にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南紀白浜トライアスロン

南紀白浜トライアスロンに当選した時点で、
白浜にあるのっさんの別荘に泊めてもらうようお願いしておいた。

遠征のメンバーはのっさん、私、ヨメ、それから噂を聞きつけて興味を持って加わったねーさん、みっちゃん、さかもっちゃん。

このメンバーがなかなかよかった。
みっちゃんは以前からずーっと練習の様子を気にかけてくれていたし、レース当日はコンサートのチケットを取っているのに白浜まで来てくれた。さかもっちゃんはバイク練習に付き合ってくれた上に今回は一眼レフを持ってコースを走りまくりながら撮影してくれた。
あとはのっさんの2日間に渡るマッサージ。
これのおかげで本チャンはカラダがすごく動いた。

160523shirahama08.jpg

160523shirahama07.jpg



そしてねーさんの手料理。

競技説明会に行っている間、

160523shirahama01.jpg


とれとれ市場で仕入れた食材を

160523shirahama02.jpg


手際よく調理して、

160523shirahama03.jpg


またたく間にこれだけのメニューが。

160523shirahama04.jpg


しかもカーボローディング用にしらすの山盛りバスタ。

160523shirahama05.jpg

写真には写っていないけど、この他にも鯛のあら煮と鯛メシも作ってくれた。

ねーさん、ひと仕事終えたの図。

160523shirahama06.jpg


当日は4時半に起きるつもりなので前日の宴会もそこそこにして21時半に寝たのに、夜中に別のホテルに泊ってるショーコさんから電話で起こされる。

びっくりして、
「何かあったんですか???」
と聞くと、いきなり

「ゴーグルの予備持ってませんか!!!」

「えっ????」

「入れ忘れたみたいで・・・・・」

ワラをもすがる気持ちで電話してきたショーコさんだったけど、なんとさかもっちゃんがゴーグルを持って来ていて、当日会場で貸すことができた。
うれしそうなショーコさん。

160523shirahama09.jpg
しかし、ゴーグル忘れるほど間抜けなのに結果は年代別3位って・・・。


さて、それじゃ我々もそろそろ行きますか。
今回はけっして宴会旅行ではなくてメインはレースなので。

160523shirahama10.jpg


白浜トライアスロンは初めての参加だけど、定員オーバーのために書類選考になって、「地域、男女比、実績で選んだ」とHPに載っていたことと、この大会は和歌山県の国体予選も兼ねていることから、「きっとツワモノばかりなんだろうな」と想像していた。

特にバイクパートはコース幅が狭くて抜かしにくいと聞いていたので、早くスイムアップできればコースも空いていて走りやすいと思い、スイムの練習をしっかりしてきた。


なのに、ぎょえ〜、まさかの第三ウェーブスタート。

160523shirahama11.jpg


しかも泳ぎ始めてすぐ、ゴーグルから水が入り出した。
でも、白浜の海の透明度は高く、底もよく見えたし、深い所にいるダイバーもよく見えた。
この大会は750mのコースを2周回だけど、1周目が終わった後、一旦砂浜に上がって折り返す。その時に仲間からの声が聞こえた。

160523shirahama17.jpg

ゴーグルを着け直し、2周目を泳ぐために海に入る。


スイム1.5kの目標は25分台だったけど、リザルトを見ると24分34秒だった。
よっしゃ、今までのベストタイムだ。

海から上がるとまた仲間から声がかかる。

160523shirahama12.jpg


バイクにまたがり千畳敷を目指す。
周回コースに出ると、確かにコース幅は狭い。その状態でフラットな部分や下りをみんなが高速で走るわけだから、すごく危険。
ここでも1周ごとに仲間から声がかかる。
スイム会場からバイクの周回コースまで2.7k(しかも上り)あるのに、みんなが応援のために走って移動してきている。
それだけでもどれだけアドレナリンが出るか。

