にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士五湖100k

まだまだ先だと思っていたのに、やってきました、一生出ることはないと思っていた100キロマラソンの「チャレンジ富士五湖」。
土曜日の朝、30数名でバスに乗って大阪を出発し、富士山の麓についたのが夕方。

ホテルに入るとすぐにみんなで翌朝のレースの準備。
天気や気温や補給食のことを考え、まるで学生の下宿のように部屋を散らかしながら、人の準備をお手本にしたり、アドバイスをもらったり。

150419fujigoko01.jpg

とりあえず天気は悪くなさそうなので、
雨対策や寒さ対策は完全防備でなくても大丈夫そう。
準備ができたら次はお風呂だ。

うお〜!露天風呂から富士山がこんなに近くに。

150419fujigoko06.jpg

こりゃみんなで写真を撮らなきゃ。

↓ただの慰安旅行気分のおっさん達。
150419fujigoko02.jpg

テルマエ・ロマエIIIはこの人を主人公で。

150419fujigoko03.jpg




で、いよいよ大会当日。

2時に朝食を摂って3時過ぎにホテルを出発。
会場に着くと、まだ夜中だけどたくさんの選手で熱気はムンムン。
100キロ先まで走って行きたいと思っている人が世の中にこんなにいることが理解できない。

メンバーの大半は4時半スタートなので、「ゴールでー!!」と言いながらみんなをお見送り。

150419fujigoko04.jpg

150419fujigoko05.jpg

いよいよ自分たちの番。
スタートの5時が近づいた頃はもう夜が明けていた。


  ↓5時の富士山
150419fujigoko_05fuji.jpg


  ↓5時のオレ
150419fujigoko_05ore.jpg

ゲストの寛平ちゃんに見送られてスタートしたものの、
ヨメが時計のGPSのボタンを押し忘れていて、衛星の電波を拾うのに3分くらい立ち止まって時間をロス。
競技場を出た時にはダントツ最後尾になっていた。

ロング走の練習はしてきたけど、100kは初めてなので、無事に完走できるという確信もなく、「7時間走っても8時間走っても疲れない走りをしよう」とヨメに言いながらとにかくゆっくり進んだ。


  ↓7時の富士山
150419fujigoko_07fuji.jpg


  ↓7時のオレ
150419fujigoko_07ore.jpg

山中湖は大きな湖で、桜もまだ残っていてすごく景色がきれい。
天気がいいので富士山も大きくはっきりと見える。
洒落た観光地って感じで、スポーツカーやオープンカー、3輪の大型バイクやサイドカーなど、クルマやバイクもおしゃれなのが走っている。
発売されたばかりのS660も走っていた。


仲間からもらったメッセージを頭の中で思い出しながら走る。

 “心で体で富士山の力を感じましょう”

 “きれいな空気をたくさん吸って、お山をたくさん見ながら楽しんでください”


  ↓9時の富士山
150419fujigoko_09fuji.jpg


  ↓9時のオレ
150419fujigoko_09ore.jpg

沿道から「おはよーございまーす。がんばってくださーい」と声がかかる。
起きてから8時間くらい経っているので「おはようございます」と言われても違和感を感じるけど、そっか、まだ午前中なんだ。


 “ジャーニーランを楽しんでたらいつの間にかゴールだった。そんな楽しいRunになります様に”


うん、今日は日が暮れるまで楽しく走ろう。
終盤に足が止まってしまわないような走りをしよう。


  ↓11時の富士山
150419fujigoko_11fuji.jpg


  ↓11時のオレ
150419fujigoko_11ore.jpg

それぞれ10分から15分くらいしか余裕がなかったものの、関門はひとつずつクリアしていけた。
気がつけばフルマラソンの距離も過ぎていた。


 “日本一の富士山を見ながら周りのみなさんと楽しく走れます様に。健闘を祈ります”


途中からヨメは痛めた膝が調子悪くなってきたらしく、ロキソニンを飲んで痛みを抑えていた。
予想外だったけど自分は60キロを過ぎても70キロを過ぎても脚は大丈夫だった。


 “走ってる時、ちょっとだけ辛かったり、ちょっとだけ痛かったりするかも・・だけどゴールしたら絶対にすべてが素敵なよい思い出になります”


