にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志賀高原(スキー篇)

160328shiga01.jpg

S谷号で朝6時に志賀高原到着。
クルマの表示は外気温マイナス13度になっている。
ウインドーの内側を銀色のシートで覆い、後部座席を倒して荷室とフラットにすると、遮光と保温が施された仮眠空間に変化した。
すげっ、ステーションワゴンなのにキャンピングカーみたい。

160328shiga02.jpg

160328shiga03.jpg



ゲレンデは、直前の2日間で降った雪のせいで冬のスキー場になっていた。
新雪が圧雪されて締まったバーン、低い気温、雪いっぱいの景色。

ひゃっほーーー!なんっスかこの気持ちよさは。
これからスキーシーズンが始まるんじゃないかと錯覚してしまいそう。
雲ひとつないピーカン、雪質はGood、テンション上げずにいられようか。

160328shiga04.jpg

160328shiga05.jpg

160328shiga06.jpg

160328shiga07.jpg

なにせ志賀高原は広いので、ゲレンデをよく知っている人間と来ないと
どう動いていいのか分からない。
焼額からゴンドラに乗って奥志賀、一の瀬、東館山、ジャイアント、蓮池、サンバレーと滑ってまた焼額に戻るコースをS谷くんがアテンドしてくれ、1日かけて滑りたおした。

どんどん移動しながら、どんどん滑る。
どこも圧雪されていて、スピードに乗るバーンが多い。
160328shiga08.jpg

↓昼メシ時にゲレンデマップを見ながら、どこから出発してどのリフトに乗ってどこどこを滑ってきたのかを説明してもらっているところ。
160328shiga09.jpg





夜は風呂の前にホテルのプールでスイム練。
学生の合宿などにも利用されるらしく、ちゃんとした25mプールだった。

160328shiga10.jpg

スイム練と言っても、他の利用客と雑談しながらの600m。
最近は泳いだ後が一番腰の調子がいいので、少しであっても泳ぐことを続けておきたかっただけ。



2日目は朝から標高2,307mの横手山へ上がった。
雲が自分たちよりも下にあって、
遠くには標高の高い妙高や黒姫山が頭を出している。

160328shiga11.jpg

160328shiga12.jpg


同じスキー場でも、下界とは違う世界が広がっていた。
青い空と白い雪と緑色の木。まるでリゾート地にいるかのようにゆったりと時間が動いていて、静寂の中に時々スキーを楽しんでいる子供の声が聞こえたりする。

160328shiga13b.jpg


リフトの速度が遅くてもぜんぜんうっとうしくない。
音楽もいらない。DJもいらない。
景色を見ているだけで気持ちいい。
自分たちは雲の上で遊んでいるという変な感覚。

160328shiga14b.jpg


職業柄つい看板や案内板を見てしまうんだけど、横手山の頂上は、木の板に文字を彫り込んでペンキで色を着けているものが多かった。面倒だろうけど手作り感があっていい感じ。

160328shiga15.jpg



午後からは熊の湯をいろいろ巡ったあと、緩斜面にコブ状の溝があったので、
最後はS谷コーチ指導のもと、繰り返し練習。

160328shiga16.jpg
160328shiga17.jpg

もう何も思い残すことはないです。
志賀高原、満喫しました。

<< 志賀高原(ゲレ食篇) | ホーム | ぎっくり腰 2週間 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。