の暮れにRyuさんに「篠山マラソンの応援、走って行きたいんですけど」
とお願いしていて、Ryuさんはそれに合わせて都合をつけてくれていた。

天気は雨になったけど、決行する事になり、
まず朝の4時半にRyuさんが迎えに来てくれて茨木を出発。

150301sasayama02.jpg

150301sasayama03.jpg

茨木から箕面、池田を越えたあたりで夜が明け始めた。
川西能勢口を過ぎると猪名川まで登りが始まる。
よくこんな所に住んでるなと思うような住宅街の上り下りを越え、
4時間かけて「道の駅いながわ」に到着。
ここまで28キロ。いつもはロードバイクで来ていたところへランで来たのでちょっと感動。

150301sasayama04.jpg

2度目のコンビニ休憩でカップヌードルを食べたのにまたお腹が減って、
3度目のコンビニ休憩は体を温めたくて豚汁。

150301sasayama05.jpg

30キロを越えてからの2つの山越えがキツかった。
延々と続く上りを「まだか〜」「やるな〜」「解放してくれませんね〜」「もうどこまでも上ったるど〜」などと言いながら足を進めていると、
1台のクルマが横に止まって、中を見るとぐっさんと翼くんがニコニコしながら手を振っていた。
お、こんなところで会うなんて偶然やねー。

ぐっさんに「乗るぅ〜〜〜?」と聞かれ、
「乗りたなるから早よ行って」と言うと、笑顔で手を振りながらシャーッと走り去っていった。

篠山市内に入っても坂は続く。

150301sasayama06.jpg


結局10キロ続いた坂を登り切り、下ってしばらく進んでいると
またも目の前に山が。
もう気持ち切れるわ・・・・。
さっきは強がりを言ったけど、ぐっさんのクルマに乗せてもらってたら、こんな山・・座ってるだけで越えて行けたのに。

なんとか2つの山を越え、国道沿いでコンビニを見つけ、
腹が減っていたので今度はカップヌードル・カレー。

150301sasayama07.jpg

篠山市内に入ると、雨に加えて冷たい風も吹いていて、体感温度が低い。
指先までかじかんですごく寒いんですけど、
こんな中でみんなマラソンに出てるんっすか?

55キロを走ったところでGPSの電池がなくなった。
ここからはRyuさんの時計を頼りにするのみ。

結局8時間20分かけて60キロを走り、会場に到着。
長い旅になるだろうと思ってたけど、ホント長かった・・・。
facebookで瀧Gさんに「RWSさんでも交通機関を使わず、走って応援に行くの流行させましょうか?」って言われたけど、ありえないです。そんなの流行らせる気持ちはありません。

150301sasayama10.jpg

150301sasayama11.jpg

会場に着いてあたりを見ると、レースを続けている選手がいる一方で、リタイアしてスタート会場に戻っている選手もたくさんいる。
リタイアするのが正しい判断だろうと思うくらいの雨と寒さだった。

とりあえず2人で上半身を着替え、カラダを温めるために猪肉のカレーうどん・そばをそれぞれかぶりつくように食べた。

150301sasayama08.jpg

体を温めてエネルギーを補給した後はマラソンの応援。
沿道に立って応援し始めたものの、次々に走ってくるランナーが不思議に見えて仕方がなかった。
銀色のシートを被って係員に連れられている人もいたし、救急車も来ていたし、カッパの中に腕を突っ込んで走っている人もいたし、こんな冷たい雨が降る中、何がランナーを支えているのか理解できなかった。
大声を出して応援しているうち、体を震わせながらゴールを目指して前に進んでいる選手を見ていると涙が出そうになった。

150301sasayama09.jpg

完走した人も、途中棄権した人も、沿道で応援した人も、それから大会のスタッフも、今年の篠山マラソンはみんなにとって記憶に残る大会になったんじゃないだろうか。
その場にいたすべての人にお疲れさまと言いたいです。

<< 今シーズン最後の野沢温泉 | ホーム | 呉とびしまマラソン その2 >>


コメント

物凄いことやりますね(笑)
篠山まで走って行こうと思うこと普通じゃないけど、更に雨と寒さの中、決行するなんて、もう狂気の沙汰です(笑笑)
でも、こういう辛い中、成し遂げた事って記憶にずっと残りますよね。
ご苦労様でした。

お疲れ様でした

変態は、どんどんエスカレートしていきますね〜(失礼)
わたしは6年前に車の免許を取得して初めてひとりで篠山マラソンの応援に行きました。車でもたいがいな道だったのに雨の中走って行くなんて変態行がやみつきになりませんように笑

疲れました

★すし一さん
そうです。狂気の沙汰です。1年前のこの時期は1ヵ月に2〜30キロしか走っていなかったのに、こんなことする人間になるなんて思ってもみませんでした。
足や腰も筋肉痛ですけど、肩の筋肉痛が一番ひどいです。

★elemama
変態と呼ばないで〜。変態ですけど。
変態と思われるのがいやなので大っぴらにはしたくなかったんです。やっぱり変態ですよね。

あの雨の中、凄いです!!

ご無沙汰してます。ゴール手前のところで応援されているのをお見かけしましたが、まさか茨木から篠山まで走られているとは。凄いです。
私は、何とかあの雨の中、何度も止めようかと思いながらも4時間30分でゴールできました。宿に戻ってからも手がかじかんで、なかなか着替えができず大変でした。

選手の方がスゴイです

★ハタ坊 コメント返しを忘れていました。
あの寒い中、篠山を走っていたんですか?止めようかと思いながら4時間30分でゴールって・・・それはお疲れさまでした。ランナーにとってはキビシイ天気でしたね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。