山中湖、河口湖、西湖と過ぎると、帰ってくるランナーとすれ違えるコースがあって、続々と仲間が向こうからやってきた。みんなすごい元気な走りをしている。
エイドでもたくさんの仲間が応援のために待機してくれていたり、そういうのを見ると自然と元気が出て、疲れてきていた脚もしっかり動くようになってくるから不思議。


 “挑戦できるコト、仲間と共に走れるコトに幸せを感じながら走り抜けて来てください”


気がつけば10時間以上も走っていた。
あと20キロ、あと10キロ、すげー、こんなに走ったのは初めてだー。
と言いつつも、さすがに脚はあちこち痛く、ヨメと二人、数キロ走っては立ち止まってストレッチをし、また走り出すの繰り返し。
それでも前を走るヨメの脚と上半身は、80キロを越えてもよく動いていた。


 “景色の変化、心の変化、身体の変化、周りの応援の変化、色んな事を、アンテナを拡げて感じて考えてください”



  ↓5時の富士山
150419fujigoko_17fuji.jpg


  ↓5時のオレ
150419fujigoko_17ore.jpg


  ↓5時のヨメ
150419fujigoko_17yome.jpg


95キロの関門で写真を撮って、それを仲間のフェイスブックページに上げて自分たちがどこにいるのかを知らせようと思っていたら、そんな必要もなく大勢の仲間が関門で待っていた。感激。

そこでしばし休憩をとって、最後5キロの上り下りをこなして競技場に入っていったら、さっき関門にいた仲間が先回りして出迎えてくれていた。
「手ェつないでゴ〜ル〜!」と言われたので、言われたとおりのポーズでゴール。
ヨメと手をつないだのって何年ぶりだろ。

150419fujigoko_07.jpg

ゴールに向かって走っている時には特別な感動はかなったけど、ゴール後にみんなが近くに来て声を掛けてくれたり、ハイタッチをしたり、握手をしたり、ハグをされたりしていると実感が湧いてきた。

自分は今まで100キロという距離を走ったことがなかったので、
後半は体中が痛くなって、最後まで走ったとしても、ひん死の状態で脚を引きずるようにしてゴールするのだと想像していた。

一方でウルトラを走ったことがある人の多くは
「フルマラソン1本よりも楽」と、意味の分からない事を言う。

はたしてどちらが正解なのか。
実際に走ってみてわかったことは、
ひん死の状態で脚を引きずりながら・・ではなかったけど、
「フル1本より楽かも・・・」と思っていたのは80kまでで、
やっぱりダメージはフルマラソンよりも大きかった。

もうひとつわかったことは、
練習の数カ月間とレースの十数時間を含めて、
たくさんの人が自分を100キロ先まで連れて行ってくれたということ。

<< 今の気持ちを忘れないために書いておこう | ホーム | 100kマラソンまで1週間 >>


コメント

おめでとう御座います!

100Km完走おめでとうございます。
皆さんの応援メッセージというエネルギーを噛み締めながら、奥様と共に完走、羨ましい限りです。トラシーズンに向けて、幸先良く、今年も爆走してください。

100㎞完走ほんとお疲れ様でした。
富士山も桜も綺麗で良かったですね。
奥様と共走してのゴール、ジ〜ンとしてしまいました。
少々照れますが、自分も嫁と手つないでゴールやってみたくなりました。
流石に家の嫁は100㎞走れませんが…

疲れました・・さすがに

★Masaさん
ありがとうございます。
トラのシーズンに向けて下半身の土台はできたので、今からはスイムを強化します。

★すし一さん
すし一さんが走られた去年とは違って今年はいい条件だったのがよかったんだと思います。
ぜひ奥さんとゴールしてください。大丈夫です。うちのヨメは1キロしか走れませんでしたから。

夫婦で合計200km!?

なんちゅう凄いご夫婦でしょうか!?
ビックリたまげました!
ほんとに、お疲れ様でした。そして、完走おめでとうございます。
まことさんには色々と教えられます。

夫婦で合計26時間

★muraPさん
ありがとうございます。
でも私がお教えすることなど何もありません。過酷なレースはもうそろそろしんどいので、逆にゴルフなど教えてもらいたいくらいです。

ええ話や~。

夫婦で13時間も濃密な時間を過ごせるなんて!
素晴らし過ぎます。

いえいえ

★tacocoさん
濃密かどうかは分かりません。ずーっとしゃべっていたワケでもないので。
でも我々にとってハードルの高いレースであったことには違いないので、無言で支え合っていたところはあると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。