     ねーさん、どこ向いてんねん ボクはココです
160523shirahama13.jpg


アップダウンが多くて、最後は激坂と聞いていた。
だからバイクの練習もしてきた。
サイコンを見ると、普段の練習であえいでいる時よりも速度が出ている。
下りでは54km/hまで出ていた。やっぱりレースっていつも以上の力が出るんだ。
一番スピードが乗ったところで、突然右手に太平洋が開ける。こりゃ気持ちいい。
幅の狭い道でみんなが高速で追い抜きをかけたりするのでかなり危険だけど、バイクで走る道としては最高。


上り下りの続くコースを5周回半し、最後の難所、白浜空港への上り坂。
前日にクルマでコースの下見をした時よりも、はるかに斜度がきつく感じたし、はるかに長く感じた。バイクから降りて押して歩く人もいると聞いていたけど、納得できる。ここは箕面練の成果を出す時だと思って必死で回した。

白浜空港まで上がると、旧空港の滑走路を1往復する。
滑走路の直線をバイクで走れるなんて、本来は最高に気持ちがいいはずなのに、さっきの坂で足が終わってるのでスピードが出ない。頑張って回してもせいぜい30km/h。

トランジションにバイクを掛けてランシューに履き替え、滑走路を走り出すと、
さかもっちゃんがカメラを構えて待っていた。
バイクのコースで応援をした後、ほんとにここまで走って上がって来たんだ。すごっ。


160523shirahama14.jpg

バイク40kmのタイムは1時間20分56秒。


ランは滑走路を端まで走り、そこから平坦な道と上りが続いた後、ゴルフ場沿いに2キロ半ほど下る。
そのあとは海岸沿いの道を6k走ってゴール。

バイクで脚を使い切るだろうからランはかなりキツイに違いないと思っていた。
だからランの練習もしてきた。

今回も意識したことはいつもと同じ。
3種目ともいいフォームで入ること。
そして、自分はベストを尽くしたと思えるレースをすること。

でもフォームを意識したのはどのパートも中盤以降になってから。
前半はどうしても頭が真っ白になってがむしゃらに行ってしまう。

ランのコース上でのっさんが声を掛けてくれた。
しばらく走ると今度はさかもっちゃん。
さっき応援してくれていた所からゴールまで5kあるのに、2人ともよく走るな。しかもさかもっちゃんは白浜空港にも行ってるし。健脚ランナーはすごい。

ここまで来ると全身ヘロヘロなので気持ちいいとは言いがたいけど、左手に海が広がる美しいコースを走りながらゴールを目指す。大きく加速はできないけど、遠くに見える人をひとりずつ拾っていく。
ところどころでさかもっちゃんが立ち止まってカメラを構えている。

160523shirahama15.jpg

ゴールまで数百メートルのところでまたひとり抜いたら、すぐに抜き返された。
その人をゴールの入口でもう一度抜いたら、最後は全力疾走のデッドヒートになって、また抜き返されて1秒負けた。

160523shirahama16.jpg

ほんの10秒ほど並んで全力疾走したけど、きっとこの人もトライアスロンが好きなんだろうなと感じた。

ゴールではみんなが待っていてくれた。
暑いのにここまで移動してきてくれたんだ。

ラン10kは46分31秒。

終わった・・・スイムスタートしてからずっと心拍が上がったままだったけど、やっと呼吸を整えられる。
ショート・ディスタンスでも自分にとってはじゅーーぶん長い。

結果は、
総合97位
年代別4位(ゴールでデッドヒートした人は同じエイジグループだった。)
結果は十分に満足だけど、1秒悔しい。


サポートのメンバーと大阪から応援メッセージをくれた人にはほんとに感謝しています。
ほんとにほんとにありがとうございました。


白浜はいい大会でした。
スタッフの対応はきちんとしていたので戸惑うこともなく準備や参加ができたし、応援も温かかったし。
なんといっても水と景色が美しい。



Photo by みんな

160523shirahama19.jpg

160523shirahama18.jpg

160523shirahama20.jpg

160523shirahama21.jpg

160523shirahama22.jpg

<< 白浜後の初練習 | ホーム | 減量に効果的だったのはなんだろう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。