にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑よろしければポチッと↑

プロフィール

まこと

Author:まこと
06年ホノルルで初フル
1961大阪市生まれ
大阪府茨木市在住
スキーとトライアスロンと甘いものが好きです
AB型
facebook

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入りのブログ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

[大阪城トライアスロン]

170625osaka08.jpg

第1回大阪城トライアスロン。
前日に選手受付をした後、EXPOで無料のマッサージサービスがあったのでお願いしたら、ふくらはぎも足底筋も、肩も肩甲骨まわりも柔らかいと言われた。
当日4時に起きて体重計に乗ると、今年で1番軽い体重だった。
疲労抜きもうまくできたし、雨予報の天気は曇りになったし、すべてが順調な気がした。

大阪城公園に着くと、いつもとは違うトライアスロン独特の雰囲気に変わっていた。
選手だけじゃなく、その選手が所属しているチームの人たちも来ているから、あちこちに知り合いがいた。
そのうちに普段ランで付き合っている友達が集まり始めた。他の用事があるので全部は見れないけど時間を割いて来てくれている人も何人かいて、ほんとにありがたいです。

↓スタート前に会えた人たち(の一部)。
170625osaka01.jpg


スタートして、スイムは375mを2往復で1500m。
お堀は泳ぎやすかった。
透明度は低かったけど、もっと見えない状態を想像していたので、それに比べたら、狙ってドラフティングゾーンに入っていけるくらいの視界はあった。水質は、臭いも味もなく、水道水みたいだった。
ブイが大きいのも見やすかったし、海で泳ぐ時のように、ヘッドアップした時に波で隠れて見えないということもなかった。
泳いでいる途中で何度か甲高い応援の声が聞こえた。みんなは俺がどこを泳いでいるか分かってるのか。うれしい。


バイクパートはコースが複雑で、前日に2回下見をしてやっと理解できた。

170625osaka02.jpg

170625osaka03.jpg

そして案の定、落車が多かった。
だいたい同じ場所で、何人もの人が落車して手当を受けているのを見た。

実は自分も落車寸前だった。
森の中のカーブを抜けている時に後輪が滑ってバランスを崩した。
横を走っていた女性がそれを見て「キャー!」と叫んだ。
後輪が右に滑って、自分の実感としては30度くらい傾いた後にブレーキを握ったのか後輪が宙に浮いて、そのあと地面でバウンドしてからグニュって感じで元に戻った。
態勢が崩れてもバランスを失わなかったのはスキーをやってるから?

横の女性も落ち着きを取り戻して「危なかったですね」と言ってくれたので
走りながら「ご迷惑かけました」と言うと、後ろを走行していた男性に「よう持ち直したね今」と言われた。

こんなふうに、「共走」の意識があるのがトライアスロンのいいところ。
実際、自分の回りに限って言うとドラフティングをしている人は見なかったし、自分たち同士で抜く時、抜かれる時に声を掛け合って、すごく選手のマナーがいいように感じた。


コーナーが多いことや天気・路面の状態を考え、大杉さんに相談してタイヤの空気圧を普段より1気圧以上下げたけど、それでもバイクは滑った。
一度滑ってからは慎重に走ったつもりだったのに、その数周回後に同じ場所でテールが滑ったので、学習能力なさすぎ。

落車しかけたのを境に、サイクルコンピュータの磁石かセンサーが歪んだのか、ホイールからカンカンカンカンという音が聞こえだした。でも降りて直す時間がもったいないのでそのまま走り続けた。

バイクパートは、大阪城公園内と玉造筋を利用した4.4kのコースを9周回。
いいフォームで入ろう。ペダルを踏むな、骨盤を回せ。そんな思いで走ったが、
今回ほど知り合いの多い大会は初めてで、バイクで走っているといろんなポイントで沿道のギャラリーから、ボランティアスタッフから、マーシャルから、
「まこっさーん!」「まこっちゃーん!」と声がかかる。

170625osaka09.jpg

こういう状況だと集中力は途切れないし、アドレナリンは出まくるし、脚回しまくり。
ペダルを踏むなと言いながら、ペダル必死で踏んでいたかも・・・。

走りながらエネルギージェルは摂っていたけど、
8周回目の途中で、一度も給水していないことに気づいた。
水の入ったボトルを、意味なく自転車に乗せて走っていたのか。


バイクの9周回が終わり、バイクをトランジションのラックに掛けて、ランニングシューズを履いてコースへ出て行った。

170625osaka04.jpg

大阪城公園はホームグラウンドだし、公園内の同じコースを周回するのは慣れてるぞ!
と思って走り出したものの、今回は久しぶりにランで失速した。
バイクで脚を使い切ったのか、それとも練習が足りなかったのか、
ストライドは伸びず、足は前に出ない。

170625osaka05.jpg

のっさんは移動しながらあちこちで気合いを入れてくれるし、火曜日練習会の人たちや6時間走を抜けて応援に来てくれた人たち、チームの仲間、みんなが声を掛けてくれるけど、脚(だけじゃなく手の指までも)攣りかけるし、時計を見たら4分台の後半から5分台を行ったり来たり。
溝さんから「楽しみましょう」と言われていたので、苦しさを楽しもうという意識はあったけど、ほんとに苦しかった。
結局ランの10kは51分半かかってゴールした。

もう動けません。動いたらあちこち攣るし。

170625osaka06.jpg


大阪城トライアスロンはいい大会だった。
舞洲から移設した初めての大会で、大阪城公園内に走行ルートを設置して、準備から運営までほんとに大変だっただろうと想像するだけで、多くの大会関係者やボランティアスタッフに感謝せずにいられない。
運営に携わったみなさんのおかげで私たちは気持ちよく大会を楽しめました。
そして、応援してくれた人たちのおかげで苦しくても前に前に進めました。
ありがとうございました。

170625osaka07.jpg

<< 3連休はキャンプ | ホーム | [乗鞍へ] >>


コメント

お疲れ様でした。
素晴らしいスピードですね。

私も子供を連れてちょこっと見に行ってました。
バイクパートの玉造筋にでる集中力の必要なカーブ手前で声をかけた犯人は私です。

ありがとうございました

★よしさん
そうだったんですね。バイクはランと違ってスピードがあるので、誰から声を掛けられたのか分からなかったりするんです。
あのコーナーの多いコースでAve30km/hを超えてましたから、玉造筋ではそれなりにスピードが出せたと思います。走っていて気持ちよかったです。ランに脚が残らなかったですけど・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP