にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生き物を飼うのは難しい」

【飼育記録として】

4月4日
熊手で土を耕していたらミドリガメの赤ちゃんが刺さる。
甲羅から腹まで貫通しており、死んだと思っていたが、
しばらくしたら動いたのでプラケースで飼い始める。
甲長3cmくらい。

4月5日
市販のカメのエサを食べないのでペットショップで相談し
冷凍のアカムシを与えると食べた。子ガメは生食が好きらしい。

4月8日ごろ
市販のカメのエサも食べるようになり、すぐに大好物に。

4月
甲羅の穴はほぼ閉じる。左の前足も普通に動く。
毎朝エサくれダンスをしてガツガツ食べる。
カメは水を汚しやすく、水質が悪いと病気になりやすいらしいので水換えは毎日7割くらい。
新しい水はカルキを抜き、お湯で温度を調整して追加。
糞やエサの食べ残しもスポイトを使って掃除。

5月
水カビを発症。
首や足の付け根に白いモヤモヤしたものが付いている。
きれいに取り除き、うがい薬を薄めて綿棒で患部に塗布。
3日くらいで完治する。
水質が悪いと水カビを発症するらしいが、水換えをしなかったのはキャンプに行った2日間だけ。

6月14日
45cm水槽に引っ越し。
今までよりも水深をやや深く(5〜6cm)したが、元気に泳いでいるし、泳ぎも上手くなってきている。




7月5日ごろ
カメのエサを食べなくなる。冷凍アカムシは食べる。
カメの好き嫌いや偏食は時々あるらしい。

7月8日ごろ
大好物だったカメのエサを食べないので様子がおかしいのかと思う。

7月11日
それまでは保温用のバスキング・ライトだけだったので、
日光浴用の紫外線ライトを設置。

7月14日ごろ
冷凍アカムシも食べなくなる。赤ちゃんらしい活発な動きがない。

7月中旬
目を閉じたまま陸に上がって動かない時間が多い。
水換えと掃除は相変わらず毎日。水温は29度くらい。

7月16日
甲羅干しをしたまま目を閉じて動かずにしている時間が多い。
水に入ったら斜めに浮いている。

7月17日
明らかに弱っているので動物病院に連れて行く。
移動中や病院内では活発に動く。
内臓疾患ではなさそうだという診断。
甲長は4.5cmくらい。体重は14g。
獣医さんからビタミンAを摂らせるように指示されたのでビタミンAを含むエサを買って与えたが、口の前に持って行っても食べない。
水に溶かしてスポイトで口のまわりを濡らすが飲んでいるかどうかは分からない。

7月20日
相変わらず目を閉じたまま動きが鈍い。
たまに水に入ると斜めに浮き、時々水面で体を揺らす。
ビタミンの入ったエサを小さなケースに入れて水に溶かし、そこに頭を半分くらい浸けてみるが、飲んでいるかどうかは分からない。
翌日も医者に連れて行くことを決断。

7月21日
朝から目を開いていた。今までよりもやや動いている気もするが医者に連れて行く。
レントゲンを撮った結果、肺炎であることが判明。
熊手が刺さった左側の肺が炎症を起こしていて、あまり空気が入っていない。それが斜めに浮いていた原因だと分かる。
体重が13gに減っていた。
栄養剤の注射を打ってもらう。
獣医さんの指示で、水槽の水を減らし、甲羅が全部浸かってしまわない程度にする。

7月21日 夜
ヨメから電話で、カメが死んだことを知る。





衰弱している子ガメに注射は刺激が強かったのかもしれないし、もしかしたら移動の揺れがストレスになったのかもしれない。
逆に医者に診せずに死んでいたら、弱っているのが分かっていてなぜ病院に連れ行かなかったのかと後悔しているだろう。

人間は動物と会話ができないので、生き物は、しんどい、苦しい、お腹が痛いと人に言葉で伝えられない。しんどかっただろうに。

自分の過去の記憶をたどって、あの時はどんな様子だっただろう、何かのサインを見逃していなかったか、何かを自分に伝えようとしていなかったか、もっと何か気付いてやれることはなかったか、もっと早く何かの手を打っていれば助かったのか、1日中そんなことばかりを考えている。

たった3ヵ月半の付き合いだった。
もっと仲よくなりたかったし、大きくなっても責任を持って世話をする覚悟もしていたのに。

生き物の世話をするのは、喜びも多いけれど、亡くした時の悲しみときたら、立ち上がれないほど大きい。

150722turtle01.jpg

150722turtle02.jpg

150722turtle03.jpg

150722turtle04.jpg

150722turtle05.jpg

150722turtle06.jpg

<< 夏の野沢温泉 | ホーム | びわこトライアスロンin高島2015 >>


コメント

十分な手当だったと思います。

残念な結果となってしまったようですが、このように大切に育てられたので、カメも喜んでいると思います。

残念です

★Masaさん
ありがとうございます。愛情をもって、一生懸命世話をしてきたつもりです。でもこうなってしまった今は、何が正しいのか分からないですけど、後悔につながるようなことばかりを考えてしまいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。